仏壇の向きはどうすればいいの?宗派事の種類は?

最近は各家庭に仏壇があるところがめっきり、少くなってきました。もし引っ越し等で仏壇を移動した際、仏壇を設置するのに、向きがあるのをご存じですか?殆どの方はっご存じではないと思います.今回は仏壇について少し勉強してみましょう。

 

仏壇の向きとは

そもそも仏壇とは何かというと、仏壇は、家庭において先祖や亡くなった家族の位牌を安置してお祀りをするためのものです。元々は、仏教の寺院でご本尊を祀るための「須弥壇」(しゅみだん)と呼ばれていたものが小型化され、家庭内に取り入れられたものです。そのため、広い意味では寺院の中にある須弥壇も仏壇のひとつですから、区別をするために家庭内にあるものについては、「御内仏」(ごないぶつ)という呼ばれ方をされる場合もあります。仏壇について少しわかったところで、仏壇を置くときに方向があるのを、ご存知なかたはそんなにはおられないと思います。

仏壇をの方向決める訳

仏壇の向きはそれぞれの宗派によって決まっていて、それにはきちんとした理由があります。 日本の家庭にはそれぞれ浄土真宗・浄土宗・天台宗等の宗派が昔からあるものですが、現在それが各家庭で引き継がれているかは疑問視されます。仏壇の宗派による正しい向きとその理由を知れば、より深く信仰することができ、よりよい供養にもつながることでしょう。

📝一言アドバイス

本題に入る前に少し仏教とその宗派について勉強してみましょう。日本の仏教はさかのぼること、飛鳥時代に伝来され現在全国に8,470万人の信徒と75,000の寺院があり、世界最古の木造寺院の法隆寺等があり宗派も奈良時代迄は一つの寺に多くの思想の僧侶がいましたが、現在は一寺一宗で日本で最も多くの信徒がいる浄土宗(源空
円光大師)・浄土真宗(親鸞 見真大師) ・真言宗(弘法大師)等の13宗派が中心となっています。これらの宗派によって仏壇の向きが違ってくる事がますが、どの宗派も目的はひとつで本尊があるとされている方向になっていることが多くその大半が南東説が多いようです。

南向き(南面北座説)

仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれています。王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため、家来は北を向いて座ります。古代中国ではこれが一般的で、日本でもこれに倣って敬う人は南向きに座るようになりました。それ故に、敬うべき仏も南を向くのです。

東向き(東面西座説)

東向きの東面西座説は、インドの慣習からきており、東は日の出の方角で立身出世の象徴とされています。そのため、インドでは主人は東向きに座るのが良いといわれています。これが日本にも伝わり、仏壇を東向きに置くようになりました。 また、極楽浄土は西方浄土とも呼ばれ、西にあるとされています。その極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きになっているという説もあります。これを西方浄土説といいます。

春夏秋冬説)

東は太陽の昇る方角で万物千草の芽生えである春の位置と示し、西は実の取り入れの秋を意味し、南は太陽が真上に昇る旺盛な夏、北はそれを納める冬の位置とする説です。お釈迦様は、すべての法則は理(ことわり)を持っているという宇宙の真理・法則・道理を説いていて、仏教典では東西南北、上下左右などに善し悪しをつけてはいけない、というところからきています。

 

o0798079813733267533

仏壇の向きの宗派ごとの種類

それでは各家庭で宗派も違って来ることだと思いますので宗派毎の仏壇の向きについてみてみましょう。

⬛真言宗

真言宗は、これまでご紹介した説には当てはまらない、本山中心説です。本山中心説とは、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、方角が決まっているわけではありません。仏壇を置く部屋と本山との位置関係により、方角は変わるのです。

⬛日蓮宗

日蓮宗では、特別どの方角に向けて置くというものはありません。そういったことは気にせず、自由に置いても良いとされています。しかし、それでも他の宗派の話などを聞くと、仏壇を置く向きについて気になることもあるそうです。そういった場合は、祈祷によって置く方角を占ってもらうこともできます。

■曹洞宗・臨済宗

曹洞宗と臨済宗では、仏壇を南向きに置くことが多いです。これには、先ほど紹介した中国の習慣とは別に、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたといわれていることも関係しています。曹洞宗では実際に、場所条件さえ合えば南向きに置くことを推奨しています。

■浄土真宗・浄土宗・天台宗

浄土真宗、浄土宗、天台宗の3つの宗派は、仏壇を東向きに置くことが多いです。この3つの宗派は、本尊として阿弥陀如来を祀っています。阿弥陀如来は西方浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るために仏壇は東向きになっています。

📝一言アドバイス

新しく仏壇購入して向きも大切ですがそのまま状態では、ただの家具類です。早急にお寺に「入仏式」「開眼法要」を依頼します。これはご本尊に魂を入れる法要です。仏壇の納品日が決まったら、早めにお寺に依頼するといいでしょう。四十九日法要の前の購入であれば、四十九日法要と共に行うのが一般的です。また、仏壇の買い換えでご本尊を移すときには「環座法要」という入仏と同じ法要を行います。

 

仏壇の向きのポイント

現在の各家庭での仏壇に関してのポイントはやはり一戸建ての自宅以外は仏壇の設置する場所が最も悩む問題ではないでしょうか、仏壇もマンションサイズ等小型のものもありますが、仏壇を置くときの方向に様々な障害があるなど現実には困っているかたが多いようです。

本来、仏壇を置く場所は仏間が適していますが、現代の住宅環境ではそうもいってられないのが現状です。ですので、湿気の問題なども考えながら、自宅の環境に合わせて、なるべくならいつも家族が集まる場所やその近くで設置場所を考えてみましょう。

(1)仏間

仏壇を置くのに理想的な場所です。仏間には「半床仏間」「三尺仏間」「一間(六尺)仏間」「地袋付仏間」などがあり、仏間の大きさによって選ぶ仏壇の種類などが変わってきます。

(2)床の間

床の間は、家の中でも最高の上座となるので、仏壇を置くのにいちばん適しています。
対して、床の間の向かい合わせとなる場所は下座になるので、そこに仏壇を置くのはやめたほうがいいでしょう。

(3)居間

仏様が寂しくないように、家族の集まる場所である居間に仏壇を置くのもいい方法です。
居間のメリットは、毎日のお参りやお世話がしやすいことです。

(4)洋間

最近の住宅では和室のない家も多いはずです。“洋間に仏壇”というと場違いに思えますが、そんなこともありません。伝統的なデザインの仏壇でも意外にマッチしたり、家具調デザインの仏壇で洋間に合わせることで違和感もなくなります現在の住宅環境では適切な仏壇の設置は困難かも知れませんが、例え小さな仏壇でも毎日前に座って拝む事が最も重要で。いくら立派な仏壇を本尊に向かって設置しても心のない仏壇はただの箱です。

 

仏壇の向きの注意点

お仏壇は基本的には高級な家具などと同様で素材に木材を使用する事が一般です。そのため、日当たり良すぎたり、湿気が高い場所というのは明るいかもしれませんが、それが逆に劣化を早めたり傷めたりす事に繋がります。しっかりと風通しの良い場所を見付け、そこに置くように心がけましょう。

⬛ご本尊がしっかり見える位置に

またお仏壇を置く場所が決まったとしても、大切になるのがご本尊です。ご本尊がしっかりと見えて、拝める場所でなければなりません。もっと言えば、ご本尊は目線よりも上になるのが理想的ですが、神棚が家にある際にはそれより上にはならないように注意してください。

■神棚との向かい合わせは避ける

神棚が祀ってある家の場合は、神棚との向かい合わせは必ず避けるようにしましょう。
これは向かい合わせにしてしまうと、神棚を拝む際にお仏壇にお尻を向ける事になり、お仏壇を拝む際には神棚にお尻を向け事に繋がってしまいます。そういった失礼にならないように、神棚が祀ってある家の場合は向かい合わせにならないよう位置関係に注意してください。

それぞれの説によって、相反するものが出てきてしまいますので、方角について必ずこうしなければならない、こうしてはいけないといった事はありません。南面北座説では、仏壇は南向きが良いと言われていますが、これの逆がお釈迦様が没した際に北の方角頭を置いて横になったと言われている説からの北枕という言葉と北向きのお仏壇はダメという考え方という一説もあります。しかしながら、地域や場所によっては、北向きに安置されている観音像などもあり、必ずしも北側がダメという事はありません。大きく分けた宗派によっても、この向きや方角の考え方がそもそも変わってきます。

曹洞宗や臨済宗では、南面北座説、真言宗では本山中心説、浄土真宗系、浄土宗、天台宗では西方浄土説、日蓮宗では特に決まりはないといったようにバラバラです。それぞれの主張同士に沿ってお仏壇を置くと、矛盾やおかしな点も出てきてしまうため、今ではそこまで気にしなくても良いとされています。

昔と今では住宅を取り巻く環境も大きく変わってきていますし、方角を気にしすぎるよりは、しっかりと手を合わせやすい場所という面を考えてお仏壇を置くようにしましょう。

 

group_old

 

まとめ

現在はネットやSNSで何でも調べられる様になりましたが、祖父母や親から口伝えに教わる事が自分の生涯にわたり記憶に残ります。特に自分もいつか入る事に成るかもしれない、墓については内容を祖父母や親が元気な時によく引き継ぐことが必要があります。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

 

関連記事

仏壇について教えて!向きは?飾り方は?

仏壇のお供えの正しいルールは?種類は?置き方は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら