ノーマライゼーションの事例を教えて!事例から見えてくることは?

home1

ノーマライゼーションの思想を実現させるために政府や企業、地域などで様々な取り組みが行われています。ノーマライゼーションを実現するための活動とはとのような活動なのでしょうか。具体的な事例について考えてみましょう。

 

ノーマライゼーションの事例とは

ノーマライゼーションの思想と活動

福祉におけるノーマライゼーションの考え方とは、障がい者や高齢者など社会的ハンディキャップのある人たちでも健常者と共に暮らしていける社会を目指すこと理念としています。この考え方は日本の福祉施策においても基本とされています。

 

ノーマライゼーションで実現したい社会「8つの原則」

ノーマライゼーションを実現する社会を作る取り組みとして、「ノーマライゼーションの8つの原則」というものを基本としています。

ノーマライゼーションの8つの原則

①1日のノーマルなリズム
②1週間のノーマルなリズム
③1年間のノーマルなリズム
④ノーマルな発達経験(成長)
⑤ノーマルな尊厳と自己決定権
⑥ノーマルな性的関係
⑦ノーマルな経済水準と権利
⑧ノーマルな環境形態と水準
「ノーマルな」とは、その人が生活する社会圏、文化圏において「ノーマル」「普通」「平等」という意味です。
この8つの原則は民主主義における基本的人権とほぼ一致しています。障害があるからといって差別されたり、下に見られたりせずに平等な立場と権利で暮らしていける社会の実現を目指しています。

ノーマライゼーションの活動としての視点

ノーマライゼーションの思想を実現させるための活動はその役割によって大きく3つに分けて考えることができます。これはノーマライゼーション実現のために必要な3つの要素と同じです。

ノーマライゼーションの生活に必要な3つの要素

①住居の状態
②仕事の状態
③余暇の状態
ノーマライゼーションの思想が実現するためにはこの3つの要素が必要とされていますが、逆に考えるとこの3つの要素が実現できないためにノーマライゼーションの思想が実現できていないということです。

3つの要素が実現するための活動とは?

例えば、
①住居の状態:移動や活動が困難である。
⇒生活環境を整備して最低限の援助で生活できるようにする。
②仕事の状態:できないことに注目されて、できることを活かす場がない。
⇒できることを活かせる仕事を探す。雇う側にできることがあることの理解を促す。
③余暇の状態:整備された環境が必要になる。
⇒できないところだけを支援する環境や弊害となる環境を取り除く環境整備をする。
というように、課題を1つずつを解決していくことでノーマライゼーションの実現へと近づくことができます。

 

ノーマライゼーションの事例

①「住居の状態」に関する事例

①-1インテグレーション(統合)教育

障がいのあるなしにかかわらず、子供たちが同じ環境で学ぶことができるようにする活動です。障害があっても少しの補助があれば通常学級で教育を受けられる子もたくさんいます。障害があるからといって特別な環境へ分けられてしまうのではなく、可能であるならできる限りノーマルな環境で教育を受けることができます。

①-2地域包括ケアシステム

介護におけるインテグレーション(統合)の考え方として地域包括ケアシステムがあります。
体調が悪くなったとき、食事を用意するのが難しくなったとき、認知症になったとき。何か一つ生活のバランスが崩れると入院や施設に入るしかない高齢者がたくさんいます。そこで地域包括ケアシステムは医療・介護や地域と連携しながらできる限り住み慣れた地域で暮らせる環境を整備しています。

①-3バリアフリー

障がいがある人でも地域社会に出て環境の弊害(バリア)を取り除いて、できる限り自分の力で活動できるように整備が進んでいます。
具体的に
エスカレーターやエレベーターの増設・階段の簡易リフト・建物のスロープ・優先席(優先駐車スペース)・点字・視覚障害者誘導ブロック  などがあります。

①-4介護のユニットケア

特養を中心に介護業界ではユニットケアの考えが広がっています。ユニットケアはただ個室に分けることが重要なのではなく、個々の習慣やペースに合わせて個性と尊厳を大切にした介護を目指しています。一斉に起こしたり一斉に食事をしたり、行動や自由を制限することを辞めようという取り組みです。これはノーマライゼーションの考えであり、ノーマライゼーションを実現しようとする活動のひとつと言えます。

②「仕事の状態」に関する事例

②-1障害者雇用促進法

障がいのある人を雇いやすいように、企業が障がいのある人を雇用した場合に国から補助金がでるなど、障がいのある人が就労しやすいように条件を作ってくれています。

②-2シルバー人材

定年等で仕事を終えた年代の人たちの特技やできることを活かして仕事を受注します。高齢であっても仕事をして報酬を得るということができます。

②-3介護事業所の取り組み

ごく一部の取り組みではありますが、デイサービスやグループホームなどで利用者に施設外での仕事や役割を作るという取り組みがあります。例えば元大工の認知症高齢者でも立派な家具を作ったり修理したりして報酬を得たり、グループホームの住人が地域の見回りやゴミ拾いなどの活動に参加しています。こうした活動を通じてただ介護を受ける人ではなく、「助け、助けられの」同等の関係を築くことができます。

③「余暇の状態」に関する事例

③-1ガイドヘルパー

余暇の一番の課題は障がいにより移動が難しいというところです。ガイドヘルパーはそういった移動を支援する専門職です。家族や外出を支援してくれる人がいなくてもこうしたサービスを受けることで外出が可能になります。

④-2パラスポーツ

通常のスポーツのルールでは障がいのある人は参加できなかったり大きなハンデを負うことになります。しかし最近ではパラリンピックなどの注目によりパラスポーツ、障がい者スポーツというものが普及してきています。例えば視覚障害者の「ブラインドサッカー」や下肢障がい者の「車椅子バスケット」。他にも陸上、水泳、球技や格闘技などさまざまなスポーツが障がいの状態に合わせたルールで行えるようになっています。
パラスポーツの普及により競技人口も増えつつあり、「障がい者のスポーツ」という偏見を超えて新たなスポーツの分野として認められるようになってきています。

④-3障がい者・高齢者対応の旅行

障がいがあっても旅行できるサービスを提供してくれる旅行プランや、ボランティアによる旅行の付き添いという活動があります。広く普及しているとは言えませんが、障がいがあっても旅を楽しめるよういろいろな方法が考えられています。

④-4認知症サポーター

専門知識を有する講師がひらく講座を受講して認知症基礎知識や認知症の人が地域で困っている時の支援や関わり方を学びます。
認知症があっても住み慣れた地域で安心して暮らせる環境づくりを目指しています。

④-5宅配サービス

障がいによって外出が難しい状況であっても買い物を楽しむことができます。宅配弁当や宅配型スーパーの他、インターネットを利用した通信販売サイトもあり、家にいながら多数のジャンル・商品を選ぶことができます。

 

ノーマライゼーションの事例から見えること

ノーマライゼーションの現状

30年前の日本と比べて、ノーマライゼーaションは直実に成果を出して来ています。日本の社会がノーマライゼーションを急速に発展してきた背景には少子高齢化など日本ならではの問題も関係しています。
子供の数・人口の減少により働き手が足りなくなっているためより多くの人が働きやすい環境を整える必要が出てきています。また高齢化により社会保障費の問題や介護をする人手不足から、できる限り介護が必要にならない環境を整えることも急務となっています。

ノーマライゼーションと経済

ノーマライゼーションは障がいを持つ人や社会的弱者と呼ばれる人達の生活を変えることだけではなく、経済にも影響を与えています。
弁当や商品を届けてくれる宅配サービスは障がいのある人だけではなく、近くに販売店がない地域や共働きの家庭にも好評となり多くの人が利用するようになっています。
インターネットの普及もあり障がい者、高齢者を対象としたビジネスや、障がい者、高齢者の働き方も多種多様な可能性を考えられるようになってきています。
ノーマライゼーションは誰もが望む社会でありながらそれを実現できていないということは、その課題を解決していく方法から新しい経済活動やビジネスにつなげられる可能性がまだまだあるということにもなります。

 

まとめ

ノーマライゼーションの事例は幅広く書ききれないほどたくさんありました。今後の課題は障がいのある人とない人が同じように暮らすこととはどういう意味なのか。多くの人に理解を広めることが本当のノーマライゼーションの実現に繋がるのではないでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

ノーマライゼーションの意味って?介護との関係は?

インテグレーションって介護ではどんな意味?事例は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら