高齢者介護についてまとめてみる!現状と課題は?

p34wmvto-Best-Investment-Schemes-for-Senior-Citizens-in-India

現在の介護業界では在宅介護、特養(特別養護老人ホーム)等の施設介護も介護現場においては、介護職員は懸命に限られた人数で利用者に対してサービスを提供していますが現状の介護業界の実情では利用者に対してこれ以上の満足いくサービスができない環境でもあります。
特に高齢者介護についての問題点や今後の展望について紹介させていただきます。

 

高齢者介護とは

この国の高齢者介護は人口の高齢化という言葉が一般的になりだしたばかりの1963(昭和38)年に現在の高齢者介護の基礎となる、老人福祉法が制定されました。
以降の歩みをみても、70年代の老人医療費の無料化、80年代の老人保健法の制定、90年代福祉8法の改正・ゴールドプランの制定等、高齢者介護に対しての対策が年々制定、施工されてきました。
その間にも国内の人口の急速な高齢化が進む中で、その時代、時代の高齢者介護への要請に応えながら発展してきました。高齢者介護のこれまでの集大成が。2000(平成12)年4月から実施された介護保険制度で、高齢者介護の為に作られたっても過言ではありません。
権利の保障、保健・医療・福サービスの一体的提供など、高齢者介護の歴史においても時代にあった改革です。
介護保険制度の導入によって高齢者介護のあり方は大きく変容しつつあります。高齢者介護にとって介護保険の施工により安心した介護生活がおくれるようになりました。
その介護保険の導入や医療技術の高度化等で高齢介護者も含めて日本の高齢者の平均寿命も延びこれからは更なる高齢介護者の人数は増加してきます。
そのような結果が予想される中での介護保険や介護離職者、介護難民といった人たちが増え続けることに対する対策はあるのでしょうか?

 

group_old

 

高齢者介護の現状と課題

高齢者の人数推移

現在に至るまでの高齢者介護の実情はわかっていただいた事でしょうか。
高齢者介護の増加の背景には日本人の平均寿命が大きく関係してきます65歳以上の高齢者人口は3186万人(平成25年9月15日現在推計)で総人口に占める割合は25.0%となり、人口、割合共に過去最高となりました。前年(3074万人、24.1%)と比べると、112万人、0.9ポイント増と大きく増加しており、これはいわゆる「団塊の世代」(昭和22年~24年の一次ベビーブーム期に出生した世代)のうち、昭和23年生まれが、新たに65歳に達したことによるものと考えられます。
高齢者人口の総人口に占める割合は、昭和60年に10%を超え、20年後の平成17年には20%を超え、その8年後の25年に25.0%となり、初めて4人に1人が高齢者となりました。 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この割合は今後も上昇を続け、平成47年には33.4%となり3人に1人が高齢者になると見込まれています。

それに伴って高齢者介護の需要は上昇していきます。現状の介護業界の実情を見てみると在宅介護の中心となる介護ヘルパーの平均年齢は55歳を超えている状況で更に現在政府主導で進められている「新オレンジプラン」では施設から、住み慣れた町、自宅での生活を目標に掲げていますが、それまでに現在でも大幅な人材が不足している中でこのプロジェクトは本当に高齢者介護として機能を果たすことができるのでしょうか。

高齢者介護のポイント

[ポイント1]

年を重ねると誰もが心身に衰えがみられますが、他人に干渉されたくない面倒をかけたくないなど、特に高齢者はプライドが残っていることが多いのも事実です。
ホームヘルパーや介護職は、利用者の表面上の言動だけでなく、内心にも注意を払い理解する努力が必要になります。高齢者介護のお宅を訪問すると、部屋にあるものが乱雑になっているように感じることがありますが、利用者本人からすれば、すぐ必要なものを取れるように、動きやすいようにということを考えて物を置いている結果である場合も考えられるため。利用者にきいて作業しないと利用者のプライドを気付つけてしまいます。介護職は自分勝手に判断して家具や物の置き場所を変えたりすることは禁物です。体が不自由で動かせないために、やむを得ず物を放置する結果となっている場合もあるため、本人に確認し同意を得ず、介護職が自分勝手に片づけたり、移動したりする行為はやらないようにしやほうがいい事もあります。

[ポイント2]

物の移動だけでなく、掃除やゴミ捨てであっても、利用者本人に声掛けをして意向や要望を聞いてから行動に移すという基本を守ることがポイントです。
高齢者は、他人から助けてもらうことを好まず抵抗感を持っている方も少なくないので、高齢者への介護や援助を行う際は、本人のプライドや考えを尊重しながら行うことがポイントです

 

高齢者介護のこれから

■介護現場での介護職は今後どのくらい不足するか

2025年にむけて高齢者の数に対して、介護士の数が足りません。このままだと充実した高齢者介護にはならないと予測されています。更に高齢者の余暇には、高齢者の為の心のケアが必要です。介護士が足りないと、すぐに施設に入る事も出来ません。あとは、心の病を治すことが必要な方も多くいらっしゃいます。もう一回心を安らかにして、病を治すことが大事です。その為にも、介護士のみならず看護師が必要です。

■今後介護職はどれだけ不足するのか

2025年には、全国で約40万人が不足しています。厚生労働省の推計によると、必要とされる介護人材は253万人。それに対してこれからさまざまな施策によって実際に供給できる人材は215.2万人。つまり、37.7万人の人材が不足することになります。

■老人介護の充実

高齢者介護を充実させるためには、介護予防・リハビリテーションの充実が課題のひとつとなっていくと思われます。あとは、高齢者介護の見方を変えた、新しいシステムも必要と思われます。「高齢でも元気!」という状況になっていく為には、早期のケアも大事です。やはり育ったところや、現在住んでいるところで介護をうけた方がいいと思います。私の祖母は他県に住んでいましたが、どうしても石川県へ帰りたいという希望があり、石川県で高齢者介護をうけました。

■高齢者介護の為の施設

高齢者介護の対象者は色々な問題を共に相談しあえる人や施設が必要になります。孤独感にならないような心を打ち明けれる施設や人ができれば案視した毎日を送ることができるでしょう。もっと応援してくれる人々が必要です。もっというなら施設にバリエーションがあればいいと思います。あとは、医師がいる施設がもっと増えればいいと思います。地方の方が高齢者施設や入院病床が都心部に比べてゆとりがある傾向があります。
優しい高齢者介護を目指すなら、地元や地方での介護を考えることも必要かもしれません。

grouphome_toha

 

まとめ

今回のテーマの高齢者介護は誰での生活の環境は違っていても必ず直面する問題です。

北欧等の福祉世界一と呼ばれている国では、「老後の心配」というものがありません、何故ならゆりかごから墓場まですべてが国民の為に政府かあるようです、ゆえに「幸せ度No1と呼ばれる意味がわかるように思われます。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

高齢者を疑似体験して介護に活かす!メリット、デメリットは?

高齢者の特徴を知って介護に活かす!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら