特養の看護師の役割とは?日勤と夜勤の違いは?

About-TaleMed-Nurse-Staffing-Healthcare

少子高齢化の問題に立ち向かうため、厚労省が打ち出した施策「地域包括ケアシステム」にも盛り込まれている、在宅医療と在宅介護の連携。もはやこの2領域は密接に関わり、交わっている部分も大いに認められます。施設という集合体は医療・介護の両分野により構成されていて、「地域包括ケアシステム」を具現化していると言えるかもしれません。今回は介護保険施設「特養」で、その中核を担う看護師についてお話ししたいと思います。

 

特養の看護師とは

介護保険サービスとして利用できる施設は「介護老人福祉施設=特別擁護老人ホーム(特養)」「介護老人保健施設(老健)」「介護療養型医療施設(療養病床)」があり、介護保険3大施設と呼ばれます。各施設は医師や看護師などの医療系職員や介護支援専門員(ケアマネジャー)や介護福祉士などの介護系職員により構成されていて、それぞれ人員配置の基準が異なります。介護保険3大施設の中でも「生活」に重きを置いている特養は、他の施設よりも医療系職員の割合が少なく、その分介護系職員を多く配置しています。

特養の人員基準

医師>必要数(非常勤可)
生活相談員>1人以上:入所者100人
介護職員および看護職員の総数>1人以上:入所者3人
看護職員>1人以上:入所者30人未満
2人以上:入所者30人以上50人未満
3人以上:入所者50人以上130人未満
入所者が50人増えるごとに1人以上追加:入所者130人以上
栄養士>1人以上
機能訓練指導員>1人以上
介護支援専門員>1人以上

人員基準には定められていませんが、他にも調理員・事務員(適当数)などが配置されています。また、上記で示されている看護職員とは「看護師」と「准看護師」を指しています。特養では、老健や療養病床と異なり、看護師の夜間常駐が義務付けられていないため、日中に限り看護師を配置している特養も少なくありません。

 

nurse_obasan

 

特養の看護師の役割と仕事内容

特養で看護師に求められるのは役割は「入居者の健康管理」であり、看護に関する業務全般を担う存在となります。以下、仕事内容の例を見てみましょう。

バイタルチェック

体温や血圧の測定などのバイタルチェックは介護職員でも行えますが、異変をいち早く発見するためには看護師の視点が必要です。計測結果を見て、薬の増減などを検討・決定するのは医療的判断に基づくので、医師に相談します。

服薬管理

医薬品の種類によっては介護職員でも服薬介助が行えますが、誤投与などの報告を受け、厚労省は「看護職員が服薬介助を行うことが望ましい」との通知を出しています。

褥瘡(じょくそう)処置

「床ずれ」を意味する褥瘡は、水分や栄養が不足していたり、寝返りができない高齢者に発症しやすいので注意が必要です。褥瘡部位に施されているガーゼ交換や水洗いなどは医療行為にあたらないため介護職員でも行えます。消毒や薬塗布は医療行為になるので、看護師が行います。

インスリン注射

介護職員によるインスリン注射の導入が打診されていますが、現時点では医療行為であり、看護師が行います。利用者が自身で打つ事は可能で、インスリンのメモリ確認などであれば、介護職員でも行う事ができます。

特養の看護師で日勤と夜勤の違いは?

通常、職員が順番に入る夜勤。月平均で4~5回と言われていて、「夜勤手当」がつくというメリットがあります。そのため、給与アップのために夜勤を志願したり、夜勤専属の職員枠を設けたりしている施設もあります。日勤と夜勤とで何が違うのでしょうか?「勤務時間」と「仕事内容」に分けて見てみましょう。

勤務時間

日勤・夜勤は、そのほとんどが2交代制で、極稀に3交代制を採用している事があり、そのどちらかによって勤務する時間帯が異なります。
2交代制の場合、日勤が「8時~17時(休憩60分)」で、夜勤が「16時~翌9時(休憩120分)」などです。夜勤の勤務時間が非常に長いという特徴があり、仮眠休憩が設けられています。
3交代制の場合、日勤が「8時~17時(休憩60分)」で、準夜勤が「16時~25時(休憩60分)」、深夜勤が「24時~翌9時」などです。どの勤務時間も同じく、実働時間が8時間となっています。
それぞれの勤務時間が重なる時間を作る事により、前後時間帯の勤務者同士で、申し送りや情報交換が行えるようになっています。

仕事内容

ユニット型(定員10人)の場合、夜間において2ユニットごとに1人以上の看護職員または介護職員を配置しなければいけません。看護師としての本質的な役割は日勤と夜勤とで変わりませんが、勤務体制が日中とは大きく異なるため、一層看護業務と介護業務を1人で行う機会が増えるかもしれません。
日勤時に利用者は、入浴や食事・レクリエーションを行っています。看護師はその間に健康管理に必要な看護業務を行いますが、夜間は利用者が寝静まるため、定期巡回や事務仕事がメインとなるケースが多く見られます。

注意点

医師の非常勤での配置が認められている特養では、医師が常駐していない事も珍しくなく、加えて常駐している看護師も少ないため、医療的ケアに関して看護師が頼りにされる機会が多いと言えます。そもそも介護色が濃いのが特養。その特徴は人員基準からも見て取れるため、看護師の希少性は上がるものの、介護業務量が大きいのも、特養が持つ性質の1つです。その特養で円滑な運営を図るために、医療・介護・リハビリなど他職種間の連携を図る事が、何よりも重要であると言われています。看護師は頻繁に、もしくは常時介護現場にいるため、各職種の橋渡し的存在として適任です。そのため介護職員に医療的視点からの意見を伝えたり、指示・指導したりできる立場でもあり、全体を見渡せる場所に位置しているのかもしれません。
そして、特養では夜間の看護師配置が義務付けられていないので、介護職員のみで夜間体制を整える施設も当然存在します。そのような状況の中で、「オンコール」という看護師の勤務形態があります。施設によっては「待機」と呼ばれるこの形態は、夜間緊急時に看護師が駆けつけられるようにしておく事。通常はオンコール用の携帯電話などを持ち帰り、自宅や施設近辺で待機している事が多いようです。

job_nurse_man

まとめ

医療・看護・介護などによる共同ケアを実施する特養。共同とは言え、当然看護と介護は別物で、法的に介護職員が踏み込めない領域があります。医療職員は医療的ケアを行い、介護職員は介護的ケアを行うなど、それぞれの領域を定めて上手に連結させられれば、本来の職務に集中できるのかもしれません。しかし、現状では施設の職員も不足しているため、実際には看護師が介護的ケアを行う場面も多々あるのです。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

特養ホームについて教えて!入居条件は?費用は?

特養と老健って何が違うの?入居条件は?費用は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら