社会福祉士になるにはどうしたらいいの?向いてる人、向いてない人は?

socialWorker

社会福祉士は、名称独占の国家資格で、国家資格の中では難関な国家試験を通り抜けてきた人がなることができます。

社会福祉士は、福祉サービス等につなげていくコーディネーターであり、悩んでいる人の問題をサポートしてくれる心強い相談役と言えます。福祉関係でほとんどの場所で、社会福祉士は活躍しています。大切な役割を担う社会福祉士の仕事について調べてみました。

 

社会福祉士ってどんな仕事?

社会福祉士とは?

社会福祉士は、専門的な技術を用いて、ケガや病気、もしくは生まれつき障害がある人に対して、日常生活を送る上において支障がある場合に相談に応じて、助言や指導を行い、福祉サービスやその他の職種、行政機関などに連絡をして調整をし、日常生活を送れるようにサポートする仕事です。

また、介護施設に入居する際や退去する際の相談や生活保護を受給する際の相談、障害者自立支援給付の補助金についての相談、訪問介護を受ける相談、デイサービス等を受ける相談、病院の入院相談や退院の時の相談など、相談内容は多岐にわたります。

社会福祉士の役割り

社会福祉士には、福祉課題を抱えた人からの相談に応じて、福祉サービスが利用できるよう連絡して支援し、自ら福祉課題の解決ができるように支援します。また、利用者が自分らしい生活を送れるように、福祉関係者や医療関係者、ボランティアなどに連絡をして、連携を図り、自分で解決できない課題を関係機関の担当者につなげるようにサポートをします。

また、地域の福祉関係の課題を把握し、社会資源の調整や開発、ネットワークを構築することなど、地域の福祉に貢献します。

社会福祉士が勤務する場所

社会福祉士が活躍している場所は、障害者支援施設が最も多く、ついで介護老人福祉施設、介護老人保健施設、児童福祉施設、身体障害者施設、保護施設、医療関係、社会福祉協議会、社会福祉事務所、自治体などがあります。

自治体の公務員として雇われる場合は、生活福祉課、高齢福祉課、児童福祉課などで、地域の人の相談に応じて、必要な課題を把握して必要なサポートを行います。

 

medical_seishinka_woman

 

社会福祉士になるには

社会福祉士になるためには、国家試験に合格したあと、社会福祉士の国家資格を取得できます。国家試験の受験者数は4万5千人前後で、合格率は25%と低いため難関試験となっています。国家試験を受験するためには、次のルートを経なくてはなりません。

4年制福祉系大学または4年制一般大学のコース/

●4年制の福祉系大学で指定科目を修了卒業または卒業見込みの者
●4年制の福祉系大学で基礎科目を卒業し、6カ月以上の短期養成施設で指定科目を修了、または終了見込の者
●4年制の一般大学を卒業し、1年以上の一般養成施設で指定科目を修了、または修了見込みの者

3年制福祉系短期大学または3年制一般短期大学のコース

●3年制の福祉系大学で指定科目を修了、卒業し、1年以上の相談援助実務についた者
●3年制の福祉系大学で基礎科目を修了、卒業し、1年以上の相談援助実務についた後、6カ月以上の短期養成施設で指定科目を修了、または卒業見込みの者
●3年制の一般短期大学を卒業し、1年間の相談援助業務についた後、1年以上の一般養成施設で指定科目を修了または修了見込の者

2年制福祉系短期大学または2年制一般短期大学のコース

●2年制の福祉系大学で指定科目を修了、卒業し、2年以上の相談援助実務についた者
●2年制の福祉系大学で基礎科目を修了、卒業し、2年以上の相談援助実務についた後、6カ月以上の短期養成施設で指定科目を修了または修了見込みの者
●2年制の一般大学を卒業し、2年以上の相談援助実務についた後、1年以上の一般養成施設で指定科目を修了または修了見込の者

その他のコース

●児童福祉士、身体障害者福祉士、査察指導員、知的障害者福祉士、老人指導福祉主事として4年間実務についた後、6カ月以上の短期養成施設で指定科目を修了または修了見込みの者
●社会福祉主事養成機関を修了し、相談援助実務に2年以上ついた後、6カ月以上の短期養成施設で指定科目を修了または見込みの者
●相談援助実務に4年以上ついた後、1年以上の一般養成施設を修了または終了見込の者

社会福祉士国家試験の概要

●試験日

毎年1月下旬から2月上旬

●試験地

全国21か所の都道府県

●合格発表

毎年3月

●試験科目

筆記試験の科目(19科目)

全員が受ける科目

社会調査 の基礎、相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法、福祉サービスの組織と経営、高齢者に対する支援と介護保険制度、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、就労支援サービス⑲更生保護制度

●合格基準

合格基準は、問題の総得点の60%ほどを基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点で、18科目全てにおいて得点があったものが合格としています。試験の配点は1問1点150点満点です。試験科目の一部免除を受けた受験者は配点が1問1点の67点満点となります。

共通科目が免除される要件

精神保健福祉士の資格を持っている人は、次の共通科目が免除される

人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、障害者に対する支援と障害者自立 支援制度、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療 サービス、権利擁護と成年後見制度

社会福祉士に向いてる人、向いてない人

社会福祉士に向いている人

社会福祉士は、相談する人の話をしっかりと聞いて、相手の問題を良く見極め、その問題の解決に向けて動きます。向いている人は、人の話をしっかりと聞くことができて、相手の話の焦点を見極めることができる人です。
相手が何を知りたい、または必要で、何をこちらに求めているのかを見極めるだけでなく、そのことに対して、情報を相手に与えられるだけの知識が必要です。介護サービスが必要なら、介護サービスについての情報、生活保護が必要なら生活保護に対する情報など、必要な情報が提供できるように、知識を広く持っておかなくてはなりません。

相談されたことに対して、わかりやすく説明できるようなコミュニケーション能力も求められます。相談は地域の人、高齢者、障害者、児童など様々な人の相談に乗ります。人と接すること好きな人が社会福祉士の仕事に向いています。

社会福祉士は、他職種とかかわりを持たなくてはなりません。ネットワーク作りができる人で、向上心があり、相談相手の知りたい情報に関してしっかりと調べて、相手のニーズを最後まであきらめないで関われる人が社会福祉士として向いています。

社会福祉士に向いていない人

社会福祉士に向いていない人は、人づきあいが苦手で人と話すことも苦手な人です。社会福祉士は他職種と連携を取らなくてはいけないので、人間関係をうまく構築できない人は、社会福祉士としての業務がストレスになるでしょう。

社会福祉士は言われたこと以上のことをしなくてはいけないので、事務的な仕事しかしない人や人を思いやることが苦手な人は、社会福祉士として向いていないでしょう。相談相手は、社会で弱い立場にある人です。その人たちの話を親身になって聞いて、思いやりを持って接することが必要になります。

counselor

まとめ

社会福祉士の資格を持っている人は、それ以外の資格をも併せ持っている人が多いです。社会福祉士の資格を持っていても、ケアマネージャーや介護福祉士、精神保健福祉士などを持つ人は、後者の仕事を主にしている人もいます。社会福祉士の仕事を求められている人数は、1施設1人、1病院1人と多くはありません。しかし、今後、ますます社会的弱者が増えることが予想されるので、社会福祉士のニーズも増えていくと考えられます。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士の大学って?国公立?大学を選ぶポイントは?

社会福祉士の就職先ってどんなところがあるの?公務員もあるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら