臨床心理士とカウンセラーの違いって何?注意点は?

多様化する現代社会において、私たちはストレスや悩みを抱える機会が多くなっています。ストレスや悩みからうつ病を発症する人も増えています。国としてもストレスチェックを義務化するほどになっています。
ストレスチェックとは、「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50 人以上いる事業所では、2015 年12 月から、毎年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べるのです。ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。
ストレスや様々な要因から生じる心の悩みに対する専門職の助けが今後益々必要になっていくことでしょう。
ここでは普段私たちが耳慣れている臨床心理士やカウンセラーについて詳しく見ていきましょう。

 

臨床心理士とカウンセラー

初めに、臨床心理士についてみていきましょう。

■臨床心理士

日本には心の問題に取り組む職種として、心理カウンセラーやサイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々がいます。しかし、それぞれに明確な資格があるわけではありません。
それに対して「臨床心理士」は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる“心理専門職の証”となる資格です。
実際に、臨床心理士の資格所有者が活躍している代表的な場として、全国公立中学校や小学校に1996年以降よりスクールカウンセラーとして任用(派遣)され、活躍しています。
臨床心理士は、大学院の2年間+実技1年間を本気で心理について勉強しているので、知識は、他の心理カウンセラーの資格の人よりもかなりあるといえるでしょう。

では、次にカウンセラーについてみていきます。

■カウンセラー

カウンセラーとは、悩みを抱えて相談してきた人をサポートする人のことを言います。専門的な知識や技術を活用して、その人にとってもっともふさわしい方法を一緒に見つけて支援していくことが仕事になります。カウンセラーは、社会において専門的な知識や技術を活用して相談に応じるすべての人のことを指すと言えます。
「カウンセラー」を調べていくと、いろいろな名前のカウンセラーが存在していることに気が付きます。カウンセラーに国家資格はなく、民間の団体が認定をして資格を与えているので、そのような現象が起きています。
主なカウンセラーの種類としてはメンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタル心理カウンセラー、産業カウンセラー、認定心理士、臨床心理士などがあります。

 

 

yjimage

 

 

臨床心理士とカウンセラーの役割の違い

現在の日本では、民間資格のカウンセラーの種類がたくさんあります。カウンセラーに関する国家資格がない現状ではだれがカウンセラーと名乗っても違法ではありません。しかし、そのような中でも臨床心理士は、知名度・取得難易度ともに最も高いものであり、全国のスクールカウンセラーや国境なき医師団、行政の求人などにおける資格要件になるなど、公的にも活用されている資格といえます。
また、臨床心理士は現在、日本心理学諸学会連合、臨床心理職国家資格推進連絡協議会、医療心理師国家資格制度推進協議会の三団体が中心となり、心理師(仮称)として国家資格制度創設の運動が進められています。

 

臨床心理士とカウンセラーでの注意点

さてこれまで見てきたように、たとえ資格がなくても「心理カウンセラー」や「心理セラピスト」と名乗ってカウンセリングなどの仕事をすることはできるため、トラブルに発展しないよう注意する必要があります。

■考えられるトラブル

具体的に考えられるトラブルとしては、カウンセリングをしてその通りにしたのにうまく解決できない、などカウンセラーに向けられるトラブルです。
また逆に、相談者に対してのトラブルとしては、カウンセリングに行ったはずなのに宗教的なことを勧められる、商品の購入を勧めるなどが考えられます。
心の問題に対して言葉による支援やアドバイスをするカウンセリングでは言葉の解釈の違いに注意点が必要です。
そのような意味でも、より専門的な学習時間と経験、知識を持ち合わせ、万が一の訴訟に対しても備えのある公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定による臨床心理士からカウンセリングを得ることが望ましいかもしれません。

■カウンセリングよりも治療が優先される場合もある

また、「治療」という意味での注意点としては現在カウンセリングを受けている方や、精神科・心療内科の治療を行っている人はそちらの先生の指示を重視しましょう。カウンセリングでかえって問題を複雑にしたり、治療効果を薄れさせてしまう可能性があります。
カウンセリングは心に対しての援助技術ではありますが、医療行為ではありません。薬物療法が必要な場合もあります。その場合は精神症状・身体症状が出ていることもありますので医師の診断を受けることが先決になるでしょう。

また、参考までにカウンセリングを受けた後に注意する点にも触れておきます。

~カウンセリング後の注意点~

カウンセリングを受けたあと具合が悪くなった、という人がいるかもしれません。
それは、カウンセリングではカウンセリングを受けている間、辛かったことや悲しかったときの状況を思い出しながら話すのでその時の嫌な体験を個々の中で追体験しているような感覚になるのです。
具合の悪さは徐々に解消されていくのですが、「相談したことでかえって調子が悪くなった」と感じてしまうかもしれません。
そのような時は心身の状態が落ち着くまでは、安静を保つようにしましょう。

 

 

medical_seishinka_woman

 

 

まとめ

最後に、理想的なカウンセリングで期待できることをまとめておきます。
私たちが生きていく上で誰もが求めているのは人生の質(QOL)を上げることです。QOLをあげるためには、生きにくさを感じないことが重要な要素となります。理想的なカウンセリングを受けることができたとき、人はどのように感じるのでしょうか。

理想的なカウンセリングを受けることができると・・・

・話を聞いてもらうことで、ストレスが減った
・話を聞いてもらい、アドバイスを得たことで頭の中が整理された
・自分の考え方が前向きに変わってきた
・カウンセリング後に周囲との関係が以前より良好になってきた
・よく眠れるようになった
・食欲が出てきた など

このように、カウンセリングが上手くいくと私たちの日常は前向きで明るいものになります。
多くの民間資格が存在するカウンセラー。資格がなくても名乗ることもカウンセリングすることもできます。必ずしも臨床心理士の資格がなくとも優れたカウンセリングができる人もいるでしょう。しかし、自分の悩みを心から相談できる相手であるか、相性が良さそうだから全て話してしまってよいのか自分なりのリスク管理ができるようにカウンセリングに行く前にカウンセラーの資格や臨床心理士についての知識を持ち合わせておくことが大切です。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

臨床心理士は通信でも取得できる?通信がある大学は?

臨床心理士会ってどんなところ?役割は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら