理学療法士の転職はどうしたらいいの?探し方は?

国家試験を突破し、理学療法士としてようやく働き始めた後も、この職業は勉強の連続です。患者様に一人として同じ方がいないように、リハビリテーションの仕方も同じではないからです。また、働く環境、人間関係、金銭面の条件も、自分が選んだ職場によって多少差が出て来ます。自分から望んだ職場だったとしても、他に好条件の職場が見つかった、思っていた場所とは違ったなど、様々な理由で転職を考える方も多いのではないでしょうか?今回は、この理学療法士の主に転職についてご紹介して行きたいと思います。

 

理学療法士の転職とは

他の職業と同様、同じ職場に長く勤めている方もいれば、途中で転職を考える方もいるでしょう。転職理由は人それぞれです。また、理学療法士の職場は病院だけではありません。老人ホームなどの福祉施設、リハビリ施設、訪問リハビリテーションなど多岐に渡ります。そのため、例えば病院の中で働いていた方が、もっと違う働き方をしてみたいと思った時、選択肢は多いと言えるでしょう。自分の選ぶ職場によって、働き方が変えられるのが大きな利点かと思います。自分の中で優先順位をつけて職場探しをすると、スムーズに探すことが出来るのではないでしょうか。多少休日が取りにくくなったとしても、たくさん給与が欲しい方、少し給与が低くなっても構わないから、きちんとした休みが欲しい方、同じ環境でずっと働ける職場を望む方、自分から患者様の家に出向くスタイルで仕事をしたい方、様々だと思います。まずは、自分が何を一番に考えているのかを明確にして、職場の条件とすり合わせていく方法が一番良いと思います。

 

理学療法士の転職理由

では、どのような理由があって皆さんは転職を考えるのでしょうか?

① 金銭面

転職理由で最も多い理由は、やはり金銭面の原因が多いようです。思っていたほどもらえなかった、他と比較すると少ない、この仕事内容にこの給与は見合わないと思った、など比較的に金銭面に不満があるために転職を考える方が多いです。そのため、今よりも給与が高い職場に魅力を感じてしまうのでしょう。しかし、給与が今の職場よりも高いからと言って、すぐに飛びいついてしまうのはおすすめ出来ません。高い給料を払う職場は、それなりの理由があることがあるからです。まずは、どのような職場なのかをしっかり吟味して応募した方が良いでしょう。

② 人間関係

金銭面と同じくらいに多い転職理由が、この人間関係が理由による転職です。先輩が怖い、馴染めない、嫌いな人が多い、嫌いな患者さんが多いと言った理由があります。特に新人の転職、退職理由の一番多いのが、この人間関係が築けなかったためという理由です。しかし、これは理学療法士に限ったことではありませんが、新人の先輩や患者様が、少し厳しくなってしまうのは、当たり前のことです。なぜなら、まだあなたがどのような人かわからないからです。特に理学療法士は、患者様の体を扱う仕事です。万が一ミスをしてしまった場合、取り返しのつかないことになってしまいます。販売などの職業とは違い、人間の体は謝ったからと言って取り返しのつくものではないのです。だからこそ、新人の間は厳しく指導されるのです。人間関係が理由で転職を考える人は、新しい職場に移っても、結局同じ理由で再び転職してしまう場合もあります。まずは上司に相談をして、それでも改善がされない最終手段として考えた方がいいと思います。

③ 自己都合

結婚、出産、引越しなどの自己都合で転職を考える方もいると思います。今まではフルタイムで働いていたけれど、少し出勤時間を減らしたいと思う方、逆にもっとたくさん稼ぎたいと思う方、家からもっと近い場所で働きたい方など、理由が様々です。国家資格は、一度取得してしまえば期限はありません。今の自分に見合った条件の職場を探して行けたら良いと思います。

 

理学療法士の転職する流れ

では次に、実際に転職するまでの流れを見て行きたいと思います。

① 条件の合う職場を探す

まずは自分がどうして転職したいのかをはっきりさせて、条件に合う職場を探すことから始めます。よく、まずは職場を退職してからゆっくり職場探しをしたいという方もいますが、あまりおすすめはしません。間があいてしまうことにより、モチベーションが下がってしまう場合があるからです。出来れば、転職を考えているうちから職場探しをして、間があかないように職場を移ることが出来ればベストだと思います。

②  転職・引き継ぎ

新しい職場が見つかり、スムーズに転職が可能であれば、そのまま今働いている職場と話をして、退職日を決めます。突然退職をしてしまうと、今いる職場に非常に迷惑がかかってしまいますので、余裕を持って伝えてください。必要であれば同じ仲間に引き継ぎをして、残る仲間に迷惑がかかることのないようにしましょう。

 

理学療法士 転職の探し方

では、新しい転職先を探すのにどのような方法があるのでしょうか。

① ハローワーク

一番メジャーな職探しの方法かと思います。職員の方に、理学療法士であることと、どのような条件の求人を探しているのかを伝えておけば、マッチングする職場を紹介してくれる場合があります。ぜひ、有効活用してください。

② ネットで探す

今、ハローワークでの職場探しと同じくらいにメジャーになってきているのが、ネット求人での職場探しです。中にはハローワークには掲載されていない求人もあります。パソコンだけではなく、スマートフォンからでも検索することが出来ますので、場所や時間を問わないことが最大のメリットだと言えます。

③ 知人からの紹介

福祉業界の転職において意外と多く見られるのが、同じ職種の知人からの紹介です。同じ理学療法士であるということが大きなメリットで、どのような悩みを持っているのかを共有することができ、今より働きやすい職場を紹介してもらえる場合があります。

 

注意点

まず、本当に今の職場を転職していいのか、しっかりと考えてください。人間関係が理由で転職する場合によく見られる傾向なのですが、嫌だからという理由で安易に転職を考えると、なかなか良いと思える職場に出会えないことがあります。一時の感情で転職を考えるのではなく、本当に後悔しないか、今一度しっかりと考えて決めましょう。転職の際に、新しい職場でも面接や見学をされるかと思います。そこで後で後悔しないように、職場の雰囲気や人間、また給与や休日の条件をきちんと確認しておいてください。特に、知人からの紹介で転職をする方は、自分の評価はその知人の評価にも影響が出る場合があります。紹介してくれた人の評価を下げることのないよう、逆に上げることが出来るように、しっかりと仕事に励んでください。自分が何を大切にして職場を探しているのかを見つめ直せば、良い転職ができると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職は、とてもエネルギーやパワーがいることです。自分のいる環境を変えることよりも、今のままの環境に身を置く方がずっと楽だからです。しかし、不満を持った職場で働き続けることは、自分にも職場にも悪い影響を与えてしまいます。今よりももっと自分が輝けるために、良い職場にめぐり合えるように頑張ってください。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

理学療法士は公務員になれるの?待遇は?仕事内容は?

理学療法士になるにはどうしたらいいの?向いてる人は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら