社会福祉士の倫理綱領って何?必要性は?例は?

社会福祉士の倫理綱領とは、倫理に関することの決めごとのことで、社会福祉士はそれを行動規範とする専門職です。社会福祉士はソーシャルワーカーとして、重要な役割を持っています。そのため、倫理綱領に基づいた利用者本位の質の高い福祉サービスの提供を務めます。社会福祉士の倫理綱領について、具体的に解説していきます。

 

社会福祉士の倫理綱領とは

社会福祉士の倫理要綱は、2000年7月の国際ソーシャルワーカー連盟が採択した「ソーシャルワークの定義」を実践のよりどころとしています。定義は次のようになっています。

ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を 目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々の エンパワーメントと解放を促していく。ソーシャルワークは、人間の行動 と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響 し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠 り 所 と す る 基 盤 で あ る 。

倫理要綱には「価値と原則」と「価値基準」について書かれています。大まかに書かれていることをまとめます。

社会福祉士の価値と原則

①人間と尊厳

社会福祉士は人種や出自などにかかわらず、すべての人間をかけがえのない存在として尊重する

②社会主義

社会福祉士は、自由、平等、共生に基づく社会主義の実現を目指す

③貢献

社会福祉士は人間の尊厳の尊重と社会主義の実現に貢献する

④誠実

社会福祉士は本倫理綱領に対して常に誠実である

⑤専門的力量

社会福祉士は専門的力量を発揮し、その専門性を高める

社会福祉士の価値基準

①利用者に対する倫理責任

・利用者との関係(利用者との専門的援助関係を最も大切にする)
・利用者の利益を最優先(業務を遂行するときに利用者の利益を最優先する)
・受容(利用者をあるがままに受け入れ、先入観や偏見をいれない)
・説明責任(利用者に必要な情報や方法をわかりやすく説明して利用者の意思確認をする)
・利用者の自己決定の尊重(利用者の自己決定を尊重し、活用できるよう援助する)
・意思決定能力への対応(意思決定が難しい利用者に最善の利益と権利を擁護する)
・プライバシーの尊重(利用者のプライバシーを尊重し関係者に情報を得る時同意が必要)
・秘密の保持(利用者や関係者から情報を得た場合秘密を保持し、業務後も保持に務める)
・情報の共有(利用者からの記録の開示要求がある時は記録を開示する)
・性的差別・虐待の禁止(利用者に対する差別、セクシュアルハラスメント、虐待をしない)
・権利侵害の防止(利用者を擁護し、権利侵害の発生防止)

②実践現場における倫理責任

・最良の実践を行う責務(実践現場で専門的知識、技術を惜しみなく発揮する
・他の専門職等との連携・協同(相互の専門性を尊重、他の専門職等と連携、協同する)
・実践現場と綱領の遵守(実践現場で倫理上のジレンマが生じる場合、綱領の原則を尊重、基本精神の遵守に務める)
・業務改善の推進(業務点検を常とし、業務改善をする)

③社会に対する倫理責任

・ソーシャルインクルージョン(人々をあらゆる差別、暴力、抑圧、排除、貧困、環境破壊
から守り、包括的な社会を目指す)
・社会への働きかけ(社会の差別等の不正義を改善、問題解決のために他職種と連携し、効
果果的に社会に働きかける)
・国際社会への働きかけ(人権と社会主義に関する国際問題の解決と世界のソーシャルワー
カーとの力を合わせ国際社会への働きかけをする)

④専門職としての倫理責任

・専門職の啓発(利用者や他職種、市民に実践を通して信頼を得る
・信用失墜行為の禁止(立場を利用した信用失墜行為を行わない)
・社会的信用の保持(他の社会福祉士が信用失墜行為をする場合、本人に知らせ、必要な対
応を促す)
・専門職の養護(不当な批判を受ける場合、専門職として連帯し立場を擁護する)
・専門性の向上(スーパービジョン、教育、研修に参加し、援助方法の改善と専門性の向上)
・教育、訓練、管理における責務(相手の人権を尊重し、専門職としてより成長を促す)
・調査・研究(すべての調査研究で利用者の人権の尊重と倫理性の確保をする)

 

 

soudan_madoguchi

 

 

社会福祉士の倫理綱領の必要性

社会福祉士は、倫理綱領を遵守することで、相談援助の知識や技術の専門性を維持し、倫理性を向上することを職責としています。それとともに、サービス利用者や社会全体の利益に密接に関連していることを認識するために倫理綱領は必要です。

倫理綱領により、社会福祉士は一人一人の尊厳や価値を認め、平等であることを認識し、平和を擁護し、利用者本位の質の高い福祉サービスを提供し、利用者の自己実現を目指します。

 

社会福祉士の倫理綱領の例

地域住民から、高齢者夫婦AさんとBさんが困っているようで、救急車が頻繁に来ているがどうしたらいいかという相談が寄せられました。社会福祉士は相談に乗り、高齢者夫婦の現状を把握し、他職種に働きかけることと、地域住民に働きかけることで夫婦の生活を支援しています。

Aさんの例

Aさんは60歳で認知症があり大腸がんで手術は拒否している
妻のBさんは60歳で肺がんを患っている
子供たちとは疎遠である者や消息不明の者がいる

①この夫婦の現状

・ガン性疼痛や精神的不安のため、頻繁に119番通報をする
・病状が理解、認識の低下がある
・IADLの低下で家事が負担になっていること、
・治療費や住宅ローンの未払い
・債権整理を含む生活費等の支払いが未払い
・養子縁組の未解消
・家族と音信不通

②AB夫婦の相談支援体制の構築による主なニーズの充足

・後払い方式のタクシー通院手段の確保
・生活保護の申請をして経済安定を図る
・治療により、Aさんの痛みを緩和し、看取る
・Bさんの希望により入院治療
・社会資源の活用での家事負担を軽減
・近隣住民・民生委員等が見守りや声掛けをする
・法律扶助で弁護士が債務整理と養子縁組を解消
・Aさんに後見制度による保佐人をつけ、身上保護や金銭管理をする

③地域で包括的に相談体制の構築し維持する

・地域の専門職の連携体制の構築
・受診の時の移送する手段の充実
・住民に認知症の理解を深める
・住民による見守り体制の構築を図る
・多職種において情報を共有する
・看取りケアに関する調査
・看取りケアに関する介護職員の精神的な不安と負担を把握
・多職種による研修会の開催
・個人情報を保護する観点と地域住民への情報提供のタイミングや内容などの課題を地域ケア会議で話し合う

社会福祉士はこのように関わり、AさんとBさんの高齢者夫婦が安心して生活できるように構築し、地域住民の助けや他職種の連携により、環境を整備し看取るまで支援します。

 

 

job_syakai_fukushishi_woman

 

社会福祉士の行動規範の事例

社会福祉士の行動規範には、「利用者に対する倫理責任」「実践現場における倫理責任」「社会に対する倫理責任」「専門職としての倫理責任」などがあります。
社会福祉士の行動規範は倫理綱領に基づき、社会福祉士が実践において従うべき行動を示したものです。社会福祉士の行動規範について事例をもとに理解していきましょう。

■父親によるネグレストの例に対する社会福祉士の対応

【事 例】

中学生のA子さん(14歳)は,母親の死亡後,父親のCさん(38歳)からネグレクトと身体的虐待を受けています。Cさんはアルコール依存症で入退院を繰り返し、定職についていないため、生活は常に不安定であります。A子さんはCさんの入院中に児童相談所に保護されていますが、退院し自宅療養中のCさんが「A子を家に帰してほしい」という申し出がありました。そこで、B社会福祉士が自宅訪問すると家の中は雑然としていて、ゴミや洗濯物が散乱している状態でした。Cさん自身も健全な生活が成り立っているとは言い難い状況で、食事も十分にとれていないに見受けました。Cさんは「退院してからお酒は一切やめている。これからは子供の為に頑張って働いて生活していきたい。A子がそばにいてくれると励みになるので一緒に暮らしたい」と強く訴えたのでした。

【社会福祉士の行動規範に基づくBさんの対応】

■不適切な対応

①「A子さんの引取りは今後とも無理だと思う」と伝える。
②「引取りたいという気持ちが強いようなので、A子さんに帰るように話します」と
その場で伝える。
③「A子さんのことなので、一緒に暮らすかどうかはA子さんに決めてもらいましょう」と伝える。

■適切な対応

「Cさんのお気持ちはよく分かります。これから話し合っていきましょう」と伝える。

【解説】

① の対応ではA子さん自身の「自己決定の尊重」「説明責任」が不十分です。
②③の対応では「説明責任」と未成年者であるA子さんの「意思決定能力への対応」及び「誠実」に欠けるでしょう。
また、①②③のいずれの対応においても「最良の実践を行う責務」「他の専門職種との連携・協働」についても十分に取り組んでいるとは言い難いです。

 

社会福祉士 倫理綱領の注意点

社会福祉士は、特に新任職員が倫理綱領によるジレンマを抱えます。日本福祉大学社会福祉学部の浅原千里氏は「社会福祉士実習生のジレンマ体験の特徴とスーパービジョンのあり方」の中で『社会福祉施設における新任職員が抱える悩みとして, ①組織 ②スーパービ ジョンと低いコンピテンツ ③業務上の人間関係 ④業務負担感 ⑤専門職としてのアイデンティ ティのゆらぎと獲得 ⑥Coping ⑦プライベートと仕事の線引きがあり, 彼らの 「組織への (組織人としての) 適応」 と 「専門職としての自己の確立」 に対するサポートが必要である』としています。

高い倫理観を求められ、真摯に向き合うときに、社会福祉士としての仕事に燃え尽きてしまい、疲弊してしまう場合があります。スーパービジョンは、スーパーバイザーにとって個々の社会福祉士に対して、特定の事柄に個別化して行われ、高い支援が出来るようになり、働きやすい職場環境づくりや燃え尽き症候群の予防や業務困難と感じることが軽減され、、援助法の改善やより専門性を培うことができます。

 

job_hisyo

 

まとめ

今後、ますます求められる社会福祉士の倫理綱領では、高い倫理と行動規範が求められていますが、それは社会福祉士として援助を行う点において大切なものとなっています。よく読み、理解することで社会福祉士としての仕事に生かせるでしょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

社会福祉士には実習ってあるの?実習内容は?注意点は?

スーパービジョンって何!?やり方は?

福祉タクシーはどんな使い方ができるの?補助金は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら