仏壇の移動方法について教えて!発生するケースは?移動の流れは?

84d89a5f0e9be0bb71b20dd86f9913f6_s

仏壇というと、自分の家族が亡くなった後に購入を検討するものだと思う方も多いのではないでしょうか?
もちろん、亡くなった方をお祀りするためのものでもあります。しかし、実はそれだけではありません。私たちのご先祖様を、ずっとお祀りするためのものでもあります。今現在は、従来の仏壇だけではなく、西洋風のものやモダンなもの、安置しやすい小さなサイズなものなど様々な種類のものが存在しています。では、この仏壇を移動する時はどのようにして行うものなのでしょうか?

今回は、仏壇の移動方法についてご紹介していきたいと思います。

 

仏壇の移動とは

仏壇を移動させなければならないケースは、様々でしょう。
後にもご紹介させていただきますが、引っ越しなど理由はその家庭によって様々です。
しかし、仏壇を購入する時は、自分の信頼できる僧侶の方に相談をするか、自分自身でお店を探すという手段がありますので、比較的わかりやすいでしょう。しかし、仏壇を移動となると、一体何をすれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?もちろん、ただ移動すれば良いという訳ではありません。いくつかやるべきこと、逆にしてはいけない決まりなどがありますので、これからお話しさせていただきたいと思います。上記でも少し触れましたが、信頼のおけるお寺の僧侶がいる場合は、まずは僧侶に相談する事がベストでしょう。
まず、仏壇は移動する前にやるべき事があります。それは、閉眼法要、そして開眼法要です。まずは閉眼法要です。聞きなれない方も多いかと思いますが、このような呼び方の他には御魂抜き、遷仏法要などというような呼び方をする宗教もあります。これは、本尊を移動させるということになりますので、仏様の魂を一度抜き取るために行うものです。もちろん、私達の手では行うことはできませんので、お寺の僧侶や住職に依頼をする必要があります。次に行うのが、新しい移動先での開眼法要です。このような呼ばれ方の他には、御魂入れなどというような呼ばれ方をする場合もあります。

閉眼法要で一度仏様の魂を抜き取っていますので、次は新しい移動先に入れ直さなければなりません。こちらも閉眼法要と同様、住職や僧侶の方に依頼をすることになります。

仏壇の移動が発生するケース

では、どういう場合に仏壇の移動が発生してくるのでしょうか?いくつかご紹介していきたいと思います。

① 引っ越し

こちらは一番イメージがしやすいのではないでしょうか?引っ越しをして家、またはマンションを移らなければならないために、仏壇を移動させるケースです。こちらは今も昔も多い、仏壇の移動理由ではないでしょうか。当たり前のことではありますが、仏壇は仏様がいらっしゃる所ですので、くれぐれも他の荷物と同様に扱うことのないように注意してください。

② 合祀

これは、字の通りではありますが、いくつかの仏壇を一つにまとめてしまうということです。こちらのケースは、近年になって増えてきた移動理由だと言われています。
しかし、宗教によっては仏壇や仏具の種類自体異なるものがありますので、必ず僧侶や住職に相談をしてから行う必要があるのでしょう。

仏壇の移動ではありませんが、今多くなってきているのが、仏壇の処分の問題です。処分理由は、それぞれの家庭によって様々ではありますが、例えば両親が亡くなってしまい引き取ることになったが、大きな仏壇を置くスペースがない、誰も引き継ぐ人がいないので処分したい、手入れの仕方がわからないから処分したいなどが多いようです。確かに、昔に比べて家の作りも変化し、仏壇を安置している家庭も少なくなってきているのが現状です。しかし、この仏壇を購入した自分の家族の想いも、無視してはいけないのではないでしょうか?また、今まで見守ってきてくれた先祖の魂は、どこに向かってしまうのでしょうか。もちろん様な理由はあるかとは思いますが、まずは僧侶に住職に相談してからでも遅くはないはずです。安易に処分を決めてしまう前に、一度よく考える必要があります。

仏壇の移動の流れ

では実際に、どのような流れで仏壇を移動していくのでしょうか?

⑴ 僧侶への依頼

まずは、自分の信頼のおけるお寺の僧侶に依頼をします。閉眼法要と、開眼法要があるためです。この時、何か気になっている事があるのなら相談をすると良いでしょう。また、お寺も時期によっては多忙の場合もありますので、移動する予定日が決まり次第早めに相談をすると良いでしょう。

⑵ 引っ越し業者を探す

仏壇を移動する際の、引っ越し業者を探さなければなりません。もちろん、他の家具と同様にして運ぶわけにはいかないので、仏壇専門の引っ越し業者に依頼をします。どうしてもわからない場合は、こちらも僧侶に相談をすると良いでしょう。

⑶ 閉眼法要

上記でもお話しさせていただいた、仏様の魂を抜き取る儀式を行います。この儀式が終わった後に、仏壇を移動させることになります。出来れば、引っ越しの際は仏壇を最後に搬出し、新しい場所では一番最初に搬入すると良いでしょう。

⑷ 開眼法要

新しい場所で、仏様の魂を入れ直します。以上が仏壇の移動の流れになります。

仏壇の移動の注意

では、仏壇を移動する際に何か注意すべきことはあるのでしょうか?
まず一番注意しなければならないことは、仏壇を移動させる際はくれぐれも丁重に動かさなければならないということです。特に家を引っ越さなければならない時は、仏壇以外にも様々な家具を移動させなければならないので、家の中が家具で溢れかえってしまうこともあるでしょう。引っ越しは大変なものではありますが、慌てて仏壇を破損してしまうことや、傷をつけてしまうことのないように丁重に扱うようにしてください。自分自身も怪我をしないように気をつけましょう。また、仏壇は横にして移動してはいけません。専門の業者に依頼をする場合は心配することはないと思いますが、くれぐれも注意しましょう。
中には、一般的な引っ越し業者でも仏壇の移動を引き受けてくれる店舗もありますが、あまりお勧めしません。どうしても他の家具と一緒に運ぶことになりますので、破損する恐れがあるからです。仏壇は、繊細な装飾が施されているものです。少しの衝撃でも、破損してしまうリスクがあるのです。仏壇は高価なものですので、少しの修理だとしても金額が高くなってしまう場合があります。また、一般の引っ越し業者の方は、仏壇を運ぶ際の注意などは把握していません。大切な仏壇を守るためにも、専門の引っ越し業者に依頼をすることを推奨します。
以上が注意点にはなりますが、仏壇の移動のマナーやしきたりなどは、宗教やお寺の僧侶によって多少考え方が異なる場合もあります。

自分自身で調べておくことも大切ですが、身近な方や僧侶に相談し助言をもらうことも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
仏壇は移動する際も、ただ動かせば良いという訳ではありません。閉眼法要や開眼法要は、古くから伝わる大切な儀式になります。しかし、いざ必要な場面にならなければ、知らなかった方も多いのではないでしょうか。仏壇のこと以外にも日本の仏事の際のしきたり、マナーなどはたくさんあります。これを機会に、インターネットや書籍などで触れてみてはいかがでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

仏壇のコンパクト化が進んでいる!?メリットは?

仏壇って買い取りしてもらえるの?買取手順は?店の探し方は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら