介護事務の給料について教えて!賞与は?

dark-side-of-office

護の事業所や施設の事務所でレセプトや事務を行っている「介護事務」ってご存知ですか介護の専門的知識ももって施設や事業所で来訪者希などからの質問に対してある程度回答できるように教育され、又介護事務としても資格を取る事も可能です、今回はその介護事務について紹介させて頂きます。

 

介護事務の仕事内容

介護事務とは、介護サービス施設・事業所などに勤務する事務職の一つです。通常の受付業務のほか、介護報酬請求業務(レセプト作成)や介護に関する手続きを任されるのが特徴で、介護保険に関する専門知識を身につける必要があります。

基本的には介護ソフトを利用するので一定のPCスキルも求められます。複数の民間団体が介護事務のノウハウが学べる講座を開講しています。

介護事務の資格は団体により異なるため取得できる資格もいくつかあります。ただし、習得できる技能は大きく変わりません。また、介護事務の業務をする上で必須の資格というものは存在しませんので、無資格でも介護事務の仕事をすることができます
[介護事務関連資格]

033002

介護講座で資格取得するメリット

■就職に有利

無資格でも働ける仕事とはいえ、採用してもらえるかどうかは別問題です。基本は人物重視の採用が行われますが、何も知識がない状態よりは、資格取得者が多少有利になることがあります。また一部の講座には就職サポート付きのものがあるので、自力で求人を探して就職活動をするよりもスムーズに進むケースがあります。

また、事前にスキルを身につけることで就職した際に業務の理解も早く進むので、既存メンバーとの信頼関係を築きやすいと思います。

■介護職からの転身

ハードな介護職から、体力的な理由で事務職に転身する方もいらっしゃいます。実は介護従事者が介護事務講座を受講しているケースが結構多いのです。介護の現場を熟知しているからこそ理解が早く、現在の仕事にも役立ちます。会社から取得してくれと言われる場合もあるようです。
まったくの未経験者から介護職経験者まで、幅広い方が受講しているのが介護事務講座の特徴ともいえます。

■介護事務講座で学べる事

資格取得のために受講す殆どンる介護事務講座に通い、具体的にどのような事を学び、どんなテキストを使うのか紹介します。殆どの講座は次のようなテキストを使用します。

「ケアプランと給付管理」
「介護レセプトの作成」
その他、トレーニングブック、サービスコード表、介護レセプト用紙集、介護保険MAP、試験対策問題集などが付いてきます。
・介護保険制度のしくみ
・給付管理業務
・介護報酬の算定
・レセプトの書き方
・請求と支払い
・支給限度額
・介護職の基本

また、サービスコード表など介護事務の仕事に欠かせないアイテムも手に入るので、現場でも継続して活用できるメリットもあります。

 

介護事務の給料とは

事務の仕事に就きたいと考えても、最近では一般事務の仕事に就くのが難しくなっている傾向があり。そんな中、慢性的な人手不足である介護業界の事務は、需要がまだまだあると言えます。高齢化が進む日本では、介護業界は安定した雇用を求める人には最適な業界なのです。そんな介護事務ですが、気になる給料はどうなのでしょうか?
介護事務の給料事情について紹介します。
介護事務の仕事は介護報酬請求業務がメインとなります。対して一般事務は会社で何を求められているかにより業務内容も変わり、伝票作成がメインである場合もあれば会議資料や決算書類を作る場合もあります。
内容は異なりますがどちらも資格は必須ではなく、採用の際には経験や人間性、そしてその仕事に就きたいという気持ちが重要視されます。介護事務と一般事務は、特別な資格が必要ではないという意味で、給料としてはどちらも変わらずほぼ同等になります。一般事務から転職を考えている人も、給料面では安心と言えるでしょう。介護事務は資格での給与への反映は期待できません、故に一般女子事務職としての給与水準が一般的な介護事務の給与の基本的な考え方です..ではこれから様々な介護事務の給与と比較できる資料を提示します。

多の業界との給与比較

033003                                           https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/index

033004                                                       https://goo.gl/images/jD4wPuc
介護、医療サービスの一般女子事務と比較してみましたが決して納得いく給与、年収ではないことがわかります,。うえの同じ介護、福祉関係の仕事の事務職と比較しても低い事はわかります。この状態を改善するう要因のひとつが介護報酬が上がらないのが原因とも言えるでしょう。一介護事務の給料は、雇用形態や就職先によっても異なります。「財団法人 介護労働安定センター」の平成28年の調査によると、次のようになっています。

(介護事務)              (参考;総合病院医療事務)
アルバイト・派遣社員        アルバイト・派遣社員
800~1,200円(時給)        850~1,800円(時給)
正社員                    正社員
16~20万円(手取り)          17~34万

年収に換算すると325万円~390万円くらい。勤務年数別にみると、勤続3年以上=296万円~、勤続10年未満=363万円~になります。昇給については、引き上げた介護事業者が全体の41.7%、変更しなかった事業者が55.2%、引き下げた事業者が3.1%となっています。
なかには、「資格手当」がもらえる企業や施設もあり、1ヶ月5,000円~30,000円くらいが相場と考えてよいでしょう。
ほかの業界と比較して、決して高い給与水準とはいえません。ただし、勤務年数が増え、リーダー職や管理職に昇進すれば、それほど低い金額ではないと思います。
現在「質の高い介護事務スタッフ」はどの施設でも求められています。介護業界は深刻な人手不足に悩まされており、とくに専門スキルを持ったスタッフのニーズはかなり高いです。
より高い給与を望むのであれば、まずは自分自身のスキルアップを目指すのが一番の近道だといえます。

 

介護事務の仕事内容

介護事務は主に介護に関する事務全般を扱う仕事ですが、一般の事務とは業務内容も異なってきます。主な介護事務の仕事は次のような業務が中心となります。

[介護業務]

① 介護報酬請求業務

毎月介護保険の利用者の負担額を計算し、 介護報酬の請求書を作成
国に負担額を請求します。介護報酬の金額や内容は地域によって異なる介護
サービスの種類や回数などによっても金額が違ってくるので、 制度を理解して正確
に請求業務を行う必要があります。

② 利用者へ費用請求業、領収書等の発行

③ 施設や事務所での新規利用者の受付や電話応対

サービスや手続きの説明や利用者からのサービス利用料の受領といった受付・会計業務もあります。受付・会計業務もあります。また、帳簿の管理や売り上げの計上、予算の編成といった経理全般

⑤ 勤怠管理

ヘルパーの勤怠管理や給与の計算、連絡調整といったスタッフ管理

⑥ 利用者の管理

利用者の介護計画の作成といった本来は施設の責任者であるケアマネージャーの仕事をサポートするのも、介護事務の重要な業務です。

⑦ 庶務業務

介護用品や備品の受注や保管など自治体、他の事業者、医療機関など関係機関との連絡調整、 各書類の取りまとめ等

⑧ 種類作成業務

利用者の代わりに、自治体への要介護認定などの申請といった介護に関する手続きを代行することもあります。特にシステムが複雑な介護報酬請求業務では、専門的な知識が必要とされます。

介護事務の男女、地域の差はあるの

介護事務として独自の地域格差等の調査はあまりされていないようです、それは介護事務が資格を有する業務のように専門職というより、一般事務職として扱われているためで今回のテーマの地域格差については介護事務も一般事務職として比較した結果を紹介させて頂きます。

待遇面での地方格差

033005

地域間での所得格差は、地理的な特性や地域の産業構造などによって所得に格差が生じることを言います。また、景気の動向が地域間で差があることも、格差を生じる要因の一つとされていて。例えば、国内の景気が良くなったとしても直接的に影響や恩恵にあずかるのは首都圏の東京や大阪が等の大都市圏のみで、北海道・東北や四国、九州といった地域では回復が遅れ、地域間の所得格差は拡大しているという指摘もされている。上記の表でもわかりますように関東地区の水準は他の地域より吐出しています。一般事務職においても同じような傾向は生じています。このような現象が起こったのも、高度成長以降の東京一極集中の経済政策のおかげで、首都圏とそのほかの地域の経済格差は生まれ、その差は現代においても縮まっていないとされる。むしろ格差を押し広げようとするこの数年の経済政策のために、その格差は確実的に固定化されているという指摘もあります。又今回の調査では全国を「北海道・東北」「関東」「北信越」「東海」「関西」「中国・四国」「九州」の7ブロックに分けていて。サンプル数は全体では1万5000件を超えました。
平均年収を地域別にみると、トップは関東の523万円。以下、関東を100とした場合のパーセンテージでを並べると、東海(96%)、関西(93%)、中国・四国(84%)、北信越(80%)、北海道・東北(79%)、九州(78%)と続く(パーセンテージが高いほどトップからの格差は小さい)。最も高い関東と最も低い九州との格差は113万円で、九州の平均年収はざっくり関東の2割弱ということがいえます。

介護事務の賞与

実際の介護事務は、経営者、ケアマネージャー、介護福祉士などが兼任して行うことが多いようです。この場合、介護事務の平均年収はそれらの職種と同等の金額ということになり、ケアマネージャーを兼ねている人で約400万円、介護福祉士を兼ねている人で約350万円前後になります。実際、介護事務専任のスタッフとして雇用されている人の数は多くなく、その場合でも大半は時給で支払われる非正規の職員となっています。平均的な時給は800~900円程度となっており、一般の事務と大差はないようです。正社員や契約社員として働く介護事務の人も存在します。その場合は、地域によって違いがあるものの、月の給与は15~20万円の範囲に収まることが大半です。正社員であれば賞与や各種手当も見込めるので、年収にすると約300万円ぐらいにはなるようです。ただし、賞与や諸手当がまったくないような事業所もあるので、正社員として年収300万円以上が保証されている介護事務の求人は、数は少ないと言えます。これまで介護事務の仕事をしてきたという方ならばおわかりでしょうが、介護事務だけを専任で雇う介護事業所は極めて稀です。大きな病院に併設されているとか、よほど大規模な事業所であれば、専任の求人もあるかもしれませんが、ほとんどは現場の仕事と兼任することを求められます。

介護事務の場合も、正職員であればボーナスがもらえるケースはもちろんあります。ただし、ボーナスの支給については、施設の規模や業績などに大きく左右されるもの。介護事務員がもらえるボーナスの金額にも、当然金う年数で違ってきま す。規模の小さい事業所などでは、ボーナスが出ないか、または金額が小さい場合も多いようです。

 

まとめ

現在介護業界はヘルパーを筆頭にして各職種で深刻な人材不足を抱えています。
そんな介護業界の先の見えない人材問題に少しでも貢献が期待できるのが介護事務で、正式な介護の資格がなくてもヘルパーや介護福祉士の補助的な事は可能です。

介護事務を雇用する施設もその資格保持者の補を正当に評価して、給与に加味してやるような気定位してほしい、ものです

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護事務の求人ってどんなのがあるの?探せるサイトは?

介護の派遣会社ってどんな役割?給料は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら