特養ホームについて教えて!入居条件は?費用は?

46AFDE1B00000578-5116885-image-a-149_1511636408590

少子高齢化が進んでいるこの時代。子どもの出産率や結婚する人の減少は進んでいますが、高齢化はどんどんと進んでいます。これから先、遠くない未来に超高齢化社会になると言われており、日本は今対応を考えなければならなくなってきました。私たちにとっても、決して人ごとではありません。自分自身はまだしも、自分の家族が高齢者になった場合、どのように援護していけばいいのでしょうか?今回は、数多くある福祉施設のうちの特養ホームについてご紹介していきたいと思います。

 

特養ホームとは

では、特養ホームとはどのような施設なのでしょうか?
特養ホームとは略称となり、正式には特別養護老人ホームまたは介護老人福祉施設と言います。自宅にて家族で介護を行うことが困難な65歳以上の高齢者の方を、介護福祉士の手でケアを受けられる介護施設のことを指します。窓口は、自分たちの住んでいる市町村となります。こちらの施設で、介護福祉士の手で食事や入浴サービスなどの日常生活動作の援助を受けることが出来ます。しかし、高齢者を対象とした福祉施設はこれだけではありません。介護保険にて利用できる福祉施設としてはこのほか、介護保険施設や指定介護療養型医療施設などがあります。

介護保険施設

高齢者の方が機能回復のためにリハビリテーションや介護などの援助を受けるための施設になります。

指定介護型医療施設

高齢者の方に医療的なケアが必要な場合の施設になります。

高齢者の方を対象としたサービスは、このような福祉施設だけではありません。その高齢者の方の介護度や状態に合わせて様々なサービスを受ける事ができます。そのため、高齢者の方や支える家族は、自分の置かれている環境や状態に合わせてサービスを選択していく必要があります。例えば、このような施設サービスの他には在宅サービスがあります。

これは、施設に入所してサービスを受けるのではなく、自分の家にいながら介護サービスや医療サービスを受けられるというものです。そのサービス内容も様々で、訪問介護と呼ばれるホームヘルプサービスは、介護福祉士が自宅へ出向きサービスを提供するものです。

また、入浴だけのサービスを行う訪問入浴のサービスもあります。医療的ケアを看護師の手で受けることのできる訪問看護や、機能回復を目的とする訪問リハビリテーションなどがあります。

 

 

kaigo_kurumaisu

 

 

特養ホームの入居条件

では、この特養ホームに入居するために何か条件はあるのでしょうか?
まず、年齢的なものとしては上記でもお話しさせていただきましたが、介護度が3以上の方で65歳以上の高齢者の方になります。この他、特定疾病のある40歳から64歳の方も認められます。ではまず、要介護3という線引きですが、基本的に自分のことは自分で出来る、自立した方は介護度の数字は低くなります。この要介護3という数字は、基本的に日常生活を送る上で介護が必要な状態のことを指し、数字が高ければ高いほど、より介護力が必要な状態にあると言えます。また、特定疾病とは65歳未満であっても、これからお話しする特定疾病により介護が必要な状態であれば、サービスを受けることが出来るのです。
(特定疾病とは、がん・関節リウマチ・筋萎縮性側索硬化症・後縦靱帯骨化症・骨粗しょう症・初老期における認知症・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・脊柱管狭窄症・早老症・脳血管疾患などです。)

 

特養ホームの費用

では実際に、特養ホームに入所するにはどれだけのお金がかかるのでしょうか。
特別養護老人ホームは、介護保険での援助を受けることができるので、他の有料老人ホームなどに比べて、安価に入所することが出来ます。有料老人ホームは、入所する際に入所一時金や入居費用がかかってしまいますが、特養ホームは入居の際、お金は必要になりません。かかってくるのは、介護を受けるための費用と、利用する部屋の費用や食費などの生活費用になります。また、部屋の代金は、入居する部屋のタイプによって金額が変化していきます。個室は金額が高く、大部屋は金額が低くなります。
月々にどのくらいの金額がかかるのか、最初に問い合わせておくと良いでしょう。
介護サービス費用が、だいたい月額2万円から3万円が多いようです。これは、介護保険を受け、1割負担、または2割負担の場合です。その他、部屋の金額は個室は4万円から5万円、大部屋は1万円から2万円の負担となり(介護保険利用)、プラス食費や消耗品(歯ブラシ、オムツ代金、など)の金額がかかってきます。また、高齢者の方の介護度によって金額が変わってきます。

 

特養ホームの申し込み

では、実際に特養ホームの入居を決めた時、どのようにして申し込みを行えば良いのでしょうか?まず一番良い方法としては、ケアマネジャーに相談をすることです。高齢者の方に一番合った施設を紹介してくれます。また、何か不安なことや質問したいことが合った場合に相談をすることも出来ます。その他は、自分で施設を探し出し、施設に問い合わせをします。その際に必要書類の提出が求められますので、注意が必要です。主に、入所申し込み書、介護保険被保険者証などです。その後、施設側が入所者の決定を行います。ここで注意してほしいことは、申し込みが終わったからと言ってすぐに施設に入所が決定するという訳ではないということです。高齢者の方の環境や介護度合いによって、入所出来る順番が変わってきますので、場合によっては何年も入所を待たなければならないのです。これは、高齢化が進んだことによって高齢者の方の人数が増えたことが要因の一つです。また、費用が安価という点もその理由でしょう。同じように、老人ホームの入居を待つ待機者は多くいるということです。順番待ちを回避する方法として、有料老人ホームへの入居の検討という方法もありますが、費用は特養に比べて高額になってしまうといことを念頭に置いておかなければならないでしょう。

 

特養ホームの注意点

では、特養ホームの施設を選択する際に何か注意すべきすることはあるのでしょうか?
まずは上記でもお話しさせていただきましたが、早目に手続きをするということです。自宅で介護が困難な状態になったとしても、すぐに特養ホームに入所出来る訳ではありません。もし、いずれ特養ホームへの入所を検討するなら、早目に考えてケアマネジャーに相談をしておく必要があると思います。また、新しく新設された施設などは比較的早くに入所が出来る場合もありますので、自分の住んでいる地域で探してみると良いでしょう。また、月々にどのくらいの金額がかかってくるということも、きちんと把握しておく必要があると思います。

また、検討する施設には、必ず入所前に足を運ぶようにしてください。どのような雰囲気なのか、環境やスタッフのサービスの仕方などをきちんと見ておくことは、とても大切です。
入所できたとしても、高齢者の方が嫌な思いをするような場所では、全く意味がないからです。事前見学を行った上で検討することが望ましいと思います。

 

free-illustration-kaigo-11

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今は高齢者に伴い、たくさんの特別養護老人ホームが作られています。
自分の自宅の近くには、どのような施設があるのか調べてみてはいかがでしょうか。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら