特養と老健って何が違うの?入居条件は?費用は?

高齢化社会に伴い、介護施設や福祉施設のニーズも昔に比べ増えてきました。
今は様々な介護施設がありますので、高齢者の方や支える家族のライフスタイルに合わせて選択することができます。しかし、福祉施設の数はたくさんありますが、それぞれがどのような違いがあるのか、知らない方も多いのではないでしょうか?
今回は、たくさんの福祉施設の中の、特養と老健の違いについてご紹介していきたいと思います。

 

(特養)特別養護老人ホームと(老健)介護老人保健施設とは

では実際に、特養施設と老健施設はそれぞれどのような施設なのでしょうか。ひとつずつご紹介していきたいと思います。
まず特養とは、正式には特別養護老人ホームという名称です。高齢者の方が、何らかの理由があって在宅で生活を送ることが困難になった場合に入所できる施設となり、基本的には65歳以上の高齢者が対象となっています。(特定疾病が認められる場合においては、40歳から64歳のか方も認められます)また、介護度が3以上必要になります。この介護度3のレベルとしては、日常生活を送る上で誰かの介護が必要な状態のことを指しています。そのため施設では、入浴介護、食事介護、排泄介護などが提供されています。他の老人ホームと比較すると安価で入所できますが、ほとんどの施設は入居者が順番待ちをしている状態のために、入所まで時間がかかってしまう場合があります。
また老健と呼ばれている施設は、正式には介護老人保健施設と言います。この施設も高齢者の方を対象としている施設です。正式名称に(保健)という文字が使用されているように、重点を置いているのは医療的ケアやリハビリテーションとなっています。もちろん、高齢者の方の日常生活においても援助され、その方の状態に合わせて、食事介護や排泄介護などが行われます。この介護プラスアルファとして、身体の機能回復を目指したリハビリテーションや、医療、看護ケアを受けることが出来るのです。最終目標としては、再び自宅にて日常生活が送れることになるので、高齢者の方は退院を目指して治療を受けることになります。

 

(特養)特別養護老人ホームと(老健)介護老人保健施設の違い

では特養施設と老健施設、この二つの施設はどのような違いがあるのでしょうか?
まず前提として、特養と老健この二つは目的が大きく異なります。特養は、日常生活を送ることが困難になってしまった方々が、変わりにこの施設で生活を送るためのものです。そのため施設には介護福祉士がいますので、24時間体制で介護を受けることができます。対して老健は、介護が受けることが出来るのは同じですが、目的が違います。老健の場合は、最終目標が退院なのです。退院して、また自宅で生活が送れるように、医療的ケアやリハビリテーションを行うのです。つまり、生活を施設で送ることが目的の特養と、退院できる状態を目指す老健ということになります。そのため老健では、高齢者の方がきちんと機能回復できたか、病気治療ができたか、定期的に判定が行われます。この判定で、自宅へ戻っても問題がないとなった場合に退院となるのです。また、上記で老健は医療的ケアも提供されるとお話しさせていただきました。特養では、医療的ケアは十分ではありません。介護士は医療的ケアを行うことができないからです。
もちろん、特養にも看護師は勤務しておりますので、毎日のバイタルケアやお風呂の前の健康確認、怪我のケアなどは行ってくれますが、あくまでサポート的な位置付けとなりますので、治療の指示などはかかりつけの医師に指示を仰ぐことになるのです。
また、看護師の人数も介護福祉士と比較した場合、少人数です。医療的ケアの指示を出す医師も常勤している訳ではありません。対して老健の場合は、医師が常勤しておりますので、速やかな医療的ケアが受けることのできる環境下にあると言えるでしょう。

また、老健は高齢者の方の身体的機能回復も目的の一つになりますので、作業療法士や理学療法士が勤務しているという点も大きな違いでしょう。この専門スタッフの手によって、リハビリテーションを受けることが出来るのです。この二つの施設を比べて見ると、このような違いがあることがわかります。

 

(特養)特別養護老人ホームと(老健)介護老人保健施設の役割と入居条件

この二つの施設は、上記でお話しさせていただいたように異なる役割があります。
まず特養は、施設で快適に生活を送ることが目的です。そのため、最期までの看取り介護も行ってくれます。もちろん、入所時に機能や状態が回復し自宅に戻れるようになった場合は、退所することも可能です。対しての老健は、高齢者の方に入所以前の状態に戻してあげることが目的です。そのため、日常生活を援助する介護も受けることは出来ますが、特養と比較した場合リハビリテーションや医療サポートが主な目的となりますので、ずっと施設に入られる訳ではありません。ここが、二つの施設の異なる役割となります。

この二つの入居条件を見てみると、役割の違いが顕著に現れています。要介護3以上からの特養に対して、老健は要介護1からの入所が可能です。この介護度は、数字が多ければ多いほど介護や援助が必要な項目が多いということです。

日常生活において、介護が必要な状態にある介護度3に比べて、介護度1は比較的介護のいることが少ない状態です。つまり、老健では自宅へ戻れる見込みのある方を医療面やリハビリでサポートするという施設になります。家族や本人が、自宅へ帰ることを目的としていることが大切になります。

 

(特養)特別介護老人ホームと(老健)介護老人保健施設の費用の違い

では最後に、この二つの施設にかかる費用としてはどのような違いがあるのかを見ていきたいと思います。
まず、特養と老健ともに入所の際の一時金などの費用は必要ありません。民間企業の運営する有料老人ホームなどの場合は、入所の際に費用がかかってきますので、もし入所を選択される際は注意する必要があるでしょう。特養と老健の二つの費用を比較してみると、それほど大きな金額の差は出てきません。かかる費用としては、介護のサービスを受ける費用、施設費用、毎日の食事の代金などです。これらは、高齢者の方の介護度によって金額が変わってきますので、施設に入る前に確認をしておくことが大切になります。特養、老健二つの施設に焦点を絞って考えると、この二つに関しての金額の差は1万円〜5万円程とあまり大きな差はない場合が多いようです。しかし、安価で利用できるからこそ、施設の入居者は多くいます。
特養は特に最期まで生活をされる方もいますので、入所をしたいと思っても何年も順番待ちをしなければならない場合もあります。新しく建築されたばかりの施設は比較的早くに入所できる場合もあるということなので、もし入所を検討される際は下調べをした方がいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
特養も老健も、高齢者の方が自分らしい生活を送る上でとても大切な福祉施設になります。自分の住んでいる地域にはどのような福祉施設があるのか、また近所にはどのような施設があって、利用できるのか出来ないのか、調べておくことも後に役立ってくると思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

特養と老健の違いを教えて!入所条件は?在所可能期間は?

特養ホームについて教えて!入居条件は?費用は?

特養の看護師の役割とは?日勤と夜勤の違いは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら