葬儀の費用ってどのくらい掛るの?平均は?安く済ますためには?

葬儀は、我々の生活において避ける事の出来ない行事です。反面、日常的に接するものでもなく、勝手の分からない部分が多々出てきます。
費用はどれ程なのか、難しい問題です。そこで使われる道具一つ取っても、葬儀社からの提示額は妥当なのか分からなくなります。今回は、葬儀費用の種類や差、節約方法などを解説します。

 

葬儀の費用とは

葬儀費用の種類は、大まかに分けて3種類。また、葬儀業者に払う物だけではありません。

葬儀費用

葬儀に直接関わるものであり、葬儀業者に対し支払われます。

遺体への処置・保管

・ドライアイス、清拭、湯灌など
(例:ドライアイス代5千~1万)
<h4L会場設営費

・式場看板、内外装、会葬礼状、受付道具、焼香道具、会葬礼状など
(例:看板代1.5万~3万、受付代1.5万)

祭壇と仏具

・棺、祭壇、遺影、生け花、線香・蝋燭、供物など
(例:祭壇30万以上、生け花5千~3万、遺影5万~10万)

変動費用

飲食や返礼品などの接待費や火葬費など。
金額が一定するものでは無く、それこそ当日にならないと分からないような要素の費用です。
よって、葬儀費用とは別物ですが、葬儀業者が立て替えておき、一緒に精算されることの多い物です。

施設利用費

・火葬費、斎場費用など
(例:火葬0~5万、斎場利用2万~50万)

車両代

・霊柩車、寝台車、マイクロバスなど
(例:霊柩車代2.5万)

接待費

・通夜料理、精進落とし料理、返礼品など
(例:料理・返礼品1人3千円ほど)

宗教謝礼

寺社に対するもの。
葬儀業者のプランによってはセット料金となるものもありますが、基本は葬儀費の見積もりとは別口になります。
掛かる費用は、料金ではなく謝礼、すなわち「お布施」の扱いになります。

・戒名、読経など。

(例:「お布施」として、20万~80万)

 

free-illustration-osoushiki-iei-ojiisan-irasutoya

 

葬儀費用の平均

「葬儀とは費用がかさむものならば、目安となる相場価格や、皆がどれくらい掛けているのかなどの平均値を知りたい」、そんな疑問も湧きます。
葬儀費用の相場は、葬儀自体の費用で130万円、総額で200万円ほどと言われています。
しかし、これらのデータはあくまで目安です。

「平均額」の不確かさ

財団法人日本消費者協会では、3年ごとに調査を行い、葬儀に掛かった金額の調査結果を公開しています。
例えば2010年度では、総額が約200万。多くの人は200~300万との結果が出ています。
反面、最低金額20万、最高額810万などと、実に40倍以上の開きがある内訳データもあり、先の数字が意味をなさなくなっています。
これらは協会の会員とモニターを対象としたもので、データの対象人数は多くありません。
他にも、年度別での葬儀費用平均データなるものを明示しているメディアはありますが、実際の処、額が一定していない状態です。

葬儀の規模ごとの平均額

そもそも葬儀とは、規模が様々です。2人で行う事もあれば、数百人のものもあります。
どれだけ葬儀に手をかけるかも、本人の生前に残した希望や、遺族の意思が関係してくるため、「平均額」が存在し得ないとすら言えるのです。
目安となる額としてなら、むしろ葬儀の規模を基準に考えた方がふさわしいと言えます。
以下は、葬儀費用だけで見た場合の平均費用です。

家族葬

平均約50万。肉親縁者のみとする事で、参列者50名以下に抑えたタイプです。

一般葬

平均120万。多くの人を招待するため、費用が増します。

火葬(直葬)

平均30万。火葬のみで通夜などを行わず、切り詰めます。

 

葬儀費用の内訳

葬儀全体の費用

葬儀全体にかかる費用として大きく分けると
「参列者への返礼品・食事」
「寺院等へのお布施」
「火葬費用」
「葬儀の会場や進行にかかる費用」です。
参列者への返礼品や食事に関しては弔問に訪れる人の数にもよりますが葬儀会社に一般的な参列者数や品物の値段を聞いておくことで予測できます。寺院へのお布施にもだいたいの相場がありますので事前に準備しておくことができます。火葬費用も火葬施設で決められた額となります。葬儀は人や地域の風習によっても大きく異なるため一番違いが出るのは葬儀の会場や進行にかかる費用です。

葬儀の会場や進行にかかる費用の内訳

会場費用:式に使用する会場の費用です。
祭壇費用:遺影、柩、供花等を飾る祭壇の設置費用です。
供花費用:祭壇の供花、他式場内外に飾るお花の費用です。
湯灌(ゆかん)費用:式の前に個人のご遺体を洗い清めて化粧や衣服を整える費用です。
柩費用:ご遺体の入る柩の費用です。
ドライアイス費用:ご遺体を保つために必要な温度管理を行う費用です。
式進行管理費用:式の流れや弔問客の対応など式の進行に関する管理をする費用です。
司会費用:式を行うにあたって司会をし、実際に進行していく司会者の費用です。
受付設備費用:受付の表示、芳名帳、筆記用具等受付に使用する設備・物品の費用です。
線香・蝋燭費用:ご焼香の道具や線香、祭壇に飾る蝋燭等の費用です。
枕飾り費用:ご遺体の枕元に置く枕飾りの費用です。
中陰後飾り費用:葬儀後に位牌などを置く中陰後飾りの費用です。
遺影写真加工費用:遺影の拡大や加工等にかかる費用です。

 

葬儀費用の地域差

2014年度に財団法人日本消費者協会が行ったアンケート結果です。
数値は万単位、並べられた数字は左から順に、「通夜及び告別式」、「接待及び飲食」、「お布施」を表しています。

◎北海道:20~500
(30~300、2.6~50、10~60)
◎東北:18~500
(5~200、5~200、10~150)
◎関東:20~650
(18~270、3~160、3~400)
◎中部:10~510
(27~355、4~158、4~150)
◎近畿:95.7~400
(70~300、0.7~2、25~60)
◎中国:62~300
(15~125、2~3、10~56)
◎四国:46.5~300
(23~180、12~200、10~70)
◎九州:56~1000
(122~257、1.5~250、3~80)
※平均:41~500
(8~300、2.6~127、9.3~129)

関東が多くの費用を掛けている場合が多い反面、格差が非常に大きい。
関西は全体的に少ない、などの特徴がうかがえます。

都道府県別では千葉県が葬儀費用平均額1位、沖縄が最下位になる事が多く見られます。

しかし、葬儀自体が全体的に減少傾向にあるうえに、前述の葬儀の規模や個人の意思の影響が非常に大きいので、どの地域が安定して高額なのかは、どのくらいの予算を組むかの基準にすべきではありません。

 

葬儀費用を安く済ませるためには

葬儀費用の主要部分を見直す

かつては情報源が無く、業者に言われるがまま契約するしかありませんでした。今では、葬儀費の内訳を見直したり、業者を比較したりする事が出来ます。
まずは葬儀費用を、「葬儀一式」「飲食及び接待」「寺社関連」に分けて、各明細を見直しましょう。
すると、削減できる部分がある事が見えてきます。

葬儀一式

まず考えられるのは、一般参列者も含めるのか、宗教儀礼を重視するのか、です。一般の参列も多くなるとそれだけで諸々の費用が上がります。宗教儀礼を重視すると、祭壇等の道具類が高価な物になっていきます。

飲食・接待

「通夜振舞い」や「精進落とし」の料理を、葬儀業者通さず自分で手配すると、費用が少なく済みます。

寺社関連

無宗教化したり、家族葬にしたりして、寺社との関わる部分を減らす方法もあります。
ただ、これには菩提寺とのトラブルが有り得ます(※後述)。

公的制度や利用

葬祭扶助

◎市民葬
・各県民対象。
◎区民葬(区民葬葬祭具券、区民葬霊柩車券、区民葬火葬券のセット)
・東京都民対象
(区民科で死亡診断書を提出し区民葬儀券を購入すると上記の3種類の券が発行)

火葬費の節約

市民としての籍があれば使える火葬場もあります

埋葬料の節約

各種健康保険には、加入者死亡の際、埋葬料が支給される制度があります。
◎健康保険:5万円
◎国民健康保険・後期高齢者医療制度:1万~8万円

企業による援助

互助会

葬祭に関する費用を、それが起きた時のために積み立てます。この事業を行う企業は、経済産業大臣の許可を受け、営業許可番号を付与される必要があります。

葬儀信託

別名、葬儀生前契約。
主に、生協や農協との提携による葬儀、葬儀生前契約にて行われるものです。
生前に葬儀プランを決め、費用を信託財産として銀行へ預けます。
没後、葬儀がプラン通りに行使されれば、信託より葬儀社へ支払われます。

 

注意点

業者選びの注意点

葬儀を行う際も、費用を節約する際も、詰まる所必要になるのは、業者に対するリサーチです。

発注時と見積書の注意点

業者の選び方のうち、費用を考えると、以下の点へ特に注意する事になります。
◎.市民葬や区民葬にも対応しているか。
◎家族葬など希望の小さい物や、集会所など小さい施設での開設にも応じてくれるか。
◎見積書が詳細であるか
◎値引き額が小さいか
◎依頼時の話を熱心に傾聴してくれるか

(上記注釈)

※大幅な値引きを誇示してくる業者は、他の点で費用が逆にかさむ恐れがあります。

明細書について更に注意すべき点

・葬儀用具の数々を「一式」との言葉でまとめていないか
・追加費用や別途費用が明記されているか
・書類が見積もり書なのか、別のプランの書類と挿げ替えられていないか

病院提携業者への注意点

病院で家族が臨終に至った時、ついそこと提携している葬儀会社に頼る事になりがちです。
結果、自分にとっては余分なサービスに契約してしまったり、見積額や契約書の項目を見落としたりするおそれがあります。

宗教儀礼への注意点

葬儀費用を節約しようとしても、宗教儀礼に関してはトラブルが有り得ます。
宗教と絡まずに済むため、「無宗派葬」を行負うとする人は多くいます。
しかし、宗教上の手続きを行っていない葬儀となるので、先祖の墓に入ろうとしても、菩提寺から拒否されるのです。
無宗派葬を行うなら、菩提寺と相談するべきです。

心理的影響

葬儀をあまりに小規模にしてしまうと、後になって「故人からすれば、あれで良かったのか?」と思い悩む事になりかねません。
「葬儀の金を出し惜しむのは不道徳だ」と感じる方も多くいます。

それを防ぐために、生前からのリサーチが重要となります。

 

oshoushiki_gosyoukou

まとめ

葬儀は様々な面で費用の掛かるものです。
しかし、故人は亡くなるまでに、多くの人と関わってきたものであるため、葬儀に関わらせまいとするのも簡単な話ではありません。
丹念なリサーチは何よりも重要ですし、更には生前から、生存葬として計画を丹念に立て、自分でも納得できそうな形での準備を進めるのが重要になります。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

エンディングノートが注目されている!どうやって書くの?

お墓って何?種類は?引き継ぐってどうゆうこと?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら