理学療法士になるにはどうしたらいいの?向いてる人は?

StretchingwTrainer

理学療法士は、身体機能を回復、維持するリハビリテーションを行う大切な役割を持つ仕事です。理学療法士は、麻痺や障害などの機能を回復、維持、スポーツ選手の機能回復、向上など、リハビリテーションの専門職です。理学療法士は、高齢化社会を迎えて、これからますます必要とされる職業といえます。

 

理学療法士ってどんな仕事?

理学療法士は、病気や事故、ケガ、過度の運動や加齢などにより、身体の機能に障害を持った人に対して、医師の指示のもとに理学療法を用いて身体機能の回復や維持をしていく仕事です。

理学療法とは、PT(Physical Therapist)ともいわれています。身体機能の回復や維持とは、寝返る、起き上がる、座る、立ちあがる、歩くなどの日常で行う基本動作の改善や維持のことで、温熱療法や物理療法を用いてリハビリテーションを行います。

障害のある子供に対しても成長に合わせた動作機能の回復のための大人だけでなく、リハビリテーションを行っています。また、事故などで入院していた人が在宅で生活ができるように在宅を訪問して機能訓練等も行います。

政府のかかげる施策として、高齢者に対して介護予防を推進していて、身体機能が衰えてしまう前に予防するため、適度な運動で筋力をつけ、健康を維持して、寝たきりにならないようにとリハビリテーションを取り入れているデイサービスなどへの加算評価がなされています。

また、家で閉じこもりがちな人に対して、メリハリのある生活ができるようになり、生活の質が上がるようにも支援していきます。仕事先は、病院の外来、病棟でのリハビリ、高齢者施設内でのリハビリ、障害者施設内でのリハビリ、デイサービスでのリハビリ、在宅訪問をしてのリハビリ、プロスポーツチームでのリハビリ等です。

就職先で最も多いのは医療関係で、病院が6割近く、その他の医療関係が2割近くを占めます。

1460076657-1

 

 

理学療法士になるには

理学療法士になるには、理学療法士の指定の養成施設や学校で3年以上、理学療法士に必要な技術や専門知識を身に着けて、国家試験を受けると、理学療法士の国家試験受験資格が得られます。

理学療法士国家試験受験資格のルート

理学療法士の国家試験のルートは次のようになっています。

大学や短期大学、指定の専門学校は、全国で250校あります。

理学療法士の国家試験について

●試験日

毎年2月下旬~3月上旬

●試験内容

筆記試験は、一般問題と実地問題があり、重度視力障害者に対しては実地問題は行われず、点字・試験問題の読み上げ、またはその併用による受験を認めています。

・一般問題

解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法

・実地問題

運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法

口述試験及び実技試験は、重度視力障害者に対して実地問題に変えて運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法で補う

●合格発表

毎年3月下旬ごろ

合格率は70~80%と理学療法士の学校を卒業した人はしっかり勉強してるので合格率が高いです。

理学療法士の次のスキルアップ

●認定理学療法士

理学療法士とは、新人教育プログラムをうけている者か免除されている者が専門分野の登録後、2年経過している者が申請することができる日本理学療法士学会が認定している資格です。

新人教育プログラムは、7専門分野である基礎理学療法、神経理学療法、運動器理学療法、内部障害理学療法、生活環境支援理学療法、物理療法、教育・管理理学療法のいずれか一つ以上の専門分野に登録します。

また、専門分野に登録し、必須研修会や協会指定の研修会を修了した者には、ポイントが与えられ、10例の症例報告をすることで認定を申請することができます。

●専門理学療法士

専門理学療法士も理学療法士会認定の資格であり、認定理学療法士より長い実務経験が必要です。申請条件は、新人教育プログラムを免除された者で、専門分野に登録後、5年以上が経過した者、履修用件である560ポイントを取得している者です。

理学療法士に向いてる人、向いてない人

理学療法士は、人と接する仕事であり、リハビリによってその人の日常生活が変わると言っても過言ではありません。そのため、理学療法士に向いている人の特性をあげています。

人と接してコミュニケーションが好きな人

リハビリをする時は、相手の緊張を解きほぐすためにコミュニケーションを取りながら仕事を行います。リハビリをする患者やその家族、医師、看護師、ケアマネージャーなど他職種の人とも関わります。話をする機会が多いので、特にコミュニケーション力は求められます。
患者や家族には、どのようなリハビリを何のためにするのかということを相手にわかりやすく、正確に伝えなくてはなりません。コミュニケ―ンをうまくとることが出来ると、患者との信頼関係ができて、安心してリハビリを行うことができます。患者の気持ちに寄り添って、細かなことにもよく気が付く人が理学療法士に向いています。

理学療法士としてリハビリを責任もって行える人

リハビリは、患者の身体機能を維持・向上するためにおこなわれるので、最後まで患者に寄り添って、責任もってリハビリできる人を求められます。患者の身体を少しでも良くしてあげたいと思ってリハビリに取り組むと患者にも伝わります。患者が前向きにリハビリに取り組めるか取り組めないかは、理学療法士の患者に対する思いも関係するかもしれません。
患者の日常生活の質が上がるように責任もって取り組むことが必要です。

絶えず自己研鑽が必要

臨床経験を積んでいくと、理学療法士としての技術が身についてきます。臨床例を多く経験を積むことで、専門家としての実績も上がります。それだけでなく、新しいリハビリ方法や治療法など次々にでてきているので、研修などに参加し、柔軟に新しいことも取り入れる必要があります。

心身共に健康であること

リハビリを行うことは体力や筋力が必要です。患者自身が行う歩行訓練や温熱療法などがありますが、身体を触って、動かしていくリハビリは支える力が必要です。体を動かすことが好きな人は理学療法士の仕事に向いています。

暖かい人柄

患者は入院、手術を受けてきて、気持ちが弱っている人が多いです。脳梗塞で倒れて、半身まひになった人やスポーツ選手には事故でスポーツが出来なくなった人、骨折で動けなくなった人など、心が弱っている人には、暖かい言葉をかけてくれる人が必要です。

暖かい包み込むような人がリハビリの先生だったら、やる気も出てリハビリを続けていこうという前向きな気持ちになることができます。患者の気持ちを理解してあげるだけでなく、認知症の患者には、暖かな気持ちで接することやリハビリがうまくいかなかったとしても根気よくおしえてあげられる人は、理学療法士として重宝されるでしょう。

illust1

まとめ

理学療法士は、身体機能の障害を負った人のリハビリや健康を維持するためのリハビリなどを行なう人です。理学療法士になるには、指定の大学や短期大学、専門学校等を卒業した人が理学療法士の国家試験を受けて合格すると、初めて理学療法士としての資格を取得できます。
理学療法士は、今後も病院や高齢者及び障害者施設などで働き、ますます必要な専門職となっています。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

理学療法士の就職はどんなのがあるの?就職場所は?探し方は?

理学療法士の転職はどうしたらいいの?探し方は?

理学療法士は公務員になれるの?待遇は?仕事内容は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら