高齢者の特徴を知って介護に活かす!

日本の平均寿命は、2016年厚生労働省の発表によって、男性80.98歳、女性87.14歳となっています。健康上の問題がない状態で日常生活を送る期間を健康寿命といいます。
高齢者の全員が平均寿命まで元気に過ごせる人ばかりではありません。
健康寿命は、2013年厚生労働省の発表で男性71.19歳、女性74.21歳となっています。
平均寿命と健康寿命の間はは、男性で約9年、女性で約13年の差があります。介護が必要なことに備えて高齢者の特集を知って活かしていきましょう。

 

高齢者の特徴とは

高齢者の特徴とは、①身体面の特徴②精神面における特徴があげられます。

①身体面における特徴

<高齢者の身体的な変化>

・身長低下や体重減少
・頭髪の白髪や抜け毛
・歯が抜ける
・皮膚のしわ、乾燥、弾力の低下
・筋力の低下や減少
・栄養障害
・身体能力の減弱による疲労感
・日常生活の活動量の減少など

<高齢者の身体機能の特徴>

・呼吸機能の低下
・循環機能の低下
・消化や吸収機能の低下
・排泄機能の低下
・運動機能の低下
神経機能の低下
・免疫機能の低下
・性機能の低下
・造血機能の低下など

②精神面における特徴

<高齢者の心理的変化>

・頑固なものがある
・自分を
守ろうとする・疑いのある感情を
抱きやすい・健康への関心度が高まる
・昔のことを
よく覚えている・認知症にかかり記憶力が低下するなど

<高齢者の心理的特長>

・精神機能の老化は個人差が大きい
・「新しいこと」を覚えることが難しい
・直近のできごとが思い出せない
。・過去のことを思い出すのに時間がかかる
・注意力や集中力を保つことが難しいなど

高齢者の特色として、身体面による特集と精神面による特集をあげましたが、どちゃもその中の何かが原因で現在に至っているわけではありません。
身体面でも精神面でも老化の現象原因が重い合って起きていると言えます。

 

ルージンエガオ1

 

高齢者の特点のポイント

人間の身体は老化によって生理機能の低下が
起きます。身体的な変化と見られる目が老化するのと同じ様に身体を作っている細胞も老化が起きます。細胞は老化すると細胞自身も減少し、働きも低下します。

例えば、排泄機能が低下することにより、トイレに行く回数が増えた、我慢ができずに少しでも出ましたようなのは膀胱や頭へトイレに行きたいという指示が遅く起きてしまったとのことで老化現象と言わ
ざるをえません。また老化により回復する力や身体を守る力も低下しているため、病気にかかりやすく、治りにくらくなってしまったのはそのためです。

高齢者の精神面と特徴は身体面であり、個人差が大きく、またきごとによっても左右されやすいがあります。例えば
、重ねるとごとに、友人や兄弟、配偶者とその死別を経験します、喪失感や孤独感を味わいます。また男性に多くのは、定年退職によって社会的立場がなくなることによる喪失感です。喪失感や孤独感といえ精神的機能の低下によりうつ病などにかかりやすい高齢者年々増えています。

精神機能の低下では、認知症を発症する以前と全く異なる人になってしまうこともあります。アルツハイマー型認知症などになると記憶力の低下が強くなります。
アルツハイマー型認知症の人が同症状ではありませんが、例えば調理してあるものの調理していないものかわからず生の肉を食べてしまったということも珍しくありません。私たちが生活している上で肉は焼いて食べるものと認識いけますが、病気の発症によりそれなりの自体を忘れてしまい、結果、食べれないものを食べたとなるようです。

 

高齢者の特徴と介護

高齢者の特長であるさまざまな機能の低下は老化現象です。
突然にできることもありますが、
なにかにできないこともあります。生活しています上にできないことが増えると誰かに助けてもらわれますば
なにせません。そのなくなったことを「助ける」働きかけするのが介護です。

<怪我によって車いす生活になる場合>

身体機能が低下する

足腰が弱くなる・骨がもろくなる

転倒する

骨折


歩けなくて車の生活になる

以上のような結果、介護が必要になったということも珍しくありません。
いつもようにトイレに行こうと思っただけのことに…などどちょっとしたことでの事故が高齢者と家族にもその後の生活を左右します。

身体機能の低下以外にも認知症の発症は介護が必要になる病気としてあげられます
認知症は症状や発症年齢に個人差があります、すべての高齢者が発症するようにはありません。認知症は単脳の老化による物忘れではない、何かの病気により脳の神細胞が壊れるために起する症状や状態をこれをいいます。認知症が進行すると、理解力や判断力がなくなって、社会生活や日常生活に支配がでてくるようになり、介護が必要になっています。認知症の介護は身体的な手伝いと違い、いつもどんなに何が必要か予測つかないので介護者への負担は大きいです。

食事の手伝いでありば朝食、昼食、夕食の3回です。トイレの手伝いであっても1回行うと個人差がありますが2時間ですが、次の手伝いまでに時間があります。
それと違って認知症の人は今歩いて出て行って行ってみました連れて帰ってきたとして、次に出て行ってしまったのがいつかわかりません。すぐに行ってしまってもいけません、もう行かないかもしれない、夜かがいれない…などのように予想がつかず、常に介護する人が気にかけていけばばなません。
実際にこのような症状が出るかわかりませんが、何が起こるか、どのような手伝いが必要かわからないので介護の負担が大きくなります。

 

後期高齢者、前期高齢者の身体的特徴

前期・後期高齢者の区分

これは厚生労働省が保障給付の割合に差をつけるために、今では「高齢者」とされていた人たちを2つの区分に分けたものです。前期高齢者は65歳以上75歳未満、後期高齢者は75歳以上の人たちを示します。年齢からもわかるように後期高齢者は前期高齢者に老化による身体的変化が強く現れる特徴があります。

前期高齢者の身体的特徴

後期高齢者と比較して病気などが少ない健康的で活動量も多い傾向があります潜在的な病気は持つつもり生活に影響を及ぼしほとんどの症状は少々、訓練や習慣によっては壮年期に近い体力を維持している人も多くなります。前期高齢者の年齢層で要介護になっている場合、原因は脳血管障害、パーキンソン病、ALS等の病気によりより体の機能に障害が起きてしまったている人が多い傾向があります。

後期高齢者の身体的特徴

後期高齢者は前期高齢者に老化による影響が大きくなります。前期高齢者と比較して以下のようなことが起きるような特徴があります。

筋力

老化により筋力が低下し動作が緩慢になります。その影響によりバランが取り返していった、とっさに手が出ないなどの反応が遅くなったります。筋肉量の低下により体内の水分保持機能低下して脱水や体温の調整がうまくできないこともあります。

病気

前期高齢者の時期に潜在化していた病気が悪化して生活に影響を及ぼし、これも多くなります。薬に対する反応も変化、効きが悪かった薬の副作用がなかなか抜けなかったようなものも起きやすい骨、血管ももろく、ちょっとしたことでも骨折や皮下出血を起きたりするくらいです。

内臓

内臓機能が低下しているので免疫機能が弱く、細菌やウィルス感染による症状が重篤化したりします。

高齢者の特徴の注意点

高齢者の特集が老化現象であり、年齢とともに衰えていることは仕上がりがありません。
誰でも生まれた赤ちゃんのことは何でもできましたし、手伝ってもらい、成長ごろにできるようになって大人になりますまた使いました身体が個人差がありますがだんだんに年を重ねてできなくていきます。だからと身体の動きが鈍くなっているからどこにも行くに家に閉じても、本人がやりたいことを家族がやめさせたからといって老化現象が治ることはありません高齢者の特徴である動きの悪さなどを理解していないならば予防したり、閉じてもらず同じ世代の集まりに参加するなどして特集を受け入れることが大切です。

認知症が発症しても同じです。自分のことがわからなくなると悲観的にも一度病気にかかってしまった治る病気ではないの一生付き合っていてばばなません。認知症になると同じ症状を繰り返し返すことがよくあります。毎日同じ物を買ってきたり、同じことを何度も繰り返し返話したりする、介護する人はぐったりです。それではその行動について怒った、否定をすると認知症の人は怒されたことだけ、だめと言われたことだけだけど覚えておらず、同じものを繰り返します。ここで必要なのは否定ではなく、受諾して安心して
もらうことです。高齢者の特技はどうしても身体にとって良いといってより衰退のほうがあげられますが、注意することは今、できることを維持しながらイキイキとした暮らしが行けるかが大切に じます。年だから…と言って遠慮される人もいますが、運動習慣を身につけて元気になることで自分らしく生き続けられるのではないでしょうか

isu_undou_woman

 

まとめ

高齢者の特質と老化現象や病気は切っても切り離しない関係です。
誰だってきていたことができないことは悲しいです。できるものの今のまま暮らしたいです。認知症にもありたいという人はいないと
思います。厚生労働省の2015年1月の発言と、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています軽度認知障害と言われた人が約400万人と合うと、高齢者の約4人に1人が認知症あるあるその予備軍ということになります。
認知症の母親を介護していてに疲れたと痛みがある事故を報道で耳にすることがあります。きっと人に迷惑をかけてはいけない、人と同じように生活をしなければいけないとそんなルルを作り、同じことを繰り返し返す子供に戻ったような母親を叱り、い生活を送ろうとした結果、介護に疲れてしまったのかもしれませありません

高齢者の介護をしていく上で大切なことは教科書通りの正しい手順で行うのではなく、その人を受容してその人に必要なことを考えることから始まるのではないでしょうか
例えば朝起きられずご飯を食べない、トイレで粗相をして困るだから介護が大変だと言われても、1日の上で朝食を食べることは大切ですが、何時までに食べなければいけないと決める結果、引起こされる現象です。起きてしまった時間に食べばばそれで良いとする。トイレを汚してしまったら掃除をすれば良いところではないです。立って座ってすぐにできません、急に動い倒れしまったなんてことになりかねません
見た目で認知症の人はわかりませんが、同じ人間で誰もが年を取ります
高齢者の特徴を理解し、日々の介護に活かしていくことが大切 すね。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまい【介護離職】そんな
人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣い稼働、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

ジョジョーチャットバナー
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

高齢者は皮膚が弱い特徴は?気をつけたい点は?

高齢者の貧困が進んでいる?特徴は?原因は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら