シルバーマークってどんな役割?何歳から?どこで買うの?

AN RDF TELEVISION PRODUCTION FOR ITV

100 YEAR OLD DRIVERS on Wednesday 13th August 2014

Under Strict Embargo until Saturday 9th August 2014

Picture Shows: HARRY KARTZ

You shouldn’t be driving over 90? Try telling that to this group of drivers.

In a warm, character led documentary, ITV hits the road with some of Britain’s oldest drivers. 
We meet 100 year old bomber command veteran Harry Kartz who drives to the betting shop and back every day, retired school teacher Mary, 100, who mischievously remarks that “they can't get you for speeding on a bend can they?” And Ken and Edna Medlock, 99 and 98 respectively, who are still in love and still driving to the seaside for their date by the sea.

In Britain, drivers must re-apply for a driving licence at the age of 70, and every three years thereafter, but there is no requirement to undergo a test. As a result there are nearly 200 people still driving today who are over 100 years old and the numbers are growing with tens of thousands still driving in their 90s.

In funny and at times poignant scenes we are in the backseat of cars as younger relatives wrestle with the question of  whether to tell mum or dad to hand in keys. For one daughter it leads to the choice remark from mother: “I’ve cut you out of my will did I tell you!” 

Some older drivers decide to book in for their own tests. Basil Smith faces a date with destiny as he arranges for a driving instructor to test his ability. If the instructor fails him, he’ll stop driving but it will have big repercussions. Basil won’t just lose his own independence; he’ll also struggle to visit his beloved wife now residing in a residential care home just over 9 miles away. In the build up to the test, we find Basil furiously practising “eye exercises” in bed…by staring at the dots on the ceiling.

A story about driving but also about old age, love and loss, this documentary doesn’t pass judgement.  Rather, we leave it to the viewers to decide whether all or none of the drivers should still be on the road.



©RDF

車を運転する人なら「わかばマーク」も」「シルバーマーク」もご存知ですよね!わかばマークは「私は初心者ですよ」というマークでシルバーマークは「私は高齢者だから気を付けてください」両方のマーク共に運転注意の呼びかけマークです。特に今回は最近事故が多発している高齢者の象徴ともいえるシルバーマークについて詳しく紹介させて頂きます。

シルバーマークとは

https://goo.gl/images/qDmAvP
高齢者マーク(もみじマーク)というのは、1997年に作られ正式名称は、「高齢者運転者標識」と言われ標識のひとつなのです。オレンジと黄色に塗り分けられた葉っぱのようなデザインをしていて、落ち葉や枯れ葉に見える事などから、「落ち葉マーク」「枯れ葉マーク」と呼ぶ声も多々ありました。
高齢者マーク(もみじマーク)が出来た当初は、必ず付けなくてはいけないとされていたものですが、いまは努力義務といって表示するように努るというルールになっています。
義務化はされていない為、道路を走っている時に隣の車や前の車の運転手が高齢者なのに、高齢者マーク(もみじマーク)が、後方に付いていない車両を見かけたことがあるのではないでしょうか?

なぜ付けないのだろうと疑問に思う事が普通なのかもしれませんが、義務化されていない今は、付けていない車両を高齢者が運転する事は可能なのです。
このことから高齢者ドライバーなのに、高齢者マーク(もみじマーク)が付いていないからと言って安心するのではなく、付いている車両と同じく注意して走行する必要があります。

シルバーマークは何歳から

当初は、75歳以上の運転手は必ず付けなければならないと義務化されていました。高齢者マーク(もみじマーク)は、落ち葉や枯れ葉というイメージが強く批判が多くなり、今、現在のデザインに変更されたと言われています。
また高齢者マーク(もみじマーク)は2011年2月に、今、主流となっている四葉のクローバーをイメージしたデザインのものに変更され、年齢も70歳以上と変更、必ず付けな ければならないとされていましたが努力義務に変れました。デザインが一気に変わった事もあり、定位置に表示されていても、初めは何を表しているマークなのか認知されていなかったと思いますが、今はだいぶマークを見ただけで、高齢者マーク(もみじマーク)だと判断出来る方も多いのではないでしょうか。

シルバーマークの義務

https://goo.gl/images/cw85js

高齢者の交通事故の現状

上のグラフでもおわかりいただける事で、高齢者65歳以上による、交通事故件数は右肩上がりに増えて来ています。運転免許保有者数も平成28年末は約8,221万人で,27年末に比べ約6万人(0.1%)増加した。このうち,75歳以上の免許保有者数は約513万人(75歳以上の人口の約3人に1人) で,27年末に比べ約35万人(7.3%)増加し,今後も増加すると推計されています。※(平成29年度内閣府交通事故白書より)。その高齢者による交通事故の要因はやはり加齢により,動体視力の低下や複数の情報を同時に処理することが苦手になったり,瞬時に判断する力が低下したりするなどの身体機能の変化により,ハンドルやブレーキ操作に遅れが出ることがあるなどの特性が考えられます。
また,加齢に伴う認知機能の低下も懸念されるところであり,警察庁によれば,平成28年に運転免許証の更新の際に認知機能検査を受けた75歳以上の高齢者約166万人のうち約5.1万人は認知機能が低下し認知症の恐れがある第1分類と判定されています。交通事故による死傷者数そのものの、実質件数は減少傾向にあります。
平成28年の交通事故死者数は3,904人(前年比-213人,-5.2%)で,昭和24年以来67年ぶりに4千人を下回りました。人口10万人当たり死者数は,高齢者を含め全年齢層で減少傾向にあるものの,高齢者人口自体が増加しているため,死者全体のうち高齢者の占める割合は上昇傾向にあり,平成28年は過去最高の54.8%になり、高齢者による交通事故は今後益々増加する可能性は十分にあります。シルバーマークはそうした現状の高齢者による交通事故減少へ繋げる為に高齢者が運転する車の周辺のドライバーに対して「注意警告」を呼びかけて事故減少につなげる義務感を担うツールとして存在します。

シルバーマークに至る経緯

高齢者運転者標識(シルバーマーク)の標識はxまず、1997年(平成9年)10月30日の道路交通法改正によって、75歳以上を対象に努力義務規程として導入されました。2002年(平成14年)6月1日には、努力義務の対象年齢を75歳以上から70歳以上に引き下げる改正が行われました。その後、表示義務化を検討していた警察庁交通局は、2006年(平成18年)12月、表示義務化を含む「道路交通法改正試案」を公表し、意見を募集しました。2007年(平成19年)3月2日、表示義務化を含む、道路交通法の一部を改正する法律案が閣議決定されました。その後平成20年代に入り、高齢者による交通事故又は交通事故死の増加に歯止めがかからない状況になり、警察庁、政府により次のように道路交通法の改正に着手することになりました。
法律名:道路交通法の一部を改正する法律(平成21年法律第21号)
公布日等:平21.4.24公布 6月内/1年内政令日施行(一部公布日施行)
タイトル:高齢者等の安全な運転を支援するための方策の充実
所管省庁名:警察庁
掲載号: 時の法令 2009年(平成21年)8月30日号〔第1840号〕
内容:
I はじめに
II 改正の背景
1 高齢運転者をめぐる状況
2 高齢運転者支援検討委員会での議論
3 改正法案の国会における審議状況等
III 改正の概要
1 高齢運転者等専用駐車区間制度の導入(四五条の二、四九条の二等)
1)趣旨
2)解説(高齢運転者等専用駐車区間の指定/高齢運転者等標章/罰則)
2 高速自動車国道等における車間距離保持義務違反に係る罰則の引上げ(一一九条)
1)趣旨
2)解説
3 地域交通安全活動推進委員の活動の追加(一〇八条の二九)
1)趣旨
2)解説
4 高齢運転者標識表示義務の見直し(附則二二条)
1)高齢運転者標識制度の導入及びその後の改正の経緯
2)高齢運転者標識制度の見直しに至る経緯
3)解説
この道路交通法の改正によって現在のシルバーマークの運転時の装着が「自己の努力義務化」されました。

シルバーマークのおすすめ商品

シルバーマークのデザインは決まっており、かってに変更することは出来ませんデザインは全国何処でも同じです。価格も仕様も各店そんなに違いがありません。ここではなく参考に大手3社の通販の売れ筋商品を紹介します。
[Yahoo!ショッピング] [Amazon] [楽天] その他にはホームセンターやカーショップ等でも購入できます。種類を問わないのであれば100均でも購入可能です。

まとめ

高齢者による悲惨な事故は想像を絶するような事故も発生しています。そこには自分自身の機能低下より昔から運転しているという「自信過剰」が半数以上の原因にも挙げられます。もう自分自身にある程度の年令に来たら「限界」というものをわかり老年で犯罪者になる前に自主返納を考えてみてはいかがですか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

高齢者って何歳から?法律よって違うの?

高齢者マークをちゃんとしてますか?高齢者マークを大解剖!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら