認知症にも貼り薬がある⁉種類は?選ぶポイントは?

認知症に貼り薬があるなんて知らない人も多いのではないでしょうか?
そもそも認知症の薬にはどのようなものがあるのか?
三大認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症)のどのタイプへ利くのか?なぜ貼り薬なのか?
あまり一般的ではない薬なのでわからない事ばかりだと思いますが、日本では認可を受けている認知症の薬は意外と少ない種類になります。
薬としても歴史も浅いので効果へ対しても意見は様々の様です。

認知症の貼り薬とは

認知症の薬

現在、日本国内では認知症の薬として4種類の薬が認可を受けて使われています。

・アリセプト(ドネジベル)

国内初の認知症の薬、現在認知症の薬として最も多く使われている。
アセチルコリンが減少すると言われるアルツハイマー型認知症の神経伝達を助けます。
アルツハイマー型認知症の進行を抑える薬として期待されています。
又、レビー小体型認知症の薬としても使われています。

・メマリー(メマンチン)

中等度・高度アルツハイマー型認知症の進行を抑える薬として使用されています。
記憶に関与しているグルタミン酸受容体の阻害薬であるため軽度のアルツハイマー型の方へは向いていません。

・レミニール(ガランタミン)

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症の進行を抑える薬として使用されています。
アセチルコリンが減少すると言われるアルツハイマー型認知症の神経伝達を助けます。

・リバスタッチ・イクセロンパッチ

シール状の張り薬、軽・中程度のアルツハイマー型認知症の進行を抑える薬として使用されています。
アセチルコリンが減少すると言われるアルツハイマー型認知症の神経伝達を助けます

認知症の薬は比較的新しいものが多く、大分するとアセチルコリンにより神経伝達を助けるものと、本来なら記憶の形成を行うグルタミン酸が飽和されているアルツハイマー型認知症認知症のグルタミン酸を、逆に抑える事により記憶の手助けをするものがあります。
張り薬のリバスタッチ・イクセロンパッチはアセチルコリンの作用があります。
また、いずれの薬も人によって効果が異なり、場合によっては症状が悪化する例もあります。

transdermal-patch-shoulder

 

認知症の貼り薬の種類

認知症の貼り薬は、リバスタッチ・イクセロンパッチになります。
アリセプトやレミニール(ガランタミン)と同じく脳内のアセチルコリン減少によるアルツハイマー型認知症の進行を抑え神経伝達を助ける薬として期待されています。

種類 薬価

イクセロンパッチ4.5mg 346.8円
リバスタッチバッチ4.5mg 346.8円
イクセロンパッチ9mg 390.5円
リバスタッチバッチ9mg 390.5円
イクセロンパッチ13.5mg 418.6円
リバスタッチバッチ13.5mg 418.6円
イクセロンパッチ18mg 439.7円
リバスタッチバッチ18mg 439.7円

他の抗認知症薬との併用も可能

いずれも円形のベージュ色で肌に馴染みやすいタイプです。
原則1日1枚の張り替えを行います。
また、メマリー(メマンチン)との併用による効果も認められており、併用して使うケースもありますが、記憶を形成するグルタミン酸受容体の阻害薬でもあるメマリーは軽・中程度のアルツハイマー型認知症へは向かないとの意見もあり、併用の際には医師との相談が必要になります。

日本ではまだまだ馴染みのうすい薬です
従来の飲み薬とは違い認知症の方の皮膚へ直接張るので、服薬に拒否のある方へも安易に行えるため、認知症の方と介助者双方の負担を軽減できるので合理的です。
日本において認知症の張り薬として認められている物はリバスタッチ・イクセロンパッチの2種類になりますが、2011年から承認された比較的新しい薬です。

認知症の貼り薬を選ぶポイント

選択肢は少ないです

認知症の貼り薬は、日本では現在2種類しか認可されていませんので、当然ですが狭い選択肢になります。
共に色も形も類似していますが、少しでも認知症の方の肌に馴染み、皮膚トラブルの無い物を選びたいですよね。
双方、皮膚トラブルへの影響は少ないとされていますが、個人差はあるかもしれませんので肌にあわない時は、迷わず医師へ相談しましょう。

張り薬を選ぶ意味

軽・中程度アルツハイマー型認知症の薬には、既にアリセプトやレミニールといった飲み薬があり、特にアリセプトはそれなりの実績もある薬です。
それでもあえて貼り薬を選ぶにはどのよう様な利点があるのでしょう?

1 服用のしやすさ

認知症の方は服薬を拒否する方も少なくありません。
ご本人も何の薬かわからずに飲まされるわけですから当然ではありますが、服薬のたびに介助者と言い合いをしていたのでは、双方にストレスがかかり介護を困難なものにします。
しかし、張り薬でしたら認知症の方に気がつかれない間に背中へ軽く貼ってあげるだけで済むのですから、お互いにとって良い関係の手助けにもなるかもしれません。
また、パッチに貼る予定の日付を書くことにより飲み薬の様に服薬忘れの防止もしやすく、嚥下困難のある方への服用のしやすさ、副作用があった時に飲み薬とは違いすぐにパッチを外す事により作用を中止しやすいなど、メリットは数多いです。

2 中核症状への効果

アリセプトやレミニールと同様に脳内のアセチルコリンの量を保つ薬ですが、アリセプトやレミニールでは阻害できないブチルコリンエステラーゼを阻害する作用もあり、中程度アルツハイマー型認知症への抗認知症の薬としても期待されています。

認知症の貼り薬の注意点

使用上の注意

原則1日1枚、毎日同じ場所に貼らないように注意しましょう。
始めは4.5mgのものから使用を開始し、徐々に増量していきますが、副作用や皮膚トラブルに十分注意しましょう。
先日の分のはがし忘れにより2枚貼ってしまう事の無いように注意しましょう。
また張らない日があると、貼り薬の使用量を変えなければならない場合がありますので、毎日忘れずに張りましょう。

副作用

次の症状がありましたら副作用の疑いがあります。
かゆみや発赤による皮膚トラブル
嘔吐、嘔気、食欲不振、胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の消化器系の不調
不安、攻撃性、不眠、うつ傾向等の精神障害
浮動性めまいや頭痛等の神経障害
他にも、様々な副作用が確認されています。

また、抗認知症の薬には攻撃性が現れる等の報告がありますが、認知症が軽減した為に活性化したのではないか?又は日頃、認知症という事で子ども扱いしていた事へ腹を立ててしまったからではないのか?など様々な意見があります。
とにかく、少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止し医師へ相談しましょう。

保温に注意しましょう

乾燥した肌に貼り付けると皮膚トラブルを起こしやすくなります。
はがした後は暖かく湿った布で拭、保温材やワセリンを塗るなどで保温に注意しましょう。

shoulder-massage-child-elderly

 

まとめ

認知症の薬には様々な立場の人の様々な意見があります。
当然ですが、製薬会社の人は効果があると主張しますし、一部の医師や専門職には効果がないので薬に頼らない生活を心がけるべきだと主張する人もいます。
もちろん医師や専門職にも認知症の薬へ肯定的な方はたくさんいます。
認知症や精神疾患そのものが、まだまだ完全に解明されていない事を前提に考えると、明確に効果のある誰もが納得する認知症の薬というのは難しいのかもしれません。
本当に効果がある方へはこの上ないありがたい薬です。

何よりも、本人と家族が納得して使用し、辛く長い介護生活へ希望の持てる薬として上手く向き合う事が何より大切なのではないでしょうか?

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

認知症の種類を知って備える!症状は?予備知識は?

認知症の薬はどんなのを処方してるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら