MRI検査とMRA検査の違いについて教えて!長所、短所は?

radiologist-and-patient-mri

最近MRAという言葉を耳にする事がありますが、MRIならよくご存知ですよね、両方の検査の違いについて多くの方はご存知ないと思います。そこで今回は聞き間違いではない正しい両方の検査について紹介致します。

 

MRI検査とMRA検査

MRA検査とは頭部の血管の状態の状況を検査するためのもので、頭部に症状が出る前に脳の健康状態をチェックする物として今まではMRI検査や血液検査などを行うことで、脳梗塞などの原因となる兆候をチェックを行って来ました。その時に使われるMRIと同様の機器を使った、MRAといわれる血管撮影方法があります、この方法の優れているところは血管のみを立体的に映像化できることが可能になった検査方法です。血管のみを抽出して立体画像化することで、今まで見つける事が困難な血管内の血栓等を見つける事が可能となりました。それにより血管にある異常な箇所がないかチェックすることが出来ます。脳動脈瘤、血流異常、くも膜下出血、の有無や状態を分かりやすく検査することが出来ます。

MRIと同様にX線を用いないことから検査被ばくの心配はありません。しかし、磁気を用いるために、心臓にペースメーカーや動脈クリップを付けている人は、検査できませんまた、時計やアクセサリーなどの金属を体に着けている場合は外して行わなければなりません。検査は約30分ほどかかりますが、MRI装置の中に寝ているだけで何の苦痛もありません。頭部MRIの他に、頸部MRAで分かることは頸部には、脳に心臓から栄養や酸素を送り込むための太い血管がありこれを頸動脈といいますがこの頸動脈の動脈硬化の状況を調べることで脳梗塞の兆候を調べることが出来ます。MRIとの併用でより確かな検診が出来ます。頸部MRAの立体画像はパソコンなどのモニターを使って立体的な画像を見ることが出来ますので、素人目にも分かりやすく医師の説明を患者さんにするときも画像を見ながら問題点などを分かりやすく説明できます。

 

MRI検査とMRA検査の違い

最近、導入する医療機関が増えているMRA検査(Magnetic Resonance Angiography)。よく耳にするMRI検査(Magnetic Resonance Imaging)とは何がどう違うのか。頭部、脳内の造影検査ではMRIとMRA は、どちらも頭部の画像を撮影し、診断するための方法です。MRIは全身の検査を行いますが、MRAは基本的に頭部に用いられる検査法で、必要に応じて、頸部や下肢の血管を造影する際にも用いられることがあります。そんな両者は、強力な磁力を発するMRI装置を使うという点でも共通しています。また、レントゲンやCTなどと異なり、被曝する恐れがないという点も同じです。
では一体、MRIとMRAとでは、どこが違うのか。一言で言えば、それは「何を映し出すか」の違いです。両者は、使う装置も方法も同じでありますが、その結果から得られる画像情報がまったく異なるのです。

MRI検査

今までは頭部の検査と言えば、まずMRIでした。細胞の集まりである脳という「組織」 に異常がないかを検査することができる。電磁波を当てることで、頭部の細胞に含まれる水素原子が反応し、3次元的な画像を得られ、脳を立体的に見ることが可能です。

具体的には、脳細胞が肥大化することによって生じる脳腫瘍。あるいは脳を栄養している血管から、血液が流出してしまっている脳出血などを描出することが可能となっています。このように、頭部MRIでは比較的大きな病変を視覚化することがで来ました。
一方、MRAでは、造影剤を使用せずに脳全体に張り巡らされている血管だけを描き出すことができます。つまり、血管の一部が瘤(こぶ)状に盛り上がった脳動脈瘤や毛細血管が正常に形成されず、動脈と静脈が直接つながってしまう動静脈奇形などを早期に発見することができるようになりました。脳動脈瘤はくも膜下出血を、動静脈奇形は脳梗塞を引き起こすリスクがあることからも、早期発見は重要です。このように、頭部MRIとMRAでは、見える画像も発見できる病気も異なると言えます。これらを駆使すれば、頭部の健康状態を把握することができ、死亡リスクの高い脳疾患を予防することが可能になります。

 

MRI検査とMRA検査の長所、短所

MRIもMRAも同じ機器を使用する為に長所と短所は両方ともに大きく異なる点はありません。現状は短所としては検査時間が30分程度と多少かかるうえに、工事音のような騒音がうるさくて気分が落ち着かない、気持ち悪いなどの影響が考えられます。そのときは無理に我慢せず、取り付けられたマイクで伝えるようにしましょう。密閉感があるので、閉所恐怖所の方がストレスを感じる可能性もあります。 CTのようにX線を用いないので被ばくの心配はありません。ただし、磁気を用いるため、ペースメーカーを装着している人や、アクセサリーなど金属を体につけたままでは検査できません。

厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成27年1年間の死因別死亡総数のうち、脳血管疾患は11万1,973人で全体の8.7パーセントを占め、全死因の上位から4番目という結果になりました。性別では、男性が5万3,576人、女性が5万8,397人で、ともに4位でした。
なお、内訳は、「脳梗塞」が6万4,523人、「脳内出血」が3万2,113人、「くも膜下出血」が1万2,476人、「その他の脳血管疾患」が2,861人でした。
このように脳の三大疾患とも言える脳梗塞、脳出血、くも膜下出血による死亡者数は決して少なくはありません。そのリスクを軽減するためにもMRAの長所とも言える脳内の血管造影で初期のうちに見つける事ができる事を生かして防止策を取られる事をおすすめします。

MRI検査とMRA検査の料金

MRI検査とMRA検査の料金については色々と調べた結果、全国一律的な料金設定ではなく、各病院毎の料金設定ですが、価格の各差はあまりありません。ここで紹介させて頂きます料金は平均的な料金を紹介致しますので受診される時は、事前に受診先の病院に確認をされる事をおすすめします。

検査料金一覧

(単位:円)
検査項目     検査料金 検査項目     検査料金
脳MRI 25,000 男性骨盤MRI 25,000
脳MRA 25,000 脛椎MRI 25,000
MRI+MRA 45,000 腰椎MRI 25,000
物忘れ検査      45,000 膝部MRI      30,000
腹部MRI 25,000
腹部MRCP 25,000
乳房MRI+エコ 40,000
女性骨盤MRI 25,000

MRI検査とMRA検査の注意点

⬛検査を受けることができない方

装置により患者さんは大変強い磁場の中に身を置くことになります。このため、装着金属によっては検査を受けれない事があります。
次のような方は検査を受けることができません。
①心臓ペースメーカーを埋め込まれている方
②金属製の心臓人工弁をご使用されている方
③人工内耳(移植蝸牛刺激装置)、人工耳小骨をご使用されている方
④神経刺激装置(深部脳刺激装置、TENS装置)をご使用されている方
⑤除細動装置
⑥骨成長刺激装
⑦注入ポンプ等
⑧磁力により装着する義眼や磁力部分が着脱不能な義歯
⑨冠状動脈等に磁性体のステント挿入後2ヶ月未満の方
⑩脳動脈瘤手術による金属クリップやコイル等
金属の材質をご確認下さい。材質のわからない場合は検査を受けることができません。
⑪その他の金属が体内にある方
眼などの外傷に鉄粉(弾丸や鉄片等)が残存する場合、その他の部位で確認できない場合は検査を受けることができません
⑫入れ歯・使い捨てカイロ・エレキバン・ベルト等は、火傷や画像の乱れを引き起こす可能性がありますので取り外していただきます。

⑬アイライン・マスカラ等は火傷を発症する事例があるため、検査前に落としていただく場合があります
⑭湿布薬・ニトロダーム(ニトログリセリン真皮浸透絆創膏)・ニコチンパッチは電流が流れる場合がありますので外していただきます

まとめ

最近脳梗塞やくも膜下出血出血で亡くなる方が、増えて来ています。
介護保険適用年齢になると急に色々な病気の発症も出てきます。血管系の病気は突然発症して、生命の危機にもつながります。
その為にはMRA検査等で常にチェックする事も高齢者の安全対策ではないでしょうか。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら