社会福祉士の専門学校って学費は?選ぶポイントは?

年齢に関係なく色々な物を学びたい気持ちを持っている方は多いと思います。学び方も通信教育や専門学校等規模も種類も多様多種にあります。その中で今回は社会福祉士の専門学校について選ばれる時の為の情報として紹介いたします。

 

社会福祉士の専門学校とは

社会福祉士の資格を取得する為の受験資格を得るには次のような方法がありますが、その中でも今回は専門学校について紹介致します。

社会福祉士受験資格習得ルート

①福祉系大学等(4年)
福祉系大学等(4年)とは、指定科目または基礎科目を履修できる学校のことです
[大学の範囲] ・大学
・大学院への飛び入学
・大学院
・専修学校(修業年限4年以上の専門課程)

②福祉系短大等(3年)
福祉系短大等(3年)とは、指定科目または基礎科目を履修できる学校のことです
[大学の範囲] ・短期大学(修業年限3年)
・専修学校(修業年限3年以上の専門課程)
・各種学校(修業年限3年以上、大学に入学することのできる者を入学資格できるものとします。

③福祉系短大等(2年)
福祉系短大等(3年)とは、指定科目または基礎科目を履修できる学校のことです
[大学の範囲] ・短期大学
・専修学校(修業年限2年以上の専門課程)
・各種学校(修業年限2年以上、大学に入学することのできる者を入学資格とするもの

④一般大学等(4年)・一般短大等(3年)・一般短大等(2年)

⑤社会福祉主事養成機関
社会福祉主事養成機関(昼間課程、夜間課程)は、修業年限2年以上の学校が指定されて います

⑥短期養成施設・一般養成施設(通信過程)

http://www.sssc.or.jp/shakai/

社会福祉士の資格を取得するためには、「社会福祉士国家試験」に合格することが必要です。受験資格を得るためには上に挙げたルートがあります。高校卒業から最短で社会福祉士取得を目指せる4年制のソーシャル・ケア

学科。4年制大学卒業(卒業見込み)日本国内の大学院修了(修了見込み)もしくは最終学歴に応じた実務経験から目指せる、一般養成施設ルートの社会福祉士養成学科(昼間通学1年制)・養成科(夜間通学1年制)、または通信課程(1年6ヶ月)のコースがあります。 専門学校も第13号から第1の範囲っみ入ってきます。

 

 

computer_couple

 

 

社会福祉士の専門学校の内容

殆どの介護・福祉系の学科がある専門学校では、介護福祉士として必要となる専門知識や技術の修得のため、基礎から応答まで、プロの技術を学びます。 介護する側とされる側の両方の立場から、移動や食事、排泄や入衣服の着脱など、日常生活全般の介護方法を学びます。 また、高齢者の健康を維持するための食事やさまな症例に応じた食事療法、栄養学や調理方法も含め高齢者の衣・食・住に関わる実習を中心に学んでいきます。

現在介護・福祉を学科の中心としている介護・福祉系専門学校は全国に50校ちかくあります。授業内容は殆ど上記の内容が多いようです。各専門学校の特徴を出すには「実習内容」と「国家試験対策」にどれだけ時間をかけているかによります。

 

社会福祉士の専門学校ランキング

このランキング有名進学塾と口コミからの情報を総合的に評価したもので日本に社会福祉士の学科のある専門学校は上の学校数の2倍近くはあります。これから社会福祉士を目指される方へ、学校を選ぶ際のポイントを紹介しますので選考されるときにぜひ参考にしてください。

選ぶポイント

① 専門学校の資料を集める

集める際のポイントとして、ある卒業生の「就職動向」「就職率」 上の表の学校で100%の卒業生が就職している学校もあります。更に一番の問題は「社会福祉士の国家試験の合格率」です。その二つの項目をしっかり抑えることによって学校も 選別できると思います。

② 体験学習

取り寄せた学校案内で評価、決定は絶対にしてはいけません。資料の写真や内容は古い資料が使用されている場合がありますので決定などはされないと思いますが絶対NGです。

③ 体験学習で生徒さんに直接内容などを聞くのも方法の一つです。

④ 運営母体に注目

運営する遺体が病院なども経営している所は、現場実習の精度も髙いかと思われます。

⑤講師陣に注目

授業する講師は不足していないか、常勤講師と非常勤講師の割合、非常勤が多い学校は講師が色々な学校を掛け持ちしているので休講などの割合が多くなる事があります。

専門学校、大学、短大いづれのルートでどのコースをとっても最後は国家試験です。学校はサブで主役は自分ですので勉強をさぼると結果は「不合格の烙印」が押される結果にならなないように自分自身も奮起してください。

 

夜間でもいける社会福祉士の専門学校

社会福祉士になれる夜間専門学校とは

社会福祉士になるには指定科目を履修できる大学または短大の卒業かその他の大学または短大を卒業後1年以上の一般養成施設等で学ぶ必要があります。(短大の場合は実務経験も必要)。夜間の社会福祉士専門学校は「一般養成施設等」に当たります。夜間の短い時間、1年程度の期間で学習を行います。

社会福祉士になれる夜間専門学校に入る条件

通常は社会福祉士に関わる大学または短大を卒業して得られる受験資格が夜間の短い時間、1年という短い期間で得られるわけがありません。「一般養成施設等」に当たる夜間の専門学校で社会福祉士になるためには以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。
「4年生大学を卒業か卒業見込み」
「2年制短大卒業で実務経験2年以上」
「3年生短大卒業で実務経験1年以上」
「実務経験4年以上」

授業の時間と内容

学校によって多少の違いはありますが授業の時間帯として18:00頃~21:00頃、登校日は月曜日~金曜日の週5日、在学期間は1年間という授業形態が多くなっています。在学中に受ける授業はカリキュラムを1200時間程度、実習は180時間程度が目安として挙げられます。

夜間の学校で社会福祉士を目指すには

夜間を選ぶ利点としては日中仕事や別の学校に通っているなどなんらかの掛け持ちをしながら学べるという点です。既に社会人になってからですと経済的に厳しいという状況もあるかと思います。多くの学校で奨学金制度や資格取得後一定期間働くことで返済が免除になる学費サポート制度などを行っています。気になる学校があればそういった制度を取り扱っているか調べてみることで経済的な問題をクリアできることもあります。

 

注意点

介護福祉士の学校を選ぶ事が注意点のひとつでもりまます。そのほかには・・・・・・

① 学校選びと合格率

社会福祉士・精神保健福祉士・言語聴覚士の合格率や、日本福祉教育専門学校の国家試験受験対策などを確認することができます。

② 卒業後の就職先

ご自分の希望する職種に就けるかなど、入学してからアンマッチがおこらないように入学前にしっかり確認することができます

③ 卒業迄の総費用

授業料のほかにかかる総費用の確認のほか、奨学金・教育ローン・学費減免制度や奨学金制度など、学費に関する質問にすべてお答えします。

④ 仕事と授業の両立は可能か

忙しい社会人が、仕事をしながら夜間通学して、国家試験合格までの道のりを、夜間部専任講師が現在の在校生の様子も含めてリアルにお答えします。入学前にしっかり確認して、仕事と勉強の両立をスタートさせましょう。

今回は、紹介致しませんでしたが卒業して社会福祉士の資格証が手元にくるまで、かなりの費用も掛かります。時間と費用をかけて合格しなければ、チャンスは1年後でまた時間と費用が掛かりますので1回のチャンスをものにして社会福祉士として活躍してください。

 

 

d3811b10

 

 

まとめ

社会福祉士に色々な分野の問題や解決を行うことになります。その経歴は介護福祉士やケアマネージャーさえ経験できないことです。

その為には「難関の国家試験」のハードルを超えなくてはなりませんが。超えたその地点には多くの人が貴方の力に期待しています。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

社会福祉士の大学って?国公立?大学を選ぶポイントは?

言語聴覚士の専門学校について教えて!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら