介護予防・日常生活支援総合事業サービスコードについて教えて!

現在の日本における高齢者(65歳以上)の割合はおよそ27%以上で、「超高齢社会(21%以上)」の数値を遥かに上回っています。介護業界で問題とされている年、2025年には高齢者率は30%ほどまで膨れ上がると見込まれていて、5人に1人が後期高齢者(75歳上)となると言われています。
今回は、高齢者福祉事業に係る財政の逼迫を深刻に受け止めた政府が、国の経費削減の一貫として打ち出した「介護予防・日常生活支援総合事業」のサービスコードについて、お話ししたいと思います。

介護予防・日常生活支援総合事業サービスコードとは

H18年に創設された「地域支援事業」とは介護事業を地域へ移行する試みであると同時に、高齢者が住み慣れた町で自立した生活できるよう、市町村が主体となって行う介護保険の介護予防事業です。さらに介護保険法の改正により、H27年4月から施行された新しいサービス「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)」は、この「地域支援事業」の主軸の1つであり、H29年度末をもって、全都道府県で開始される事となっています。総合事業とは、対象者を要支援1・2または基本チェックリストにより認められたサービス事業対象者である高齢者に絞った「介護予防・生活支援サービス事業」と65歳以上の全ての高齢者(第1号被保険者)を対象とした「一般介護予防事業」に分ける事ができます。サービスコードが存在する「介護予防・生活支援サービス事業」では、ヘルパー(訪問型サービス)やデイサービス(通所型サービス)に加え、配食・見守りサービス(その他の生活支援サービス)を利用できる体制が敷かれています。
全ての介護保険サービスには「サービスコード」が割り当てられていて、各帳票や介護給付費を国保連に請求する際に必要なもの。「サービスコード」は「サービス種類」を表す2桁の数字や英字と、「サービス項目」を表す4桁の数字から成り、計6桁により何のサービスを指しているのか分かるようになっています。

 

rozin-kaigoshi-kazoku

 

介護予防・日常生活支援総合事業サービスコードの役割

介護保険のサービスは、訪問介護や通所介護、また総合事業などを含め、その数は実に60種類以上に上ります。そこからさらに各サービス項目としても細分化されるため、介護保険サービスの利用にあたって作成が義務付けられているケアプラン(第7表=サービス利用票別表)や国保連に提出する介護給付費明細書などのサービス内容欄には略称が使用されています。しかし略称と言えども、サービス内容によっては非常に長々しく記載する事になります。訪問介護を例に見てみましょう。
訪問介護で「30分未満の身体介護に引き続き20以上45分未満の生活援助」を行った場合、「身体1生活1」との略称を用います。それに加え、「訪問介護事業所のサービス提供責任者(ヘルパー長)の所有資格が初任者研修修了者である場合の減算」「事業所と同一建物の利用者にサービスを提供する際の減算」「介護職員2人で行う場合の加算」「朝6時~8時・夜18時~22時に行う朝夜加算」を追記すると、「身体1生活1・初任・同・2人・夜」となります。これをサービスコードで表すと「114903」となり、サービス利用票別表のサービス内容欄の右側に記載されます。
サービスコード「114903」は、「11(種類)」=訪問介護、「4903(項目)」=各サービスの詳細を表しています。総合事業にも同様にサービスコードがあり、サービス内容の煩雑な文字列を簡素化していると言えるでしょう。

 

介護予防・日常生活支援総合事業サービスコードのポイント

「介護予防・生活支援サービス事業」には「訪問型サービス」「通所型サービス」「その他の生活支援サービス」があり、またそれに係る「介護予防ケアマネジメント(総合事業におけるケアマネジメント)」にもそれぞれ「A」から始まるサービスコード(種類)が割り当てられています。

訪問型サービス(みなし)→A1

内容:現行の介護予防訪問介護サービス相当
事業者:みなし指定事業者(介護予防訪問介護事業者)
単位数:国が決定
利用者負担:定率

訪問型サービス(独自)→A2

内容:現行の介護予防訪問介護サービス相当
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

訪問型サービス(独自/定率)→A3

内容:市町村が独自に規定する訪問介護サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

訪問型サービス(独自/定額)→A4

内容:市町村が独自に規定する訪問介護サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定額

通所型サービス(みなし)→A5

内容:現行の介護予防通所介護サービス相当
事業者:みなし指定事業者(介護予防通所介護事業者)
単位数:国が決定
利用者負担:定率

通所型サービス(独自)→A6

内容:現行の介護予防通所介護サービス相当
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

通所型サービス(独自/定率)→A7

内容:市町村が独自に規定する通所介護サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

通所型サービス(独自/定額)→A8

内容:市町村が独自に規定する通所介護サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定額

その他の生活支援サービス(配食/定率)→A9

内容:市町村が独自に規定する配食サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

その他の生活支援サービス(配食/定額)→AA

内容:市町村が独自に規定する配食サービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定額

その他の生活支援サービス(見守り/定率)→AB

内容:市町村が独自に規定する見守りサービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

その他の生活支援サービス(見守り/定額)→AC

内容:市町村が独自に規定する見守りサービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定額

その他の生活支援サービス(その他/定率)→AD

内容:市町村が独自に規定するその他のサービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定率

その他の生活支援サービス(その他/定額)→AE

内容:市町村が独自に規定するその他のサービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:定額

介護予防ケアマネジメントサービスコード表→AF

内容:国が規定するケアマネジメントサービス
事業者:市町村が指定した事業者等
単位数:市町村が選択
利用者負担:なし

 

koureisya-komatta

 

まとめ

介護保険サービスを利用される高齢者には馴染みの少ない「サービスコード」。特に開始されたばかりの総合事業においてはその内容もさることながら、さらに知られていないのが現状です。しかし、ケアマネージャーから配布されている書類には記載されているもので、その詳細を把握しておく事は、受けているサービスの理解に繋がり、ひいては自身の状態を客観視できるきっかけになるかもしれません。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

見守りサービスはどんなのがあるの?種類は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら