葬儀の受付はどうすればいいの?流れは?失礼のないマナーは?

葬儀の会場には、弔問客の応対にあたる受付係がいます。
その任に当たる人が、遺族にとってどのような立場であるかは、葬儀を行う側の経験者でないと分かリ難いものです。
もし自分がその立場に立つことになったら、どんな役割を担当する事になるのか、どんな事に気を付けるのか。
今回は、葬儀場の受付係についてご紹介致します。

 

Contents

葬儀の受付とは

受付の意義

葬儀の受付は、単に弔問客を迎えるだけでなく、広範囲な役割を負います。
来訪時の挨拶や記帳の説明を始め、弔問客達に応対する臨機応変さが求められるのです。

誰が担当するか

葬儀の受付は、多くの場合が遺族の隣人や故人の仕事仲間です。

葬儀業者に担当して貰う事もありますが、昔ながらの町内助け合いの一環として行われ続けた風潮は、まだまだ残っています。

弔問客からすれば最初に顔を合わせる相手なだけに、遺族の1人の様に思えますが、実際は血縁も無い他人による手伝いなのです。

役割の決定と分担

決定の時期

受付の役は、通夜からその仕事が始まります。
よって任せられそうな人を集めて、葬儀業者への連絡から通夜が始まるまでの短い前に、受付役を決めてしまわねばなりません。

役割の細分化と分担

葬儀の規模により、係の人数も違ってきます。また、人数を増やすだけでなく、受付の仕事を細分化して、それぞれで分担する事も有効です。
役割としては、後述の受付業務を分担したものが考えられます。
即ち、受付、会計、接待、駐車場の係です。

受付への御礼

家族の1人でもない限り、受付役を引き受けてくれた相手には、御礼をすべきです。
御礼は地域によって決められている場合もありますが、多くは現金または菓子折りなどの物品になります。

 

 

葬儀の受付の役割と流れ

受付の役割

役割は広範囲かつ多岐に渡ります。

配達された物品への対応

会場前の式場には、供物や供花、弔電などが届くため、受け取りに対応するのも受付の役割です。
配達された物に関しては、葬儀業者と喪主に報告します。

弔問客への対応

到着した弔問客へ挨拶し、芳名帳を見せて記帳の旨を伝え、返礼品を渡します。
返礼品は個人なら1人に1つですが、会社など法人名義での弔問なら、法人に対するものなので1つです。

弔問客からの受け取り

弔問客から以下の様なものを渡されるので、それぞれに対応します。

◎香典

渡されたら、「お預かりします」と応え、必ず両手で受け取る様にして下さい。
渡した本人がその場を離れるのを見届けてから、会計係に手渡します。

◎供物や弔電

弔問客が持ってくる場合もあります。
供物は遺族や葬儀業者が発注した物と同様に業者へ、弔電は喪主や葬儀業者の進行係に報告します。

◎鞄や上着

式場内へ持ち込むのは、マナー違反とまでは行きませんが、不便を感じる事になります。
クロークなどの収納場所があれば、受付の方で預かり、番号札と引き換えるのが無難です。

式場案内

専用の係が別にいるのでなければ、受付が葬儀会場の場所を案内する事も想定されます。
受付の場を離れず、手で指し示す事もあれば、一緒に歩いて案内する事も有り得ます。

その他の業務

式の規模が小さい、即ち多くの係を設置する事が出来ない状態なら、他の業務に関しても、受付が行う事になります。
式場外にある駐車場への案内、弔問客へのお茶くみとそれに伴う台所仕事など考えられるのです。。

受付の業務の流れ

受付の役割は通夜前から始まるため、業務を流れ図にすると以下の形になります。

(1)小物の準備(芳名帳、筆記具、お茶など)

(2)届いた物品の受け取りと報告

(3)焼香(自分は葬儀中に持ち場を離れられないため事前に行う)

(4)弔問客達への出迎え

(5)芳名帳への記帳をすすめ、香典を受け取る

(6)会葬礼状や返礼品を渡す

(7)式場への案内

(8)香典を会計係に渡す

(9)遺族へ香典を渡す

新しく弔問客が訪れたら、(5)へ戻ります。

 

葬儀の受付の失礼のないマナー

服装

葬儀の場である故、受付の服装も定められています。

喪服

具体的には、男女ともに以下の様な物になります。

◎服装

・ブラックスーツに白のワイシャツ

◎靴や靴下

・黒で光沢の無い物を着用

◎髪型

・派手さが無く落ち着いたものに整える

女性の留意点

上記に加えて、女性の場合は以下に留意して下さい。

◎ストッキング

・肌色または黒。光沢の無い物

◎靴

・踵の低い物

◎化粧

・派手さの無い薄化粧

中高生の場合

その機会は少ないでしょうが、中高生が手伝いに来るとなると、基本は制服を着用します。
それが無ければ、以下になります。

◎シャツ

・白いワイシャツ

◎ブレザーとズボンやスカート

・黒、濃紺、ダークグレーなど

弔問客への挨拶・対応

受付での言葉の例

以下の様な言葉遣いが求められます。

◎弔問客からのお悔やみに対して

「丁寧におそれいります」

◎芳名帳の記帳を求める際

「おそれいりますが、お名前ご記入ください」

◎悪天候の中での来訪

「御足元の悪い中、お越し頂き有難うございます」

細やかな心遣い

少しの工夫で、葬儀の場にふさわしい礼節となります。

◎芳名帳への記帳時

なるべく、ペンを手渡すようにして下さい。
また、ペンを机の上に置いている際も、先を揃えて並べる事で、記帳し易くなると同時に、厳粛な雰囲気にふさわしくなります。

◎場内案内の際

受付の場を離れ、弔問客を案内する場合もあります。
そういった際、歩行が困難かつ本人からの拒否が無ければ、手を引くなどの介助を行い、対応します。

 

葬儀の受付は誰に頼む?

親戚や親しい人は避ける

葬儀の受付は誰に頼んで良いのか悩んでしまうところですが、親戚や故人と親しい人、葬儀でのご供養に参加したい人は避けます。故人がなくなったことで悲しんでいる人、きちんとご供養に参加したい人に受付を依頼することはその方にも失礼になりますので受付を頼む人を選ぶのは慎重に考えましょう。葬儀は故人ご冥福とお別れの儀式ですので出来るだけ故人との関わりが浅い喪主の友人や同じ町内の方などにお願いをします。葬儀会社によっては受付を請け負ってくれる場合があります。

信頼できる人に頼む

葬儀ではお香典や香典返しなどのやり取りがあります。特にお金を扱う役割ですのでお金の管理を任せられる人、弔問客の対応ができる方を選びます。声を掛ける際は失礼の無いように自分の身内に不幸があったことを報告し、丁寧に受付をお願いしたい旨を伝えるようにします。

受付をしてくれた人への謝礼

基本的に葬儀の受付に対して謝礼をしなくてはいけないというきまりはありませんが、その土地の習慣等によってお金や物で感謝の気持ちを表す場合もあります。忙しい中受付をしてくれる人に失礼がないようにするためにはご近所等でそういった習慣がないかあらかじめ調べておきます。

 

葬儀の受付の注意点

受付を他人が行う理由

受付の者は、葬儀中も持ち場を離れる事が出来ません。これに対し、遺族は葬儀に出席する立場です。
結果、遺族が受付になると、葬儀に途中から入る事になりマナーに反するので、他人が行うのが無難だと言えます。

親族が行う際の注意点

近年は家族葬の増加、つまり遺族親族のみの参列で会場自体も狭くなってきた関係上、こういったマナーは薄れては来ました。
その場合でも、例えば受付役は複数人で取り組み、線香や焼香は交代で行くなどの、配慮が必要です。
故人の親族が行う場合は、直系外の者に声が掛かる事になります。
直系がするとなると、多くは孫です。

事前準備に関する注意点

業務の把握

式の内容や会場内の間取り、最寄駐車場などの全体把握が必要となります。
弔問客は駐車場やトイレの位置に関しては、受付に頼る事になるためです。

芳名帳用の筆記具

弔問客によっては、筆記具にこだわりがあるかもしれません。
ボールペン以外にも、サインペンや筆ペンも備えておきましょう。

また、それらがきちんとインクが出るかなどの細かい心配りも要求されます。

香典の管理

「香典泥棒」などと言う言葉が存在するほどです。
香典は金銭。管理には注意が必要であり、それを受け取る係である受付には、慎重さが求められます。

集計は親族で

前述の様に、会計係を設けるにせよ、受付がその役割を担うにせよ、信用出来るものでなければなりません。
係はなるべく2名以上で行い、特に香典袋の中身を数える役は、親族が行うべきです。

番号を袋に明記

弔問客が記入した芳名帳の記入欄には、番号が付いています。
そのため、渡された香典袋にこの番号を記入しておけば、誰がどの位の金額を渡したのかが明確になります。

 

 

まとめ

弔問客からすれば、手伝いに来ただけの他人であったとしても、受付の者が遺族達の代表だと捉えられます。
受付に至らぬ処があると、弔問客にも遺族にも、不快な思いをさせてしまうのです。
そんな受付の役割を果たすのに大切なのは、自らも遺族の立場と気持ちで考える事です。それにより、マナーや行動など、自分はどうあるべきかの答えが出ます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

葬儀の流れについて教えて!気をつけることは?

葬儀の服装ってどうすればいいの?価格は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら