日本全体でみた高齢者の割合って?過去と現状は?

毎日の生活の中で、高齢者というワードを聞かない日や、みない日はない事だと思います。これから高齢者は更に増加することは確実な事です。現在日本の人口は約1億2000千万人いますが、その日本の総人口で高齢者の比率が年々大きくなってきています。今後日本の高齢者はどのようになっていくのかについて紹介させて頂きます。

 

高齢者の割合とは

日常生活の中で高齢者というワードはよく使われていますが、では何歳から高齢者と呼ばれる年齢かはご存知ですか?世界的には国連では65歳で、世界保健機構(WHO)では60歳で、日本では介護保険適用年齢の65歳が基準になっていますが、日本老年学会と日本老年医学会による高齢者の考え方として現在の日本人の世界トップクラスの平均寿命の高さから判断して次のように区分される事が現実性に伴っているとの考えに成ってきています。
65~74歳   准高齢者   pre-old
75~89歳   高齢者     old
90歳~     超高齢者   oldest-old, super-old

日本人の平均寿命

このように平均寿命がの年々伸びることにより、本来の高齢者と呼ばれる位置づけを変える事もあり得るようにに思います。

 

 

mig

 

 

高齢者の割合の分布

先の項目で紹介しましたように日本人の平均寿命は延びて高齢者が益々増えて来る状況の中で、では新しく世の中に誕生する子供の出生状況はどうか見てみましょう。

厚生労働省によると、平成24年の日本の合計特殊出生率は1.41人でした。日本では1960年の合計特殊出生率2.0人から、50年ほど経過して7割ほど減少しています。現在の日本の少子化の問題は合計特殊出生率が1.41人と低い事が原因でも有ります。

*「合計特殊出生率とは15-49歳の女性が、生涯で出産する子供の人数」のことです。子供を出産する意志の有無や病気による不妊の影響は関係なく、15-49歳の全女性が対象になります。

[平成の合計特殊出産率推移]

日本の人口は昭和18年の戦争で多くの国民を失い総人口も一時的に減少しましたが、日本人の底地力で昭和39年には東京オリンピックの開催や新幹線を敗戦からわずか19年で成し遂げ、人口についても昭和22年~29年の第一次ベビブームと昭和48年の第二次ベビーブームでは現在ではあまり聞かない出産数が200万を超える時代もあり、そのベビーブーマー達が現在70歳近くの団塊世代になります、昭和初期はまだ家庭も外でも人があふれていた時代でもありました。それが、平成へと時代が変わると人口や家庭環境も様変わりして、平成元年は1.57人と平成に入ってからは最も高い出生率ではありましたが平成28年までの出生率をみると平成元年の数値を超えた年はなく平均1.4くらいで推移しています。上のデーターでお判りのように第一次、2次ベビーブームに生まれた人達が高齢化になってきます。一方では出生率が年々下降してきている事で「少子高齢化」なる事は理解できると思います、今後政府は更に子育て支援に力を入れて女性が子供を産み、子育てを安心して育てる事ができるような社会を築いていかない限り、少子化は永遠の課題となります。

日本の人口に対する高齢者比

現在日本は少子高齢化が著しい状況にあります。現在の日本の総人口は1億2000万人を超える水準ですが、高齢者の割合は4分の1を超えています。65歳以上の人数で見てみると3400万人です。70歳以上だと約2700万人でかなり高齢化が進展している状況で、今後もこの傾向が続くとの見方が強いです。80歳以上でも1000万人を超えています。平均寿命の伸びが高齢化と大きく関係しており、戦前までの日本では平均寿命が男女ともに50歳未満でしたが、現在では男性が約81歳、女性が87歳です。日本は世界第二位の長寿国であり、戦後の衛生環境や医療技術の進歩が大きく関係しています。この状況から推測して近い将来に総人口の半数以上が高齢者の日本になるときは足早に近づいてきています。

高齢者の割合の過去と現状

総人口に占める高齢者人口の割合は「平均寿命」「医療技術の発展」「保険制度の充実」の項目が関連性として最も高く日本の高齢者が増加し始めたのもこの3つの項目が整備・確立されたことにあるかと思われます。そこで日本の人口の中で65歳以上の高齢者の推移を見てみましょう。

日本の人口と高齢者の比率

(単位:千人)
[年 度] [総人口] [男性] [女性] [高齢者] [総人口比%] 昭和22年(1947年)  83,240 41,861 65,415 4,747 5.3  ※第一次ベビーブーム
昭和35年(1960年)  93,419 45,078 47,541 5,349 5.7
昭和40年(1965年)  93,275 48,204 50,031 6,801 6.3
昭和45年(1970年) 103,720 50,918 52,802 7,310  7.0  ※第一次ベビーブーム
昭和50年(1975年) 110,940 55,091 56,849 8,837  8.0
昭和55年(1980年) 117,060 57,594 59,457 10,610 9.1
昭和60年(1986年) 121,049 59,497 61,552 12,352 10.2  *バブル期
平成 6年(2014年) 124,069 60,839 63,230 19,640 14.2
平成16年(2004年) 127,757 62,341 65,416 26,876 19.5
平成26年(2014年) 127080 81,801 65,282 33,000 26.0

http://shouwashi.com/transition-overallpopulation.html

上記のデータでもお分かりのように総人口に対しての高齢者の割合が増加してきます。その要因は次のような事が考えられます。

昭和60年頃を境に子供の出生率も下降してきます。それは日本の家族形態や夫婦の形が変わってきたことにあると思われます。当時はバブル期で子供を持つより高額な給与を得て、好きな事をしたい夫婦がはやったものです。よく使われた言葉で「ダブル・インカム・ノーキッズ」という2人で働きそれぞれの収入で生活を楽しみ子供は持たない夫婦形態が「増えてきました。
この時期に医療技術の発展が始まり「高度医療技術センター」で最新の医療技術で助けられた人達も多くおられた事だと思います。

新しい病気の発症

新種の癌や認知症、パーキンソン病等を発病する患者がこの時期くらいから増えてきており現在日本で「難病指定」される病気だけでも300以上はあります。

都道府県別高齢者比率

平成27年度都道府県別の高齢者数トップテンを紹介します。

[順位] [都道府県]  [都道府県] [高齢者人口]    [高齢化率(%)] 1位 東京都 13,515 3,006 22.7
2位     大阪府 8,839 2,278 26.1
3位   神奈川県 9,126 2,158 23.9
4位    埼玉県      7,267 1,789 24.8
5位    愛知県      7,483 1,761 23.5
6位    千葉県 6,223 1,584 25.9
7位    北海道      5,382 1,558 29.1
8位   兵庫県 5,535 1,482 27.1
9位    福岡県 5,102 1,305 25.9
10位   静岡県 3,700 1,021 27.8

高齢者の割合のこれから

■「高齢者人口」のピークは2041年!

2017年現在、「高齢者人口は3296万人、総人口に占める割合は25.9%になっています。外を歩けば4人に1人は高齢者、そんな時代です。これが今後さらに増え2025年問題に発展するのですが、その鍵を握るのが団塊ジュニア。第2次ベビーブーム世代と言われる人たちです。

2023年に彼らが50歳を迎える時、その親である団塊の世代はすでに後期高齢者。まずは親子揃って「50歳以上」にカウントされます。そして15年後には彼らも前期高齢者。団塊の世代と団塊ジュニアがそろって高齢者になるこの頃が高齢者人口のピークだと予想されています。

高齢者人口は2040年頃のピークを境に減少していきます。ですがこのまま出生率が下がり続ける限り、高齢者の「割合」が下がることはありません。しかも今後予想されるのは、さらにその大半が支援なしでの生活が難しい後期高齢者だということです。これは高齢者1人に若者1.3人、というほぼマンツーマンで支えていくことになります。
そしてほどなく訪れる高齢者人口4割の時代。日本の高齢化は、世界のどの国でもいまだ経験したことのないレベルを突き進んでいきます。

image12

まとめ

昔は外で遊ぶ子供たちの声が聞こえてきたものですが、これからは高齢者のささやきか、うめき声しか聞こえないような高齢者大国になる恐れは、ないとは言えない社会環境になっている事は今までの説明で分かっていただいた事だと思います。そんな世界の事は忘れ「今日を楽しく思い出の日」にして「今日の日の為に生きる」という考え方もありかもしれません。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

高齢者って英語でなんていうの?高齢化社会の英語を学ぶ!

高齢者の熱中症はどうしたらいいの?原因と症状は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら