高齢者の脱水症状は気をつける!どんな症状?原因と対策は?

dehydration-lead

私たちの体は、50%~60%が水分でできています。高齢者は約50%が水分です。高齢者になると、若い人より少ない身体の水分が減っていても気が付かなく、隠れ脱水になることがあります。高齢になると、水分摂取が少なくなるので脱水症になる前の予防が肝心です。脱水になった時の症状や脱水症の原因を知り、脱水にならないための処置や予防をしておきましょう。

 

高齢者の脱水症状とは

脱水症は、身体の中の体液が奪われることです。体液とは、ミネラルである水分とナトリウムが減少する状態です。体液は体の外に出ていく量と入ってくる量が同じであれば、バランスが取れた状態です。このバランスが崩れると、脱水症状がおこります。

高齢者が入浴するときに、入浴前後に水分の補給をすすめるのは、入浴によって汗となり出ていく水分を補給するためです。発熱したときや下痢したときに、大量の水分が奪われ脱水になります。脱水になると、意識障害など生命に危険な場合もあります。

体液は、血液やリンパ液や消化液、細胞の間にある液でできています。もし、この体液が不足した軽い脱水になっていると、血液やリンパ液などで運ばれる酸素や栄養がいきわたらなくなります。高齢になると、それに気が付かないことが多いのです。

毎日、汗や尿などで出ていく水分は、1日に成人で2,000~2,500mlですが、1日で体に入る水分は、飲み物や食べ物で1日約1,800ml~2,200ml、体内でできる水分が約300mlです。そのくらい水分摂取ができていれば水分量のバランスが取れていますが、暑さや発熱、下痢なので汗や便から多量の水分がなくなった場合に脱水症になります。

脱水症になっても、高齢者は感覚が低下しているのでわからない場合があり、重度化する恐れがあります。

 

nodo_kawaku_dassui_woman

 

高齢者の脱水症状の症状

身近なお年寄りにこんな症状がないかチェックしてみましょう。

脱水症状チェック項目

□ 食欲がなく食事量が減っている
□ 口腔内が乾燥して唇がカサカサしている
□ 元気がなく、あまり動かない
□ 普段の熱より高い(平熱が低い場合はそれと比較する)
□ 咳をすると痰が絡んでいる
□ いつもと比べて手の甲の皮膚がすぐに戻らず、しわができる
□ 寝ていて同じことを何度も言う

もし、この症状に当てはまれば、脱水症状が疑われます。

さらに脱水症状が進むと次の症状があらわれてきます。

□ めまいがする
□ 吐き気がする
□ 呼吸が乱れる
□ 軽い立ちくらみがあり、ふらふらする
□ 尿の色が濃くなる
□ 爪を押したときに3秒しても白いままである
□ 舌の色が赤黒い色をしていて表面がざらざらしている

重度の脱水になると、これは生命に危険な状態です。すぐに医師の診察が必要です。
□ 筋肉がけいれんする
□ 幻覚や錯覚があらわれる
□ 呼吸困難になる
□ チアノーゼ(唇が紫色になる)が出てくる
□ 腎機能の低下

脱水症状には次の3種類のアイプがあります。

高張性脱水

この脱水は細胞内の水分が少なくなることです。高齢者には高張性脱水が多く、水分補給が不足している場合や下痢や発滅による水分減少などによりおこります。この脱水になると、のどが異常にかわき、尿の回数が減ります。

低張性脱水

ナトリウムが欠乏する脱水です。体液は外に出るときに水分とナトリウムやリンパ液などもともにでていきます。立ちくらみや頭痛、低血圧、食欲不振などが見られる場合は、低張性脱水が疑われます。

等張性脱水

水とナトリウムが両方失われて起きる脱水で、血圧が低下し、口が渇き、尿の量が減少します。

 

高齢者の脱水症状の原因

体の水分は出ていく水分量と入ってくる水分量が一定であれば、バランスを保ち脱水症にはなりませんが、バランスが崩れたときに脱水症になります。高齢者の場合は、内臓機能が低下しているため、脱水症がおきる場合は様々な原因があります。

●感覚がマヒしてくるため

高齢になると、のどの渇きを感じにくくなり、身体の水分が減少していても気が付かなくなります。そのため、脱水症状に陥ります。

●利尿剤の服用や他の薬の影響によるもの

利尿剤を服用している場合は多量の尿が失われます。高齢になると、身体の代謝が悪くなるので薬の影響を受けやすくなります。

●食欲が低下するため

高齢者は食欲が落ちてくると、食欲不振になり、食事や水分摂取量が減少します。

●夜中に起きないように水分を控える

高齢になると、失禁や夜に尿のために何度も起きることから水分摂取を控えることがあります。

●腎臓の機能が低下しているため

高齢になり、腎臓の機能が低下してくると、尿により排出を多くしないといけないので身体の水分が失われていきます。

高齢者の脱水症状の対策

脱水症状を防ぐためには、水分補給をすることが第一です。しかし、高齢になると、水分を沢山飲めなくなります。一度に飲めないので、いつもそばにおいておくと、少量ずつのむことができます。

飲むタイミングとしては、寝る前、起きた時、入浴前後、運動前後の水分補給が大事です。酸い分だけでなく、ナトリウムの補給も必要です。経口補水液は、市販で売っていますが、簡単な経口補水液を作ることもできます。

水1ℓに対して食塩3g、砂糖20g~40gを入れて混ぜます。のみにくい時は、レモン果汁を少々加えると爽やかになります。食事では、スープや汁物、ティータイムなどで飲みやすくしてあげると水分を摂りやすくなります。

ゼリー、寒天なども水分が多く含まれています。ティ―タイムのおやつに添えると食べやすく、水分補給もしやすいです。スイカやオレンジなどの水分が多く含まれている果物も、積極的にとりたいものです。高齢者は一人ではなかなか水分を摂りにくいものです。家族やホームヘルパーなど周りのサポートが必要です。

重度の脱水症状が起きている場合や物を飲めない状態のときは、すぐに医師の診察を受けて処置が必要になります。

高齢者の脱水症状の注意点

水分以外にも高齢者の場合は、次のことに注意する必要があります。

部屋の温度や湿度の管理

寒い冬や暑い夏はエアコンなどで温度調節をします。暑い夏は大量の汗をかくので、温度調節をすることで脱水を防ぐことができます。高齢者には電気代がもったいないからとつけない場合も多いですが、寝ている間に脱水になる場合もあるので温度管理は大切です。

冬場は大気が乾燥しているうえにエアコンなどでもっと乾燥すると身体の水分が減少します。洗濯物を室内干しにするとか、濡れたタオルを干して室内の湿度をあげるなどの工夫が必要です。乾燥している冬場は特に加湿器を利用して湿度管理が必要になります。

1日の水分量をチェックする

水分量をどのくらい飲んでいるかを大体把握しておくと、水分が足りているかどうかがわかります。高齢者の場合は、自分ではどのくらい飲んだかわからなくなります。500mlのペットボトル2本ほどの水分を毎朝入れておき、夕方に入れ替え、次の日の朝に水分量をはかります。

それ以外に、食事のときのみそ汁やスープ、おやつのゼリーや果物、ティ―タイムの紅茶などをどのくらい飲んだかを把握しておきまして記録にとると、水分摂取が足りなくなり、脱水症状になる前に見分けられます。

sports_suibun_hokyuu

 

まとめ

高齢者は喉が渇くという感覚が低下していて、暑い夏でも暑さを感じずに、汗が出ていても喉が渇きにくくなります。そのため、気が付かないうちにかくれ脱水になります。日頃から、まめに水分を補給して、脱水症になる前に注意しましょう。上記のような中重度の症状があらわれたら、早めに医療機関の受診をおすすめします。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

高齢者の脱水症状には気をつけたい!原因は?対策は?

高齢者の熱中症はどうしたらいいの?原因と症状は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら