くも膜下出血の予防はできる?ポイントと注意点は?

「自分自身はいつまでも元気だと思っていても」加齢と共に色々な病気を発症しやすい年代になります、そのような心配される病気の中でも突然襲ってくる「くも膜下出血」については、発症と同時に死亡率も高い為に、予防を普段から続けておく事で、発症しても予防の効果で助かる事もあります。そこで今回は予防をどのようにしたらいいかを紹介致します。

 

くも膜下出血の予防とは

くも膜下出血の予防の前に「くも膜下出血の基礎知識」を少し学んでおきましょう。

⬛どんな病気?

突然バットで殴られたような、激しい頭痛を伴って発症します。吐き気、嘔吐、時には意識障害や手足の麻痺を伴います。脳血管障害全体の約8%、突然死の約6.6%を占めます。原因の約80%は脳動脈瘤の破裂によるもので、脳の表層を覆う「くも膜」で囲まれた「くも膜下腔」に出血することから「くも膜下出血」と呼ばれます。

⬛死亡率と後遺症

症状をを残さずに改善するのは、発症した患者のうち3分の1のみです。残りの3分の1は後遺症として神経障害を残し、もう3分の1の人は命を落とすというやっかいな病気です。最初から意識障害を伴っていた場合は、回復しずらいとされています。

予防のための検査

⬛HRIによる造営検査

MRA画像診断からほとんどの脳動脈瘤は、無症状のまま気付かないうちに経過します。そのため、磁気共鳴血管撮影( ドイツ語でMRT、日本ではMRI)を用いた血管撮影MRA)が、診断に有効です。

⬛脳動脈瘤を見付ける利点と欠点

症状が現れていない未破裂脳動脈瘤を見付けることにより、破裂を防ぐ治療を受けたり、生活習慣の改善をより積極的に行ったり、具体的な対策が取れます。しかし一方で、破裂する頻度が低いとは言え、いつ破裂するか分からないという大きな不安からストレスを抱え込む場合もあります。

 

くも膜下出血の予防の種類

プロスポーツプレイヤーなどは体が資本な為に、食事の管理等は専属の栄養士等のもとで、徹底した栄養管理がほどこされた食事や体調維持の為の、運動等はプロのトレーナーに指導されて体調を崩さないように管理しています。一般の人達はプロ選手並みの管理は、出来ないかも知れませんが、くも膜下出血の予防策として食事と適度な運動は発症の確率を上げない重要な事です。自分自身で管理ができず結果、肥満や塩分の取り過ぎによって脳梗塞のリスクが高まったとして、発症のタイミングは人それぞれ違いに。20代で発症する人もいれば、60代を過ぎても発症しない人もいます。「食事と運動更にストレスが発症の原因になることが研究の結果で出されております。
「不規則な生活で脳梗塞を発症するかしないかの境目に立っている人にとって、ストレスが“最後の一撃”となり、発症につながることがあります。日常生活でストレスを抱えていると、神経やホルモンのバランスが崩れ、脳卒中を引き起こすことがあるのです。事実、東日本大震災の直後、脳卒中の患者が増加したという データもあります」
日ごろから不規則な生活をしている自覚のある人は、ストレスが発症へ一押しとならないように気をつけましょう。
以下の項目に当てはまる人は要注意です。

気をつけたいこと一覧

① 昨年の衣装のサイズが合わなくなった
② 揚げ物やこってりした料理は好きになった
③ 濃い味が好きになった
④ 麺類は知るも残さない
⑤ 食事は外食がほとんどで、自宅で食べる場合はレトルト食品が多い
⑥ 運動不足で 近くへ出かけることも 車を使う
⑦ 寝不足のことが多い
⑧ いつもイライラしている くだらないことで 悩み続ける
⑨ 終わってしまったことをいつまでもくよくよ考える
⑩ 楽しむための趣味がない

このような状況の方は通常の人よりストレスが溜まり、頭の中の血管にストレスが溜まりその結果頭の中の血管が破裂寸前の状況になっていて、いつ破裂するか分からない状態になっていると思います。このような状態になった場合迷うことなく専門医にかかることをお勧めいたします。

くも膜下出血の予防のポイント

最初の項目で紹介しましたようにくも膜下出血の死亡者で最も多い年代が 50代から60代の女性が多いのは、くも膜下出血の三大要因として考えられる「 不規則な生活 食事 運動不足 ストレス」が最も 、くも膜下出血の 要因として考えられることです。50代から60代の女性に多くあることが生活習慣は食事なども含め不規則な状態にはならないようです。残るはストレスの部分だと思います。日本の50~60代の女性は嫁に入る、と嫁ぎ先で「何事にも耐える事自分の母親も嫁ぎ先の姑からも教えられ」長い間耐える事でストレスを感じても出せずに、特にご主人が勤務中はどんな不満もたえて定年と共に自分の耐える次期は終わったと熟年離婚になるように長年のストレスがくも膜下出血等の脳疾患に繋がっていく事が多いのがポイントになります。更に以下のような生活習慣が発症の原因として考えることも必要です。

Point1.禁煙、血圧の管理

破裂のリスクを減らすため、まずは禁煙です。血圧の管理を徹底し、愛酒家は飲み過ぎを避けましょう。また、週3回以上運動をする人は破裂の割合が少ないことが報告されています。定期的に体を動かすことも大切です。

Point2.予防のための治療

1)大きさが5~7mm以上の未破裂脳動脈瘤
2)症状を伴った脳動脈瘤(症候性脳動脈瘤)
3)破裂リスクの高い部位や形の脳動脈瘤

日本脳ドック学会では、これらに対して予防的な治療の検討を推奨しています。具体的な治療方法は下記の2つが一般的です。

⬛予防治療法1:クリッピング術

脳外科にて開頭し、動脈瘤の首(ネック)の部分に洗濯バサミのようにクリップを掛けて、血流が脳動脈瘤に入り込むのを防ぐ。従来から採用されてきた手法です。

⬛予防治療法2:コイル栓塞術

開頭せずに、血管から入れたカテーテルという管を利用して、脳動脈瘤にコイルを詰めて、固める。こちらは、比較的新しい方法です。

これらのことから判断してもくも膜下出血発症を防ぐ為の、ポイントとしては不規則な食事、片寄った食事やストレスというようなことが、重大なポイントとなります。発症してからは対処が困難な為に、未然防止策に努めるよう努力することが「突然の危険から命を守れる」かもしれません。

くも膜下出血の予防の注意点

くも膜下出血の予防法の注意点としては先の項目で、原因となる要因については説明してきましたがそその中で重要な点は「継続すること」が禁煙も食生活の改善等はやめる最初の頃は自分自身との格闘
がありストレスも人によっては蓄積することもあります。しかしそれを乗り越えたときには「やればできるという自信と健康」という物をてにいれることが出来ます。歳をとることは「力」とつくものが低下して、例えば
体力、精神力、忍耐力等の機能の低下に伴い、確率的に高くなって来るのが、様々な病気の発症です。そのような状態にならない事は加齢と共になくすことは不可能です。しかし色々な努力によって病気になりにくくする為にセルフコントロールすることは出来ます。

食生活の注意点

脳出血やくも膜下出血等の脳疾患予防するには、血圧のコントロールが最重要課題です。 手っ取り早い高血圧対策は、塩分の摂取量を減らすこと。動脈硬化の進行を止めるには1日の塩分摂取量を10g以下に抑える必要がありますが、日本人の平均摂取量は14g。目標値をクリアするには、食材にもともと含まれている塩分だけでなく、料理で使用する調味料、食卓でかけるしょう油やドレッシングなどにも注意が必要です。柑橘類の酸味や香辛料、だしなどを活用して味に深みを加えるようにする、食卓の調味料は「かける」よりも「つける」ようにするなど、工夫してみましょう。
そしてカロリーの摂り過ぎの象徴とも言える「肥満」の解消も欠かせません。過剰な糖質(炭水化物)は中性脂肪となって体内に貯えられるばかりでなく、内臓に付いた内臓脂肪からは糖尿病や高血圧を引き起こす物質や血栓を作るホルモンが分泌されていることも明らかになっています。肥満かどうかの判断には、国際的な基準のBMI【体重(㎏)÷身長(m)の2乗】が広く用いられており、日本肥満学会では、統計的に最も病気にかかりにくい22を標準とし、25以上を肥満としています。20~22を目指して、減量するようにしてください。

コレステロールも、摂り過ぎに注意してほしいものの1つ。コレステロールの中でも悪玉と言われるLDLは動脈硬化を引き起こすばかりでなく、糖や脂質と結合して酸化変性し、ドロドロの状態で血管壁に付着して徐々に血管の内径を狭めていきます。その結果、血液の流れが悪くなるばかりでなく、血栓ができやすい環境が出来上がってしまうのです。

まとめ

くも膜下出血について紹介してきましたが理解していただきましたか?
この病気は誰にでも突然襲っていくことが 予想されるので、いかにその状態にならないために普段から食生活、生活習慣等の改善に心がけて「継続」していく事で結果に繋げる事ができて、発症のリスクへの低減にも繋がっていきます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら