社会福祉士は公務員なの?年収は?年齢制限は?

PrimaryCareNew

社会福祉士の資格を取得する人は、毎年11,000人前後で、平成28年度に社会福祉士として登録している人の数は全国で201433人です。社会福祉士は相談業務が中心で窓口にきた人や家族の面談を行います。他の連携機関と連絡を取って相談に来た人の生活に寄り添っていきます。社会福祉士には公務員として働く場合や病院や福祉施設などの民間で働く場合があります。

 

社会福祉士の雇用体系

雇用は安定

社会福祉士の仕事は、福祉業界の中では安定していると言われています。特に、公務員として雇われている場合、正社員として雇用され手厚い待遇を受けていて安定しています。働く職場は各自治体の福祉関係の課や社会福祉協議会、病院、福祉事務所、児童相談所、高齢者施設、障害者施設などです。
民間の社会福祉施設では、そこの経営状態によって異なり待遇も様々です。社会福祉士は民間の社会福祉施設の求人が多いので、就職する場合は、就職先の給与体系や待遇を調べておくといいでしょう。社会福祉施設、特に高齢者施設や障害者施設では、送迎や介護などの仕事をすることがあります。

社会福祉士は独立して事務所を構える人もいます。独立型社会福祉士と呼ばれていて、近年の新しい働き方となっています。独立する場合、社会福祉士協議会では事務所を構え、相談業務や成年後見人代行などを務めます。

 

 

image8

 

社会福祉士の公務員としての待遇、年収

社会福祉士の公務員としての待遇

社会福祉士は公務員として雇われる場合、待遇は福祉関係の業界では安定しています。自治体の公務員給与規定に照らした給与が支給されるため昇給もあります。公務員は、一般的に土日祝日の仕事が休みなので、ワークバランスがとりやすい仕事です。

退職した後も退職金や、厚生年金などが手厚く支給されます。民間の施設などの給料や待遇と比べて保障が充実しています。

社会福祉士の給与、年収

社会福祉士は年齢が上がるにつれて給与も上がっていきます。

大卒の初任給  給与17万円~19万円、年収270万円~228万円
短大・専門学校卒の初任給 給与15~18万円、年収230~280万円
30代      給与20~24万円、年収240万円~288万円
40代      給与23~30万円、年収276~360万円

勤続年数や他の資格との勤務、役職などによって給料の差があります。公務員の給料は、社会福祉士の給料の中で最も高く賞与も出ます。勤続年数が長いほど上司となり役職もつき、年収が600万円ほどになる人もいます。

民間の施設の給料が300万円~400万円に対し、公務員として長く続ける場合は昇給や賞与が確実であり安定した給料がもらえます。

社会福祉士の公務員としての仕事内容

社会福祉士は、困っている人を日々の生活に寄り添ってサポートします。経済的に困難な人や病で苦しんでいる人、高齢や障害を持ち日常生活を自力で行うことが困難な人などの支援、サポートをします。公務員としての社会福祉士は相談者に無料相談の仕事をして、その人を援助する奉仕の仕事とも言えます。

①各自治体の福祉関係の課

都道府県や市役所に採用された場合、福祉関係の課に勤務し、福祉に関するケースワーカーとして相談業務を行います。
<h4<・高齢福祉課

高齢者に関する相談や、高齢者保健福祉計画、高齢者保健施設、高齢者権利擁護や虐待に関する相談業務

・児童福祉課

子育て支援、相談に関する業務、母子家庭支援、相談業務、児童虐待に関する対応業務、女性の相談支援、児童入所施設に関する業務、障害児福祉に関する業務

・生活福祉課

生活保護の相談、支給に関すること、自立支援施設の運営などに関わる業務

・障害者の支援

障害者の就労に関する支援、障害者施設の支援、障害者手帳や障害者福祉の支援、障害者手当に関することなど

福祉事務所

国や地方自治体が行う社会福祉サービスの仕事で、生活保護や高齢者、児童、母子、身体障害、
知的渉外などに関する福祉サービスの相談を行い、相談に応じて利用開始の決定調整を行います。

児童相談所

児童相談所では、福祉事務所や児童福祉施設、学校、児童委員などと連携して、要保護児童の判定や一時保護、施設入所の決定などを行います。

③国公立の病院や施設

国公立病院で働く社会福祉士は医療ソーシャルワーカーとして、一般病院と同じように、療養中の患者の心理的な問題や社会的な問題の相談や解決、そして、退院の援助や社会的復帰援助、受診などの援助などを行います。

④地域包括支援センター

地域包括支援センターは市が経営している所と民間が委託して行っている所と両方あります。市が経営している地域包括支援センターは公務員としての採用になります。

地域包括支援センターで、社会福祉士は主に介護サービスや福祉サービスに関する相談を行っています。高齢者や障害者がかかえる問題に対して相談を行い、生活の見直しや高齢者虐待に関する問題、利用者の権利擁護に関しての相談などを行います。

 

社会福祉士の公務員になるのに年齢制限はある?

社会福祉士の公務員の年齢制限

現在の社会は、孤独死や児童や高齢者虐待問題、住宅問題など問題をたくさん抱えています。
社会福祉士の資格を取ったからといって、すぐに役立つわけではありません。若い時に社会福祉士の資格をとり、幅広い知識を持ち、奉仕の精神を持ち合わせていないと出来ない仕事です。

そのため、年齢が50歳くらいでも実務経験がある人は採用が有利です。しかし、実務経験がない人は若い人の方が採用されやすいです。相談業務は実務をこなせばいいということではなくて、相談者に寄り添って、時にはその人の生活改善のサポートや施設との連携なども必要になってきます。

ただ、公務員として採用されるためには、年齢制限があり、例えば35歳もしくは40歳未満などとしています。40歳以上の人に関しては公務員採用が難しくなります。年齢制限は自治体により異なっています。採用の年齢制限は時期によっても異なるので、採用試験を受ける場合は、受けられる年齢かどうか見ておきましょう。

社会福祉士の公務員試験について

社会福祉士の公務員試験は自治体により時期が異なります。公務員試験は大きく分けて県庁や大規模市役所などのA日程、中規模あるいは大規模な市役所などのB日程、小~中規模のC日程があります。

例えば、4月から募集が始まり、6月に1次試験が行われ7月に2次試験、8月に3次試験が行われるというような日程になっていて、同じ年に日程が違うA、B、C日程全て受験することができます。

公務員の場合は、筆記試験と面接で筆記試験では一般教養試験と専門試験があり、筆記試験も難しくて難関です。社会福祉士の国家試験から間が空いている場合は、再度勉強して見直す必要があります。

社会福祉士の募集は、どの自治体でもあるわけではありません。自治体で勤めている人が辞めない場合は募集しないからです。採用は不定期で行われる場合もあるので、求人募集をチェックしておくといいでしょう。

市役所などで、不定期に募集している1年ごとの更新で雇用期間を定めてハローワークで募集がある場合、公務員とほぼ公務員と変わらない待遇で募集が出ています。

 

benkyoukai_kunrenkou

まとめ

社会福祉士で公務員として働く場合、公務員給与規定に沿って給与が支給されているため、社会福祉士の中では良い条件で働くことができます。
待遇面では公務員なので、土日祝日が休みで昇給、賞与、退職金、福利厚生など優遇されています。
社会福祉士の公務員となるには各自治体によって異なる年齢制限があるので、公務員試験を受験する際は確認してください。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士の就職先ってどんなところがあるの?公務員もあるの?

社会福祉士の大学って?国公立?大学を選ぶポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら