認知症の分類ってどんなのがあるの?ポイントは?注意点は?

一口に「認知症」といっても原因となる病気様々です。原因によって症状や治療法、対応の仕方に違いがあります。認知症を原因別に分類することで対応方法やコツがわかり、認知症の人の生活が落ち着くきっかけになることもあります。ここでは代表的な認知症を原因疾患ごとに分類し対応方法を考えてみましょう。

 

認知症の分類

アルツハイマー型認知症

原因

アルツハイマー型認知症の原因については未だ正確に解明されていません。今わかっていることは、脳にβアミロイドと呼ばれるタンパク質が沈着して脳の神経細胞を破壊していると考えられています。脳はだんだんと萎縮していろいろな機能が失われていきます。

症状の特徴

高齢で発症しやすく、脳が萎縮していくので症状は進行していきます。比較的若い人でも発症する事があり「若年性アルツハイマー型認知症」と呼ばれ症状は高齢の人に比べて早く進行します。
短期記憶障害(今起きたことを覚えられない)見当識障害(見当がつかない。状況が把握できない)などが顕著になります。段々と周囲の人や状況を理解できなくなり、症状が更に進むと言葉がしゃべれなくなったり体を動かす事も困難になってきます。

対応例

記憶障害や見当識障害、徘徊など代表的な認知症症状が出現します。本人の主張はできるだけ否定せず不快を与えず安心感を持ってもらうように心がけます。繰り返しの質問や行動は1日中一緒にいる家族にとってかなり思い負担となります。介護サービスなどをうまく利用して介護者が潰れないようにしましょう。

脳血管性認知症

原因

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など脳血管障害により脳の血流が阻害され脳細胞の一部が死滅するなどして脳機能が低下して起こる認知症です。

症状の特徴

あまり進行せずに一定です。脳血管障害の状態により急激に変化することがあります。易怒性(怒りっぽい)や感情失禁(感情の表出が激しい)が頻発します。
認知症の症状としては脳が障害を受けている部分に対して症状が出るため正常な部分と異常な部分が混在します。そのため「まだら認知症」と呼ばれることもあります。

対応例

感情的になりやすく、特に怒りっぽくなったりします。本人の主張はできるだけ否定せずに聞きます。しっかりしている部分とそうでない部分が混在しています。その場しのぎの嘘は覚えていることがありますので気を付けましょう。介護者との信頼関係が壊れることもありますので対応は本人の様子をよく見ながら慎重に行いましょう。

レビー小体型認知症

原因

レビー小体という異常タンパク質が脳に溜まっていくことで起こる認知症です。このレビー小体というタンパク質はパーキンソン病の原因にもなっているタンパク質で、レビー小体型認知症はパーキンソン病に似ている点も多くあります。

症状の特徴

症状の進行はアルツハイマーに比べて早いと言われています。初期段階から具体的な幻視の症状があらわれます。体の強張りや歩行障害などパーキンソン病に似た症状が出現します。薬の副作用等が強く出てしまう薬剤過敏に症状があり、薬の使用に注意が必要です。

対応例

認知症に加えてパーキンソン病のような症状が起きるため転倒などに気をつけます。また薬の副作用が出やすいので薬などは必ず医師に相談し本人の様子を伝えましょう。

その他の認知症

アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー招待型認知症は3大認知症と呼ばれ、認知症の診断を受けた人の多くがこの3つのいずれかの診断を受けます。しかし認知症はこの3つだけではなく様々な原因疾患があります。
退行変性疾患:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症も含むが他に
前頭側頭型認知症、ハンチントン舞踏病。
分泌・代謝性疾患:甲状腺機能低下症、ビタミンB12欠乏症、サイアミン欠乏症、肝性脳症、透析脳症、肺性脳症、低酸素症。
中毒性疾患:各種薬物、金属、有機化合物などの中毒、アルコール中毒。
感染症疾患:クロイツフェルト・ヤコブ病、各種脳炎・髄膜炎、進行麻痺、エイズ。
腫瘍性疾患:脳腫瘍、転移性腫瘍。
外傷性疾患:頭部外傷後遺症、慢性硬膜下血腫。
その他:正常圧水頭症、多発性硬化症、神経ベーチェット病。

 

認知症の分類のポイント

分類をケアに活かす

認知症を分類する意義は「治る認知症か治らない認知症か」と「認知症症状の特徴を知る」ことで治療とケアの方向性を決めることが出来ることです。
特に認知症のケアにおいてはその特徴を理解しておくと認知症の人が何に困っているのか理解することもできるようになります。認知症の人が困っていることが減ると周囲の人が困ることも減ってくるので介護者の負担軽減につながります。

治る認知症と治らない認知症の分類

テレビや雑誌で「認知症は治る」という話を耳にすることがあります。しかし逆に「認知症はゆっくりと進行していき治ることはない」という話もあります。これはどちらも間違いではありません。
この勘違いの原因は「認知症=アルツハイマー型認知症」と認識されているからです。認知症は様々な原因によって起こりますのでアルツハイマー型認知症だけが認知症ではありません。
治るか治らないかの大きな違いは脳細胞です。脳細胞は壊れると再生しません。従って脳細胞自体に異常が起きるアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管障害により脳細胞が死んでしまっている脳血管性認知症は基本的に治らない認知症になります。

原因疾患別分類の仕方

認知症の原因疾患を分類するには症状の特徴と検査の結果から考えます。
アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症は特徴的な症状に加えてCTなどの画像診断で脳の萎縮が見られます。脳血管性認知症も症状に加えて脳の画像診断で脳梗塞や脳出血の痕を確認します。

認知症の分類の注意点

混合型の存在

認知症の原因疾患はかならずしも一つではなく混在している場合があります。アルツハイマー型認知症の人が途中からレビー小体型認知症の特徴を示し始めることもあります。原因疾患を読み違えたのではなくかアルツハイマー型からレビー小体型に移行した可能性もあります。
アルツハイマー型やレビー小体型の人が脳血管障害を起こせば脳血管型認知症の症状が出たりします。
いろいろな症状が出てしまうとどの認知症に分類されるか混乱してしまいます。高齢者は特にいろいろな病気を起こしやすい状態です。認知症の原因疾患はかならずしも一つとは限らないという事を知っておきましょう。

分類は治療や介護のために

認知症の原因疾患と特定して分類することが目的ではないことを忘れないようにしましょう。認知症の分類は必ずしもすぐにわかるとは限りません。認知症の症状は人によって違いが大きく、混合型などで見分けが難しい場合もあります。認知症の原因を特定することに夢中になってしまい、本人や家族が疲弊してしまっては意味がありません。
目的を見失わないようにしましょう。

診断は専門医に

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症であるという確定を得るには頭を割って脳の状態を確認する必要があります。実はこれらの病気の特定は、わかる範囲の情報からおそらくこの認知症であろうという予測によって特定されています。決していい加減な特定をしているわけではありませんがきちんとした知識がないと診断を誤る場合があります。
最近では減ってきていますが、レビー小体型認知症があまり知られていない時期があり、知識の無い医師が「おそらくアルツハイマーでしょう」といった具合に認知症の分類を誤ることがあります。
認知症の診断はできるだけ専門医に見てもらうようにしましょう。認知症の専門外来は精神科、神経内科、老年科などがあります。ただしこの場合も老人の認知症に詳しい医師である方が望ましいです。

認知症の分類を誤ると

認知症の特徴にあわない介護をすると本人も介護者も辛い結果が起きやすくなります。
例えばれビー小体型認知症の薬剤過敏性に気がつかなかった場合、処方された薬によって様子が著しく変わってしまったり薬の調整が難しくなります。脳血管性認知症の易怒性を知らず怒りっぽくなったことに家族が本人を誤解して介護の心理的負担が増えることもあります。

まとめ

認知症の分類は治療の方向性や介護の負担軽減につなげることができます。認知症の分類を知る事で認知症の人が何に困っているのかどうしたいのかを読み取ってあげることで認知症の人が安心して暮らせる環境を探す手助けが出来ます。認知症の分類からその症状や特性を理解する事は認知症介護に大きく役立ちます。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

ピック病って認知症なの??原因と症状は?

認知症レベルを判断する要因は?生活自立度は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら