相続の遺留分について教えて!メリットは?請求できない人って?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

世間では遺産相続で争いが始まるような事態を経験された事のある人は結構おられるようです。特に「誰が」「いくらくらい」「何を」というようなキーワードが原因として最も多いケースで、長期間法廷で争う人もおられるようです。今回は3つのキーワードに共通する遺留分について内容を紹介させて頂きます。

 

相続の遺留分とは

遺留分にいくまでに少し、相続について勉強してみましょう。相続は被相続人(亡くなられた方)が残された遺産が喜びとともに得ることができる物や、誰もが敬遠する借金等も相続です。一般的には相続は被相人の親族が相続人になりますが、その親族というと幅が広く、配偶者から子供、両親、兄弟、叔父、叔母等まで範囲が広がり、かなりの親族が遺産相続となれば手を挙げてきます。そのような場合に法律では「法定相続人」が定められます、法定相続人には順位がありその順位が高い人から遺産取得分が違ってきます。世間一般的には争いが始まるのがこの時点です。そこで法律に基づき法定相続人が定められます。しかし法定相続人になっても遺産の詳細まで決る
ることはできません。法定相続人全員で遺留分割協議を行い決定しないと誰が法定相続人になるかよって法定相続分が変わってきます。

遺留分になる状態

法定相続人になったからといって安心するのはまだ早いかもしれません、それはなぜかと言うと「遺言書」」の存在です。遺言書がある場合は法定相続で決まった内容が覆る事や、相続がへる事さえあります。例えば配偶者、子供2人が法定相続人の場合配偶者は産額の1/2、子供は1/4 づつですがもし被相続人が第三者へ相続させる内容の遺言書であれば法的には法定相続人よりも遺言が優先されます。そうなると相続人の中には遺言が作成されたことにより法定財産より少ない財産しかもらえないということにもなります。そのような事が起これば法定相続人からの意義も申し立て等多くなる事の防止策として、兄弟・姉妹を除く法定相続人に対して遺言で途方もない遺言に対して最低限度額の遺産の確保をすることを「遺留分」と言います。尚この遺留分に認められる法定相続人は「子供」「直系尊属」「配偶者」だけです。

 

相続遺留分のメリット

遺言などで特定の法定相続人のみに、財産を相続させようとするケースがあります。
不当だと思い、特定の法定相続人に話合いをしようと持ちかけたとします。相手が請求分の金額を支払ってもらえるのであれば解決ですが、そんなに上手くいくものではありません。

金額にもよりますが、やはり人間です。お金が絡んでいるのもそうですし、根本的な考え方が違うことから、永久に話合いだけでは解決しないこともあります。素人の親族間だけ進めるとお互いに「欲」という抑えきれないお金への魅力のために1円でも多くと先走る気持ちを抑えられず親族間の争いは根深いものになります。最終的にそのような場合になったら、弁護士等に相談して解決の糸口を見つけるための弁護士へどんな相談をしたらメリットになるかをご紹介いたします。

①解決への筋道が立つ

専門知識がないので、どのように解決をすればいいか分からない人がほとんどではないでしょうか。解決の見通しが全くたたないので、気持ちも不安になりがちになります。弁護士に依頼をしていただければ、あなたの立場、考え方、相手の状況などをヒアリングし、最も正解に近い道筋をたててくれます。

②相手と話し合いをする必要がなくなる

お金のやり取りが発生していますので親族の間でお金のトラブル話はなるべく避けたいものです。相続人同士で直接話し合いになると苦痛や負担ににもなります。そこで弁護士が間に入ることで、相手と毎回話をする苦痛もなく

なります。弁護士に依頼をすれば、窓口は全て弁護士となりますので、自ら相手に話合いを求めてかけあう必要はありませんし、相手が何かを言ってきた際には「話は弁護士にしているので、そっちで話をしてくれ」と言えば大丈夫です。

③法的手段を使って解決に結びつけられる

話合いで解決しない場合は、家庭裁判所で調停を行います。家庭裁判所の調停員や弁護士が間に入って話を進めてくれますので、相手が遺留分の意味を理解していない時や、かたくなな態度を示している場合などは、とても有効なメリットになります。調停で解決しない場合は訴訟をします。調停は家庭裁判所で行いますが、訴訟は地方裁判所で行われます。弁護士に依頼をすれば、裁判所へ弁護士が行きますので本人は特に必要がない限り出廷する必要がありません。

④書面の準備など煩雑な作業を任せられる

話合いで解決せずに調停や訴訟にまでいきますと、多くの書類作成の負担が発生します。そもそもどんな書面で、どこで手に入れ、文章の内容をご自身で作成しなければなりません。

莫大な時間を書類作成に使ってしまい、調停や訴訟の準備に追われてしまいますと、普段の生活に支障が出てきます。そのような負担の多くを弁護士が引き受けてくれます。

⑤精神的なサポーターともなる

兄弟や親族の間で被相続人が残してくれた遺産で、それまで争などなったのに遺産で争いに発展する事で、一番悲しい気持ちになっていることです。その争いの期間が長ければ長いほど基に戻すことが困難になりますので弁護士に早期解決をしてもらう強い味方になってもらうことによるメリットは格別です。弁護士は同じような不安を抱えている多くの方と共に、解決してきた実績を持っています。

 

相続 遺留分の認められる人、請求できない人

遺言書がなかったり生前贈与されていない場合は、遺留分の行使権がなく通常の財産相続の手続きになります。逆に遺留分の相続ができる人は次のような方になります

遺留分減殺請求

遺産相続で受けた財産は法定相続人の生活の支えとなる事は判断できますが、相続する財産は元々被相続人が築いた財産であるのでその被相続人の意思で作成された遺言書は、まず第一に尊重するものです。その為に法定相続分が遺言書の内容の取り分のほうが少なくなることがある場合でも遺言書が優先されます。このような結果でも被相続人の意思を尊重しているためでもあります。しかし法廷相続人は遺言通り行っても最低減の遺産に対する取り分は確保されています。この遺留分を請求する権利のことを「遺留分減殺請求」と言います。この請求を行うことができる対象者と逆に請求ができない対象者を取り上げてみます。
【遺留分相続ができるひと】

*1.直系卑属
直系の卑属。子供・孫・ひ孫等

*2.直系尊属
直系の卑属の父・母・祖父母・
*3.傍系血族
傍系に属する兄弟・姉妹・甥・姪・従兄弟等

遺留分請求が認められる対象者は民法で決まっています。認められるポイントを紹介しますが最終的には両者間の話合いでっ決定することが多いようです。
①、配偶者と直系卑属時は遺産の1/2の遺留分の権利があります
②直系尊族には通常遺産の1/3の遺留分の権利があります。
③兄弟・姉妹には遺留分権利はありません。

注意点として遺留分と相続分は全く違う性質にものであると理解しておいてください・

 

遺留分の手続きと期限

相続の第一の目的が残された家族が安心して生活できるようにするために被相続人が残してくれた財産を普段あまり縁のない親族まで相続人としての権利があるのか、理解に苦しみますが相続に縁のない人は同じように思われてることだとお思います。しかしいつ自分が法定相続人の立場になるかわかりませんので、ここでは遺留分の手続きについて紹介させていただきます。

遺留分減殺請求手続

法定相続人(兄弟・姉妹を除く)遺留分が認められています。仮に遺言によって相続分が減少させられたとしても、少なくともこの分に相当する遺産総額からの貰える権利は有しています。では実際に同様な手順で行使するかというと、まず法定相続額より多く財産を受けた相続人に遺留分にあたる部分返すように請求することができます。これを「遺留分減殺請求」と言います。これを請求する方法として次のようなやり方があります。

<h4<①話し合いによる請求い

この請求方法については、特別な請求方法ではありません。逆に言うと請求方法に期限がないとも言えます。一般的にはこの話し合いによる解決方法が殆どのようです。話し合いが終われば遺留分を返還してもらうだけです。その際に両者が合意した内容を文書化して残すことを忘れないようにしてください。

②裁判手続きによる請求方法

遺留分減殺請求する裁判手続きには「遺留分減殺調停」と「訴訟」があります。遺留分の裁判に関しては調停前置主義がとられています。訴訟を起こす前に必ず調停を行こなわなければいけません。裁判では①遺留分減殺調停を行う②調停が成立しない③訴訟とこの様な裁判手続きになります。このように法廷へ持ち込む際に覚えておきたいポイントを紹介します。

遺留分減殺請求権には時効がある

遺留分減殺請求権は行った後には「時効」と「訴訟期限」があります。

■時効

遺留分減殺請求権は遺留分権利者は自分に相続が発生していることを知った日から1年以上経過するとその請求権は時効になり消滅します。

■遺留分減殺請求権の除斤期間は10年

除斤期間とは法律関係を速やかに解決させるために一定期間権利を行使しないと、その権利を失うことを言います。遺留分減殺請求の場合はその除斤期間は10年です。つまり相続が発生してから10年経過すると例え知らなくても権利は消滅します。

遺産増族は家族、親族の間でトラブルの原因として最も多い事ですこの遺留分減殺請求権についても複雑な計算や書類が必要になるために相続が発生した時から専門家に依頼することが争いごと防止やスムーズな処理を行えます。

注意点

例えば家の大黒柱のご主人が亡くなられて被相続人となり、その被相続人が残してくれた財産は残された家族が安心して暮らせるようにという大前提があります。しかし現実はもっとねじれが生じるような「相続」「遺産」「相続人」「遺留分減殺請求」等これらのキーワードが発生してきてスムーズな相続処理が行われません。各項目での注意点を紹介します

①相続

相続を貰いたくない場合は遺産分割協議において相続なしにするか相続を譲渡するかを3ヶ月以内に行わなければいけません・

②遺産

遺産分割協議は「相続人全員」による協議が大前提です。一般的に不動産の名義変更や預貯金の解約手続きには相続人全員の実印・と印鑑証明書の提出が求められます。しかし父親の戸籍調査で異母兄弟や昔認知した子供の存在が判明したり、遠縁の人が相続人になっていたりす事があります。そんなときには相手方に丁寧に事情を説明いして協力をしてもらうように注意していきましょう。

③相続人

次のような人は相続人になったら注意してください
・相続人の中で特別に生前贈与を受けた人
(特別受益者)と言います
・故人の介護や世話をした人
(寄与人と言います)
上記のような人がいた場合お互いの調整が難しくなう事が多くあります。他の相続人に比べて利益を得ている人については、その利益分を差し引いて遺産分割をすることになります。又被相続人の介護や世話をした人にはその貢献度を上乗せして遺産分割することになります。しかし特別利益や特別貢献度が照明しにくかったり、他の相続人が争ったりすることもあるようです。

④遺産分減殺請求

まず第一に行うこととしては被相続人の財産調査で被相続人が債務超過などを起こしていないか等に注意しないと相続人に決定すると被相続人の債務も相続することとなります。

 

まとめ

いかがでしたか遺産を相続することは、笑顔で受け取れる人もいれば、その逆に受け取ったために自分が苦しい思いをしなくてはいけないひともいます。「お金という魔物」のおかげで人間関係や交流が途絶えるような事になる恐れのあるものです。

相続を受けるときは自分の利益優先より故人の思いを十分に理解した上での相続人になって下さい。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

相続の弁護士費用っていくらくらい?

相続トラブルについて知っておきたい!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら