訪問看護で介護保険は使えるの?何が違うの?

ご家族の方が介護状態でいつも来てくれているヘルパーに頼んだら確固
「それは、医療行為等で介護サービスでは出来ません。」
と言われたことありませんか?
利用者にとって介護サービスと医療行為の違いかかわからない事が多く、もし医療行為が必要になった場合は訪問看護を手配しなければいけませんが、それは現在使用している、介護保険で適用できるか気になりますよね??ずばりその問題答えさせて頂きます。

 

訪問看護と介護保険

現在の介護保険制度での訪問看護は、要介護者または要支援者の自宅に赴き訪問看護師により行われる療養上の医学的な世話または必要な診療の補助を行う事です。

介護保険制度は、40歳から介護保険料の支払いが国民として義務化され、65歳以上の第一号被保険者と国の定める16疾病の患者で40歳から64歳までの第二被保険者が介護保険で色々な介護サービスを受けた時の料金は国・県・市町村の負担金等と40歳から始まる保険料を財源として、介護を必要とする高齢者に対して介護給付を行う制度で、国民の共同連帯の理念に基づき、社会全体で高齢者を支える制度のことです。

サービスを利用できる人は、要支援、要介護と認定された65歳以上の方及び第二被保険者として要介護認定を受けられた方になります。
また他の公的保険制度では医療保険(後期高齢者医療制度、健康保険・国民健康保険)があります。
公的な訪問看護は、利用料金の一定割合が保険から支給される点や、全国どこの市区町村でも同じサービスが受けられる点 が優れています。一方で、対象者の年齢や病気の種類、要介護度(介護が必要な度合い)によって、利用できる回数や時間数に制約があります。また介護保険の場合には、利用する前に申請・審査・認定の手続きが必要で一定の期間がかかります。

介護保険における医療行為

冒頭にも紹介しました、毎日介護サービスに来てもらっているヘルパーさんに「爪切り」をお願いしたらそれは介護職ではできません。
「医療行為なので」と言われ断られてしまうような事は多々あります。利用者はどんな事が医療行為でそれをしてもらうために訪問看護をお願いしなくてはならないのかは、利用者にとっては重要な課題です。

■緩和されたヘルパーの医療行為とその範囲

平成17年に厚生労働省から、医療行為についての通知が出されて、介護職が行う事のできる「医療行為が緩和されました」が、介護職としてはそれまでしなくてもよかった行為を利用者へ行う事になり最初は経験や技術の不足により様々な問題が発生しましたが、行政が中心となって看護士からの指導や協力により解消されていきました。

緩和された医療行為は

1. 水銀体温計・電子体温計による腋下の体温測定、耳式電子体温計による外耳道での体温測定
2. 自動血圧測定器による血圧測定
3. 新生児以外で入院治療の不要な者へのパルスオキシメータ装着(注1)
4. 軽微な切り傷、擦り傷、やけど等について専門的な判断や技術を必要としない処置(汚物で汚れたガーゼの交換を含む)
軟膏の塗布(褥瘡・じょくそうの処置を除く)
5. 湿布の貼付
6. 点眼薬の点眼
7. 一包化された内服薬内服(舌下錠の使用も含む)
8. 座薬の挿入
9. 鼻腔粘膜への薬剤噴射の介助
10. 爪を切る事、爪やすりによるやすりがけ爪と周囲に異常がなく、かつ糖尿病等の疾患に伴う専門的な管理が必要でない場合
11. 歯ブラシや綿棒、又は巻き綿子などによる歯、口腔粘膜、舌に付着した汚れの除去
12. 耳垢の除去(耳垢塞栓の除去を除く)
13. ストマ装着のパウチにたまった排泄物の廃棄(肌に装着したパウチの取り替えを除く)
14. 自己導尿の補助としてのカテーテルの準備、体位の保持
15. 市販のディスポーザブルグリセリン浣腸器を用いた浣腸(注2)

ただし、5〜10については、事前に本人又は家族からの具体的な依頼に基づき、医師の処方・薬剤師の指導を受け、看護師の指導を受けた医薬品を使用し介助する事。

~ちょっと一言~

注1:「パルスオキシメータ」は動脈血酸素飽和度(サチュレーション)を図る測定器のこと。洗濯バサミの様な機器を指先に挟んで測定する
注2:「ディスポーザブルグリセリン浣腸器」とは、使い捨てで挿入部の長さが5?6センチメートル程度、グリセリン量は成人で40グラム程度の物
以上のような場合は今までは訪問看護の役割となっていましたが、介護職でも行う事ができるようになることで利用回数の多いヘルパーでも対処できるようになりました。

 

houmon_shinryou2

 

介護保険と医療保険

前の項目で取り上げました訪問看護を受ける方法に介護保険と医療保険、自費と挙げました。では内容的を比較してみます。 介護も医療も総合的に言う社会保障で現在日本の社会保障が「パンク寸前」にあります。その中でも介護保険も医療保険については高齢化になるにつれて利用頻度が多くなります。財源の確保に政府も消費税の値上げなどで対応しようと計画的に進めていますが。現実は旨く進行していません。結果利用者への負担が上がってきている事が現状です。

【訪問介護の適用方法の違い】

いかがですか?
介護保険と医療保険での訪問看護を利用する場合の違いが、理解していただきましたか、これから更に。高齢化の時代に突入していきます そのような状況になると介護の必要性や利用者にとっては重要な懸案事項になります。
介護状態になるのは明確にいつからとは言えません、突然何らかが原因で、明日なるかもしれませんそんな時の為に介護保険等公的サービスを少しでも知識を付けられる事をお勧めします。

 

訪問看護 介護保険で受けられるサービスと種類

http://www.chiba-city-med.or.jp/guide/station.html

訪問看護とは、病気や障害を抱えながらご自宅で療養中の方に、看護師などのケアスタッフが訪問して療養生活のお世話や診療の補助を行なうサービスです。

訪問看護のスタッフは、訪問看護ステーションや医療機関(病院・クリニック)自費の訪問看護事業者などに所属しています看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を持っています。

訪問看護のスタッフは、主治医の指示(訪問看護指示書)や他の介護事業者と連携しながら、自宅で療養中の患者様へ訪問して療養上のお世話や必要な診療の補助を行なっています。

訪問看護のサービスの種類

・介護保険サービスなどの手配状況の確認と助言
・居室やベッド周りなどの安全確保、採光、換気、空調などの確認と助言
・杖、車イス、介護ベッドなどの福祉用品の手配状況の確認と助言
・ガーゼやオムツなど医療用品の手配
・血圧・体温・呼吸・脈拍のチェック
・利用者の状態の観察
・食事・運動・休養などへの助言

⬛病気の治療のための看護

① お薬の服薬方法の指導、服薬確認   ・
床ずれ処置 (体圧分散・除圧・減圧、皮膚面の保湿・清潔ケアなど)減圧、皮膚面の保湿・清潔ケアなど
② 血糖測定   ・人工肛門・パウチ交換
③ 浣腸      ・経管栄養(胃ろう・経鼻)
④ 摘便      ・腸ろう・腎ろう・膀胱ろう管理
⑤ たんの吸引(口鼻腔、気管切開)     ・気管カニューレ管理
⑥ 薬剤やスチームの吸入           ・永久気管孔管理
⑦ カテーテル管理 ・人工呼吸器管理
⑧ 点滴 ・IVH管理(中心静脈栄養)
⑨ 注射(静脈、筋肉、皮下) ・在宅酸素療法

その他にも精神的・心理的療養、リハビリ等を行い、自宅が小さな病室に変わるくらいの訪問介護の存在は重要な物です。

訪問看護で介護保険を適用する場合の注意点

訪問看護師が在宅でおこなう主な医療行為には大きく分けて医療処置、療養上のお世話、介護支援があります。
訪問看護のサービスは医療行為が中心に行われることは、利用者の生命に係わることもあることを充分に理解してもらう事が注意すべく点ではないでしょうか、その医療処置については、どんなこともかかりつけ医の指示書が必要になります。これは病棟勤務の看護師の場合と同じです。
訪問看護師がおこなうこととしては、インシュリン注射、点滴、血行測定などがあります。点滴に関しては指示が出ることは多くありませんが、利用者によっては訪問のたびに必要なケースもあります。ほとんどの場合は、翼状針または留置針の抜き差し、皮下の埋め込みポートへの対
応になります。それらの医療行為を含め、訪問看護の重要性は深く利用者もその利用者を介護する家族にも「安心」「頼り」の期待を得られるような看護師としての役割を忘れると、重大な事故になる可能性が強いサービスです
また利用者によっては、排便コントロールが必要なこともあります。とくに寝たきりのかたは便秘になっている事が多いです。そのため必要に応じて、摘便や浣腸をして排便を促します。またストーマ(人工肛門)を造設している事もありますので、その処置が必要なこともあります。ストーマのパウチ交換は医療行為にあたるので、介護のヘルパーにはできません。家族または看護師がおこなうしかないからです。また褥創管理も大事な仕事です。訪問看護師としての最高の注意点は「失敗は事故につながる」と常に思うことではないでしょうか。

 

medical_houmon_iryou_woman

 

まとめ

筆者も1年前までは、訪問看護サービスを受けていたときにサービスの1つに20種類くらい服用していた薬剤管理である時の通院で処方してもらった薬の変化にきずいてすぐさまに担当医師に連絡をして調べてもらったら担当医師のまちがいなだった事もあり、その時やはり「プロ」の仕事だと感心したこともあるくらいに訪問看護師の役目は利用者にとってかけがえの無いものだと思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

訪問看護の特別指示書について教えて!条件、訪問回数は?

訪問看護の料金について教えて!ポイントは?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら