言語聴覚士の求人ってどんなのがあるの?仕事内容は?探せるサイトは?

皆様は、言語聴覚士という職業をご存知でしょうか?
福祉関係の勉強をしたことのある方や、福祉関係の仕事をしている方であればご存知の方も多いと思います。では、この言語聴覚士とは、どういう仕事をする方達で、また、求人にはどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、この言語聴覚士というお仕事にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

 

言語聴覚士の仕事内容

では実際に、言語聴覚士のお仕事とはどのようなものなのでしょうか?
言語聴覚士とは、主に何らかの障がいが原因となり、耳が聞こえづらい方、言葉を上手に話せない方のために、どのようにしてコミュニケーションをとっていいのかを、指導や助言をする方々のことを指します。では、具体的にどのようなアプローチをしていくのでしょうか?まず、一番大切なことは、リハビリテーションを行なって行くことです。
少しでも話しがしやすい状態に持って行くため、発生練習などを行なっていきます。もちろん、皆が同じリハビリをするのではなくて、患者様一人一人の状態に合わせたリハビリを行なっていきます。
そのほか、身体的なリハビリだけではなく、精神的なリハビリ。また精神的なケアを行うことも言語聴覚士の仕事内容の一つです。

患者様が何を一番に望んでいて、どうなって行くのかが最終的なゴールであるのかを、患者様本人、または家族とともに話し合っていきます。もちろん、それだけではありません。積極的にコミュニケーションが取れるように、指導も行なっていきます。言語障がいがあるからと言って、全くコミュニケーションが取れないという訳では決してありません。しかし、手段はわからない方はたくさんいます。それは、本人以外の家族にも言えることです。だからこそ、患者様自身や支えていく家族の方に指導や助言をしていくことが大切なのです。もちろん、それだけでではなく、様々な医療機関にて言語聴覚士の視点から援助していくことも仕事の一つです。
例えば、どのようにして意思疎通をはかって行けば良いのか、どのような食事を提供していけば良いのかなど、他の医療機関と連携をしてケアをしていくことが大切です。

 

medical_gengochoukakushi

 

言語聴覚士の求人を探すには

では、言語聴覚士の求人はどのようにして探していけば良いのでしょうか?
まず、言語聴覚士の職場はひとつではありません。教育現場や福祉現場など、多岐に渡ります。まず、自分がどのような環境で働きたいのかを考えてから探していく必要があるでしょう。条件や環境、給与面などの希望を洗い出し、自分の希望がはっきりとわかってからが求人探しのスタートとなります。まず、求人を探すのに一番最初に思い浮かぶのは、ハローワーク、職業安定所での紹介ではないでしょうか?たくさんの求人がありますので、パソコンで自分の条件に当てはまる求人を自分自身で検索することが出来ます。また、今まで言語聴覚士として働いていた実績があるのであれば、ハローワークの職員の方の方からいい求人を紹介してもらえる場合もあります。その他の方法としては、今はインターネット上で検索する方法も普及してきています。一般的な転職サイトや求人サイトもありますが、今は福祉系に特化した求人サイトもたくさん出てきています。ネットでの求人の利点は、職場の様子が写真で確認できたり、実際に働いている方の声を聞くことが出来るので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
職場によっては、実際に採用に至る前に、職場を見学できる場合もありますので、しっかりと検討することができるかと思います。その他の方法としては、知人に紹介をしてもらうという方法もあるのではないでしょうか。特に、知人に同じ言語聴覚士がいる場合や、医療機関や福祉関係で働いている方であれば、ある程度環境はわかるかと思いますし、求めている条件が話しやすいかと思います。
もちろん、自分自身でハローワークに出向き、検索して探し出すことやインターネットで探す方法もありますが、このように誰かに紹介してもらい職場を見つけていく方もたくさんいます。自分のやりやすい方法で探してみてください。

 

90ab9b37458a20b342db79e70a0aaecf

言語聴覚士の求人を探せるサイト

では実際に、言語聴覚士の求人を探せるサイトをいくつかご紹介したいと思います。

①Indeedインディード

このサイトは、福祉系の求人に特化したものではありませんが、求人サイトとしては大手で種類も多く検索しやすいのではないでしょうか。キーワードや勤務地から求人を探すことができ、全国の職場から検索できます。また、メールアドレスを登録しておくことで、条件にあった求人が出た場合に、メールで知らせてくれます。

②GUPPYグッピー

こちらのサイトは、医療介護のくくりで検索することが出来ますので、言語聴覚士の他にも医師や看護師、介護福祉士や社会福祉士などの福祉系の仕事の求人が豊富です。また、条件での検索も、福利厚生や休日、設備など詳しい条件で検索することが出来ます。

③PT-OT-ST.NET

こちらは、理学療法士、作業療法士、そして言語聴覚士のサイトとなります。求人情報はもちろんですが、学会や研修情報、リハビリ関係のニュースなども確認することが出来ます。

④メディカルドットコム

こちらも、言語聴覚士に絞って求人を検索することが出来ます。給与や雇用形態、エリアやキーワードから求人を探すことが出来ます。

 

言語聴覚士の求人を探す上での注意点

では、言語聴覚士の求人を探す上での注意点はどんなものがあるのでしょうか。
まず、上記でもお話しさせていただきましたが、自分の希望やビジョンをはっきりさせなければ良い求人を探すことはできません。自分が職場を探す上で、何を一番重要視しているのかを把握して、自分の意思を持った上で探していく必要があります。また、ハローワークや知人に職場を紹介してもらう場合は、相手側に迷惑をかけないようにしましょう。たとえご縁がなくてお断りをする場合であっても、連絡をしなかったり、状況報告を怠ってしまった場合は、もう二度と職場を紹介してもらえない場合があります。連絡をすること、自分の意思を伝えることは、最低限のマナーです。くれぐれも、失礼のないようにしましょう。また、もし自分が働きたいと思った場合、後でトラブルにならないようにするためにも、条件や勤務体制はきちんと確認をしておくようにしてください。

わからないことなどがある場合は、事前にきちんと質問をしておきましょう。自分も相手側もお互い納得をして、初めて働くことができるのです。就職した後に気持ちよく働けるためにも、事前に確認しておくことは大切です。

 

nurse1_4_laugh-361x500

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今は、ハローワーク以外にも様々な方法で求人を探すことが出来るようになりました。とても便利にはなりましたがその分、自分に合う求人を自分で見つけていかなければならなくなりました。たくさん求人があるからこそ、自分の希望を第一に考えてください。実際にその職場で働くのは、自分自身だからです。自分自身が納得いかないまま働きに出てしまうと、長く続かない場合もあります。
これは、言語聴覚士以外の職業にも当てはまることです。
後で自分が後悔しないためにも、また選んだ職場で長く働けるためにも、今一度自分はどんなことを優先して仕事を探したいかを整理してみてはいかがでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

言語聴覚士の専門学校について教えて!

言語聴覚士の給料ってどうなってるの?年齢、地域での差はある?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら