相続対策はどんなのがあるの?種類は?メリットは?注意点は?

df8128b332b462ba79cc98fae3d0756a_s

自分の家族が亡くなってしまうことは、とても悲しいことです。
しかし亡くなった後は、お葬式や各種手続きで忙しくもなります。今回のテーマである、遺産相続も大切な手続きの一つです。しかし、実際にそのような場面にならなければ、相続はどのように行うのか、どのような手続きが必要何か、わからない方も多いのではないでしょうか?今回は、この相続についてご紹介させていただきたいと思います。

相続対策とは

遺産相続は、何かとトラブルに繋がりやすいものでもあります。
そのトラブルの種類は、家庭によって様々ですが、遺言状があるにも関わらず、家族が不服を訴えることや、財産の使い込みを兄弟間で疑い、トラブルに発展することもあります。特に、遺産の金額が大きくなってくればなるほど、トラブルは起こりやすいと言われています。相続人同士が仲が悪い場合は、この遺産相続がきっかけでますます仲が悪くなり、遺産の分与のことで揉めるケースが多いのです。しかし、頭に入れて置いて欲しいのは、相続というものはプラスな面ばかりではないということです。多くの方が、自分や家族にお金が入るものという認識かと思いますが、それだけではありません。もちろん、故人の貯金や不動産も受け継ぐことになりますが、故人に借金などがあった場合、これらも引き受けなければならないのです。つまり、プラスの面だけではなく、マイナスな面もあるということを頭に入れて置いてください。また、香典や遺族年金などは相続の対象にはなりません。香典は故人に送られたものではなく、喪主に送られるものだからです。また相続の対象となるものも金銭だけではなく、家、車、宝石類や土地も含まれます。上記でも少し触れましたが、遺産相続とはこのように様々なものが対象になり、不透明なものも多くあります。
そのために、家族間、兄弟間で分割する場合、まだあるのではないか、全部持っていこうとしているのではないか、自分は一番損をしているのではないかなど、疑心暗鬼になってしまいトラブルになるのです。そのような事態を防ぐためにも、兄弟同士、それぞれの立場で理解を深めることと、生前にきちんとした遺言状を用意しておくことは大切なことであると言えます。

相続対策の種類

では、遺産相続の際にトラブルにならないようにするには、どのような対策があるのでしょうか?

① 遺言状

故人が生前に、自分の財産をどのようにして欲しいかを記載しておくものです。こちらの遺言状が法的に認められるものであれば、基本的には遺言状の記載通りに遺産が相続されることになります。この遺言状があれば、故人がどのようにして相続することを望んでいるのかを知ることができますので、トラブルを回避出来る可能性があります。

また、この遺言状は本来ならば財産を受け取る資格のない方へも相続することが出来ます。遺産相続の場合は、まず遺言状があるのかないのかを確認することが大切になります。

② 相続の順番

遺言状がない場合は、相続の順番が決められています。
もし、このような場面になった時のために、正しい順位と範囲を自分でも把握しておくことは、重要なことです。相続に関しての理解があれば、無駄なトラブルを避けることが出来るからです。これらは、法律できちんと決められています。ます、故人に配偶者がいる場合は、配偶者相続人とし、相続の権利があります。ただし注意して欲しいのが、事実婚などの法律的に認められていない場合に関しては、無効になってしまいます。(ただし、遺言状に記載があった場合に関しては有効になります)そのほか、血族相続人として、親族にも財産を相続する権利があります。順位が一番高いのは、故人の子どもや孫などの直系卑属です。

次いで、父、母、祖父、祖父母、そして兄弟姉妹といった順番になります。

③ 遺産分割の方法を把握する

次にトラブルに発展しやすいものは、遺産を分割する際です。相続人が複数いる場合に関しては、それぞれ遺産を分割しなければなりません。遺言状に分割に関しての記載がある場合は、こちらに従います。遺言状に記載がない場合は、相続人同士で話し合いの上、決定します。これを、遺産分割協議と言います。この話合いは、相続人が全員揃って初めて行うことが出来るものです。

相続対策のメリット

遺産相続の際のトラブルは、よくあります。また、金額が少ない場合でもトラブルへ発展してしまうこともあるのです。
そして、解決が出来ず何年もトラブルを抱えてしまうことも少なくありません。どうしてこのようなことになってしまうのでしょうか?まず第一に、トラブルの多くは遺言状がないために引き起こされる場合が多くあります。これが引き金となり、絶縁状態になってしまう方も少なくありません。これを回避するためにも、対策を打っておく必要があると考えられます。トラブルが一番多いのが、兄弟間での相続だと言われています。例えば、故人と同居して介護をしていた場合、家族と離れて遠方に住んでいた場合など、トラブルの原因は様々ですが、結局はお互いに思いやりや理解がないために大問題に発展してしまうのです。大きなお金は、人から冷静さを奪います。そのために、遺言状や法律で財産の相続の順位が決められているのです。
自分は大丈夫だろう、家族は大丈夫だろうと過信するのは大変危険です。そのような状態になってから動いたのでは、トラブルになる可能性が大きいのです。そのことをきちんと頭に入れておいてください。

相続対策の注意点

では、遺産相続の際に何か注意しなければならないことはあるのでしょうか?
まず、法律で決められている相続人だとしても、認められないこともあります。それらは主に犯罪に関わることが多く、遺言状を破棄、偽装した場合、相続人を殺害しようとしたり、相続人を騙し自分に優位なようにしてしまうような人は、遺産を相続する権利はありません。人間として当たり前のことではありますが、実際に事件が起こっているのです。くれぐれも注意してください。
また、相続した場合、税金がかかる場合もありますので、こちらも注意が必要です。もちろん、全てに税金、相続税がかかるという訳ではありません。税金がかからないものとしては、財産を寄付したもの、死亡退職金、生命保険金などです。また、逆に税金が発生するものとしては、土地、住宅、家具や宝石類、自動車なども相続税の対象になります。把握しておくと、のちの手続きがスムーズになっていくでしょう。
相続トラブルの多くは、遺言状があることで解決ができる場合があると、上記で少しお話しさせていただきました。つまり、亡くなってから考える、では遅いのです。こういう事態に陥る前に、家族間でもとコミュニケーションを取っておく必要があります。この場合のコミュニケーションとは、単なる世間話などではありません。
相続の話も、生前突き詰めて話をしておくのです。不謹慎だと思う方もいるかもしれませんが、遺産相続のトラブルに陥る方の多くが、きちんと話をされていなかったために起こることを忘れないでください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どれだけ仲の良い兄弟だったとしても、遺産相続の際に大きなトラブルになることは少なくありません。今一度、相続について理解を深めてみてはいかがでしょうか?

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

孫への生前相続は節税対策!?

相続の相談はどこにすればいいの?どんな職種に相談できるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら