相続診断士ってどんな仕事なの?仕事内容は?どんな職場?

781785a9d7ff8c24173fb039117e402d_s

最近通信講座のテレビのコマーシャル、新聞のチラシ等で様々業種の講座の案内を目にすることがあると思います。
中には「こんな資格があるんだ」なんて思う時ありませんか?相続診断士もそのひとつではないでしょうか。しかし必ず訪れる両親が亡くなった時にお世話になりますので、今回は相続診断士について勉強してみましょう。

相続診断士とは

もしご主人が亡くなられて遺産などの相続が発生した時に先ず頭に浮かぶのが「誰に」「何を」「どのようにして」等分らないことだらけだと思います。
相続は法律的な事から親族間の争い事迄、色々な問題が絡んできます。そんな時に、相続診断士は相続に関する多数の問題を理解して相続でトラブルが発生しそうな場合、できるだけ事前に弁護士・税理士・司法書士・行政書士等の専門家に橋渡しをして相続が円滑に行えるようにしていくのが相続診断士の本来の仕事でもあります。

必要性が増加する相続診断士

相続診断士は相続に関しての様々な問題と解決方法を実践や研修を重ねて得とくしています。
特に「民法」「相続税法」「遺言書作成方法」「エンデイングノートの書き方」等は積極的に研修などで取得してあらゆる相続の問題を簡潔に解決でき相続人の皆さんに争いなどが無いようにしていく社会的使命感を担っています。現在国内では年間50兆円規模の遺産が受け継がれています。それだけの多額な遺産相続には喜びの家族もいれば、永遠と争そいで解決できない家族もおられます。それが相続問題で、実際に家庭裁判所に持ち込まれる相続に関する相談や訴訟は昨年で約18万件ありこれは10年前の2倍に増えてきている事を示しています。何故このように増加してきたかというと昔は相続と言えばお金持ちの問題と誤った認識があり、一般家庭の相続の準備を怠り問題を複雑にしています。22年度版の司法統計年報によりますと相続関連の争いの74%が相続税と関係ない5,000万円(3,600万円以下は非課税)の遺産分割で争っている事が多いようです。

遺産が多いから争いの原因もありますがそれ以外に相続は100人いれば100通りの相続があり「相続」が「争続」にならないためにも、相続診断士の準備と助言が必要な時代になってきます。

相続診断士の仕事内容

相続診断士というのは、相続に関して起こり得るさまざまな問題に対しての理解を深め、より多くの人が円満に相続をすることができるように助言などを行うのが仕事です。

弁護士や司法書士・行政書士などと連携をして相続問題の解決に取り組むことも多くあります。
民法や相続税法に関する知識を一般に普及して、正しい遺言書に基づく遺産相続が行えるようにするというのが、相続診
士の仕事です。相続診断士が活躍できる職場としては銀行を始めとした金融機関や不動産業界での活躍が多くその内容を紹介します。

■生命保険会社

生命保険会社と相続はきっても切れない間柄にあります。顧客に保険の必要性や利便性を説明した後に「相続対策」の重要性を説明する事でお客様から「信頼度」向上につながり更に、相続は決して1人の問題ではなくその家族の問題でもあるために必然的に両親や兄弟への紹介にもつながります生命保険会社で名刺に「相続診断士」と書かれた名刺の担当者が説明することで顧客からの信頼と安心の評価を得ることができるようで生命保険会社にとって相続診断士はまさに注目の資格です。

■不動産業界

相続が発生した時には、必ずと言っていいほど不動産の問題が発生します。改正などで小規模宅地の特例化等不動産を扱っている方は常に知っていなければいけないことは常にあります。税制改正などの情報をいち早く知りお客様に事前に相続についても様々な不動産情報を提供することで相続の時点で困る事が減少します。

■銀行

銀行は相続の時最も頼らなければいけなくなります、それはまず被相続人の口座の名義変更でかなりの種類の作成特に問題になってくのが自宅を銀行ローンで購入してまだ返済金(債務)がかなり残っている場合の債務処理などの相談を相続診断士が相談にのってくれますので、よく相談をされると,きっといいアドバイスをしてくれます。

このように保険業界でも、不動産業界でも相続診断士の位置づけは結構高く評価されています。まだ歴史が浅い資格ですがこれから高齢化とともに相続の問題も増加してくる事は明らかなことです。そのような環境の中で相続診断士の需要は益々上がってくることでしょう

相続診断士になるには

相続診断士なるためには勿論資格試験に合格しないと相続診断士とは言えません、しかし相続診断士の資格はまだ民間団体の資格で社会的に認知度もそんなに高くはないので行政書士や司法書士等の公的資格を先に取得されてから相続診断士の資格を取得されると相続に関しての一連の業務ができて社会的な評価、高報酬へと繋がることも可能になります。

受験内容

相続診断士は顧客に相続診断を行い、一件でも多くの相続での争いを減らして正しい相続を広めるための資格です。
■試験の主催  一般社団法人 相続診断協会
■受験方法
試験は個人試験と団体受験共に受験者が受験日を選択できます。この試験受験勉強は自主学習の為に余裕を持った試験日を選択してください、受験勉強の期間は初学習で3~6ヵ月です

【全体の流れ】
①受験申込(個人・団体)  ・申込日の21日目以降の日程より申し込み可能
・Webで申込(テキスト・DVD・受験・認定料込 37,800円(税込み)
・10名以上なら団体試験(テキスト・DVD・受験・認定料込 37,800円(税込み)

②受験料支払い        (個人)・クレジットカード・コンビニ払
(団体)一括銀行振り込み

③教材・受験票到着      ・テキスト1冊・DVDが到着後自主学習

④試験日             ・選択問題60問・試験時間1時間

⑤合否通知           ・試験後2週間以内に登録のメールアドレスへ
・個人受験は即日

⑥認証証一式交付      ・合格書、認定書、カード送付(有効期限は2年間)

【試験の概要】
①受験条件          ・初回受験: 誰でも受験可能
・再試験  : 本試験を受けられた方に限られます。
②試験形態          ・〇×、三肢択一、穴埋め方式
③試験時間          ・60分
④問題数            ・合計で60問

合格率は70~90%とかなりハードルは低いものですので送られてくる教材とDVDをしっかり勉強すれば難し資格ではありません。

相続診断士の待遇と仕事場

相続診断士の活躍の場は前の項目で取り上げました、生命保険会社等金融関係の会社で活躍するのが殆どですが活躍の場は会社関係だけではありません。これから更なる高齢化社会を迎え「大相続時代」になって来る事が予想されます。しかし一般の方は相続に関しての知識は殆ど無知な状態だと思われます。今後ご自身で相続の予定がある方は親族間での争いを避けるために相続診断士の知識をかりてその時に備える必要性が高くなってきます。

相続診断士の待遇

相続診断士の待遇目では現在採用者が最も多い銀行、生命保険会社の給与体系で相続診断士としての資格手当による給与アップは殆どありません銀行も生命保険会社も相続診断士の資格取得は「顧客サービス」の一環の知識として考えていますので、給与の面での資格手当は国家試験や他の公的な資格とは同じ考えにはなっていないのが現状です。例えば銀行の資格取得に関しての考え方を見てみまます。大手銀行を中心に銀行は人材開発(各種勉強会の実施・資格取得の為の受験料の補助・国家資格有者には資格手当支給など)に費用を費やしています。実際銀行や生命保険会社で必要肢されている資格は次のようなものが挙られます。

【金融関連で必要肢される資格】

司法書士、 税理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、 宅地建物取引士、 中小企業診断士、知的財産管理技能士、※ファイナンシャル・プランニング技能士、証券アナリスト、日商簿記検定、秘書技能検定、金融窓口サービス技能検定、※TOEIC、※損害保険募集人、※生命保険一般課程、※生命保険専門課程、※証券外務員(1種・2種)、※内部管理責任者、※銀行業務検定、※金融業務能力検定、※金融検定、MOS各種、ご当地検定(地元)
※相続診断士(※=必修試験の対象になりやすい試験・検定)

金融関連企業では※の必修試験の取得が昇給・昇条件になっている所もあるようです。

まとめ

相続問題は決して遠い話でも、他人事でもありません、まじかにやってくる事です。相続問題は金額の多い、少ない事も争いに発展する原因になりますが、もっと根深い人の生活させ変えてしまうような事態にも発展しかねませんそのために皆が笑って終われる相続にするために相続診断士に的確なアドバイスを早めにしてもらうことです。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

エンディングノートが注目されている!どうやって書くの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら