言語聴覚士の合格率について教えて!受験数の推移は?

普段何気なく使っている「言葉」が、ある時突然その機能が失なわれてしまった事を、考えた事等ありますか?
先天的な病気や事故による後遺症で「言葉」を失なった時に、日常の生活ができる様にサポートする専門職が言語聴覚士で、聴覚障害をもっている方には重要な人材です。これから言語聴覚士になる為の方法を紹介致します。

 

言語聴覚士の合格率とは

私たちは言葉によってお互いの気持ちや考えを伝え合い、色々な情報や自分意思を相手に伝え又相手からも得る事ができます。言葉によるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活ができるよう支援する専門職です。また、注1摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。言葉によるコミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、言葉の発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。言語聴覚士は士はこのような問題の本質や発現を明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言等をを行います。このような活動は医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職・ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携し、チームの一員として行います。

ちょっと疑問❓
注1摂食・嚥下
食べ物を見てから、咀嚼(そしゃく)して、嚥下する一連の動きを「摂食(せっしょく)」と呼びます。一連の摂食・嚥下のメカニズムはとても難しいです。

言葉という伝達機能が失なわれてしまった時にプロの知識で生活への復帰をサポートしてくれる言語聴覚士には どのようにしたらなれるか?また言語聴覚士は国家試験があり、合格基準はどのくらいで、受験者はどのくらいいる
かなど、自分が言語聴覚士を目指す人には気になることだと思います。これからそんな疑問点について説明させて頂きます。

言語聴覚士になるには

speech-therapist-how-to-become

 

以上が一般的なコースですが、言語聴覚士の養成に関わる一定基準の科目をすでに習得している者を対象とした指定校(1年制)もあります。また、外国で言語聴覚士に関する学業を修めた人の場合は、厚生労働大臣の認定が得られれば受験資格が取得できます。
最短コースは、高校卒業後に国が指定した養成校(大学・専修学校)へ進学するコースです。養成校を卒業すると国家試験の受験資格が付与されます。これらの各受験コースを卒業して国家試験に挑戦します。それから気になる合格率等は次の項目で具体的に説明します。

 

speech-therapist-picture

 

 

言語聴覚士合格率と受験数

言語聴覚士の資格を得るには、国家試験に勿論合格しなければいけません。国家試験の具体的内容は以下の通りです。

言語聴覚士の国家試験内容

⬛試験日:毎年 年1回 2月中旬の土曜日
⬛試験内容: 5肢択一式の筆記試験です。午前中100問、午後100問の計200問が出題されます。
⬛合格基準:120点以上です。
全体の合格率は60%台と低く言語聴覚士は難しいという印象を受けますが、これは既卒者を含めた合格率です。
養成校の新卒者の合格率は80%を超えています。
⬛試験開催場所: 北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
⬛試験科目
基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学
⬛受験料:35,700円
⬛受験者数と合格率

[年   度]        [受験者数]   [合格者数]   [合 格 率] 第19回(平成29年)                2,571                 1,951                   75.9%
第18回(平成28年)              2,553                 1,725                   67.6%
↑↑↑
第12回(平成22年)              2,498                 1,619                   64.8%
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/gengochoukakushi/

資格取得後の動向

「話す」「聞く」「食べる」のスペシャリストとして、言葉によるコミュニケーションや嚥下に問題がある方の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。その為に国家試験という難関に挑んで資格を取得する事で医療分野はもちろん、教育、福祉の分野にも活動の場が広がりつつあります。

 

言語聴覚士の国家試験の概要

言語聴覚士になるための第一の関門での国家試験に合格することが絶対的な必要事項です。その言語聴覚士の国家試験についてポイントを見てみましょう。

平成30年度の国家試験は既に終了しています、平成30年度第20回の国家試験の概要を紹介させていただきます。

第30回言語聴覚士国家試験概要

■試験日:平成30年2月17日(土曜日)
■試験地:北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
■試験科目:基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・臙下障害学及び聴覚障害学

[言語聴覚士国家試験の概要]

(1) 受験資格

文部科学大臣、厚生労働大臣が指定する大学や専門学校において、3年以上、必要な知識、技能を習得した者などが対象となります。

(2) 試験科目

基礎医学、臨床医学、音声・言語・聴覚医学、失語・高次脳機能障害学など12科目で実施されます。
(3) 免 許・国家試験合格後に免許登録を行うことで業務ができるようになります。

[指定試験制度の趣旨]

(1) 医療は、国民の生命及び身体の安全に直結するもので、その質の確保と維持については、国が責任を持って行うべきものであり、医療関係資格者の質を国家資格制度により質の定価を防止しています。

(2)医療関係職種の国家試験については、「行政改革に関する第五次答申」の趣旨に従い、行政事務の簡素化のため、これ以降に国家資格化されたものは、試験事務等を指定機関が行うこととされた。

(3)全国統一的に厳正に実施する必要があることから、一つの公益法人を指定している。

(4)なお、指定機関については、各資格法において指定法人の要件を定めるとともに、役員の選任や事業計画等に認可を要するなど、国の強い関与が規定されている。

[受験料]

○受験手数料35,700円(平成21年度)
○免許登録手数料8,000円

[名称独占]

言語聴覚士は名称独占資格となっており、言語聴覚士の国家資格を取得しなければ「言語聴覚士」と名乗ることができません。更にこの国家試験は簡単なものではありません。学校によっては国家試験対策に力を入れていることもありますが、学校にすべて任せるのではなく、自分自身でも勉強をしていく姿勢を持っていないと合格は難しいでしょう。

 

言語聴覚士のこれから

言語聴覚士は、医療職のなかでも最近になって注目されるケースが増えてきた職業です。
高齢化社会が進み続ける現代の日本。リハビリに関わる専門職として、言語聴覚士の重要性がさまざまな場面で要求されるようになり、これから職業としての需要はさらに増えていくことになると言えます。
言語聴覚士の専門領域である「言語」は、人と人とのコミュニケーションと深い関わりがあります、言語を発するにあたって切っても切り離せない「口腔」に関することは、命をつなぐ食事と深く関わりがあります。
こうしたものに関する高い専門性は医療現場だけでなく、福祉施設や学校など、さまざまな現場で生きてくることになります。このような高齢化に伴い高齢者のもつ病気や症状は様々でそれらに、対応できる資格者としては言語聴覚士等に更に高度な医療の知識が今後要求されるようになってくることは大いにあり得る事ではないでしょうか。
言語聴覚士が職業としての認知度が高まると、新しい価値観が生まれてきます。たとえば、かつては言語や口腔と直接関わりのある仕事がメインとなっていましたが、これから先は、より幅を広げながらその言語聴覚士としての専門性を発揮することができるような場面が増えて来る事でしょう。最近は、医療現場で「チーム医療」という言葉が強く叫ばれており、他の専門職スタッフと情報を共有することが医療従事者として必要とされています。また他の職種の情報を集めて総合的に患者さんを診ていくことが望ましいという流れになってきています。言語聴覚士も、こうした変化に対応することが求められます。自身の強みを生かしながらこれまでよりも広い視野を持って患者さんと接する必要があります

 

speech-therapist-elderly-hold-hands

 

まとめ

これからの少子高齢化が更に深刻な時が刻々とやってくる状況の中で「介護」「医療」の分野に携わる専門職の各現場への要請は益々高くなってきます。その専門職の中で介護関連は殆どが高齢者ですが、言語聴覚士は幼児
から高齢者までと幅広い患者とそれに伴う専門の知識が必要になります、まだ現在の登録者数は全国でもまだ5千人くらいしかいません、これから期待される職種としてぜひ挑戦してみてはいかがですか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

理学療法士って国家試験?合格率は?

言語聴覚士の専門学校について教えて!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら