介護でセミナースキルアップ!種類は?探し方は?

man having presentation at seminar

介護セミナーは、介護技術や利用者への接し方、認知症ケアについて、介護職の接遇の仕方、介護報酬改定について、実地指導に向けての対策などのセミナーが行われています。セミナーを受けることによって介護のスキルアップにつながり、より質の高く介護をめざすことができます。

 

介護セミナーとは

介護セミナーに参加すると、資格取得のためのセミナー、新しい介護技術、介護に携わるための医療知識、認知症ケアのあり方、記録の取り方、レクリエーションのあり方など、新しい技術や考え方を取り入れることができます。介護セミナーは各自治体の社会福祉協議会やニチイや民間の事業者が行っています。

医療、福祉関係のセミナーを専門に扱っている会社もあり、そこでは介護技術から介護記録、生活リハビリなど多方面にわたってのセミナーが開催されているので、自分がスキルアップしたいと思うセミナーを受講することができます。

介護現場では、要介護度が高い利用者ほど転倒、誤嚥などの事故のリスクが多くなってきます。セミナーを受講することにより、そのような事故を前もって防ぎ、利用者にとって安心で安全な介護を行うことができます。

介護セミナーを受講して、現場で生かすには、個々の利用者の心身の状況を踏まえて、セミナーで受講した技術や心構え、接し方を行っていきます。すると、セミナーで受講したことが生かされ、利用者にとって安心な介護となるでしょう。

 

介護セミナーの種類

介護セミナー研修には、介護資格を取得するためのスキルアップセミナーや介護技術をスキルアップするためのセミナー、管理者向けのセミナー、認知症介護に関するセミナー、制度改正を学セミナーなど介護に関するセミナーが全国各地で開かれています。

介護資格取得のためのスキルアップセミナー

介護の資格は、介護職員初任者研修修了→介護福祉士→介護支援専門員(ケアマネージャー)とスキルアップしていく人が多いです。それ以外には社会福祉士の資格のスキルアップがあります。これは、資格を取るために、決められた年数の実務経験が必要で、一定時間の講習を受けなくてはなりません。その上で、介護福祉士や介護支援専門員の試験を受ける必要があります。

他の介護資格は、認知症ケア指導管理士、認知症ケア専門士、認知症ライフパートナー、認知症介護実践者研修、精神保健福祉士、福祉住環境コーディネーターなどの資格セミナーがあります。

サービス提供責任者向けセミナー

サービス提供責任者セミナーでは、責任者の役割りや質を高める方法、介護報酬改定に関すること、今後増えてくると予想される外国人ヘルパーへの対処法など、サービス提供責任者としてスキルをアップできるように学びます。

サービス提供責任者は利用者との契約からヘルパー派遣、利用者やヘルパーからの苦情処理、実績入力など、非常に多くの仕事があります。サービス提供責任者は、事業所にとって、事業所を引っ張っていく非常に大切な役割を担っています。

介護技術を学ぶセミナー

介護を行う者にとって、利用者を安全、安心な介護ができるような介護技術を学びます。介護の方法は変わってきています。新しい介護技術を取り入れていくことで、より安全な介護をすることができるようになります。

介護技術を学ぶことは、利用者だけでなく自分の身を守ることになります。介護者の多くは腰痛を抱えることがあります。そのため、介護技術を学ぶことで、自分の体を壊すことなく、より長く介護を続けることができます。

認知症の人の介護を学ぶセミナー

高齢になるほど認知症になる人が増えてきます。認知症になると様々な症状がでてきます。認知症の症状についての事例を研究することで、色々な認知症の人に対応することができるようになります。

介護のスキルアップセミナーの例

平成29年度の仙台市内の介護事業所に勤務する仙台福祉事業団の年間のセミナーの例です。
第1回 介護保険制度と地域包括ケアの理解
高齢者の権利を守る成年後見制度
高齢者虐待防止の理解と対応

第2回 高齢者の生活目標を実現する副士用具の活用と住環境整備
第3回 認知症の医学知識
認知症介護の基本と事例から学ぶ具体的ケアのポイント
このセミナーは、平成29年度に10回行われています。

 

介護セミナーの探し方

民間の介護セミナーを探すには、セミナーの検索サイトを見ると早いです。ただ、民間の介護セミナー料金は高めです。各自治体や福祉事業団でも独自でセミナーを行っています。介護セミナーを検索できるサイトを紹介します。

eかいごナビ

介護や福祉に携わる人のために全国の介護・福祉セミナー開催情報と書籍情報を集めたサイトです。6月には、全国でセミナー「介護保険制度の習得と報酬の仕組みをマスターしよう」が開かれます。平成30年8月12日には東京都で、「認知症・看取りケアの介護医学」セミナー、7月8日には東京都で「介護事故とリスクマネジメント」セミナーが行われます。

Meducation

医療・介護・福祉を中心としたセミナー・研修などのイベント情報が見つかるポータルサイトです。医療関係が多いですが、介護セミナーでは4月7日三好春樹先生の「人間学的認知症介護入門」、「介護ロボットもリフトも使わない体重差が30㎏あっても可能『持ち上げない介護技術(車椅子操作)』」が開催されます。

けあとも

ケアともでは、介護セミナー情報、介護に関する新しい情報や介護レクリエーション素材、介護のコツなどを掲載しています。2018年3月30日には福岡にて「H30介護報酬改定について【B/C日程】~インセンティブと自立型ケアプラン、社会参加~」が行われます。

ニチイ

ニチイでは介護職員初任者研修などの講座を開いています。サイトでは、介護事例や介護の基本
についての情報、仕事探し、介護に関する相談まで受け付けています。ッセミナーは主に介護体験セミナーや介護職員初任者研修についての説明会となっています。

自治体のセミナー

各自治体で介護職員向けのスキルアップセミナーを行っています。セミナー受講は、各自治体にある介護サービス事業所または介護保険施設に勤務する職員(常勤、非常勤問わず)なら受講ができます。定員が少ないので、早めの申し込みが必要です。例えば、東京都葛飾区では1回から10回までのセミナーが開かれ、各回とも受講料が600円となっています。

 

介護セミナーの注意点

介護セミナーを受講する場合は、受講料が民間は5,000円~12,000円で高めとなっています。各地で行われているので、受講したいというセミナーに絞って受講するといいでしょう。セミナーによっては、実際に利用されている福祉用具の販売や書籍販売を行っている場合があります。

並べてある物は参考になるものが多数置いてあります。介護技術を磨き、利用者に寄り添うために必要だと思うものは購入して学ぶと役にたちます。実際にセミナーで学んだことが介護現場で生かされることが難しい場合もあります。

まとめ

介護セミナーは、全国で行われていて、その内容は資格取得セミナー、介護技術、接遇、責任者向け介護報酬に関するセミナー、認知症ケアセミナー、メンタルヘルスに関してのセミナーなど色々な分野で行われています。民間のセミナーはサイトで検索するとすぐにでてきます。セミナーを受講して介護のスキルアップをはかりましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護のリフトについて教えて!種類は?選ぶポイントは?

介護現場は外国人が救うのか!?受け入れ状況は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら