お墓に持っていく花はどうすればいいの?

お墓参りの一般的な時期はお彼岸やお盆、故人の命日ですね。また正月、年忌法要などでもお墓参りをすることでしょう。
多くの人は、子供の頃に親に連れられてお墓参りを何気なく経験してきたのではないでしょうか。
皆さんはお墓参りに必要な道具、持ち物などはちゃんと覚えていますか。お墓参りに必要な物としては掃除道具やお線香、ろうそく、お供え物や花が思い浮かびますね。
今回はお供えの花について詳しく見ていきましょう。

 

お墓と花

お墓に花を供えるということの意味のひとつとしてこんな話があります。

お釈迦さまが仏さまになる前のお話。
お釈迦様が前世で修行していた時に仏さまに会うことができたので何かご供養したいと思いましたが、何もご供養するものがありません。
その時に近くにいた花売りの女性から五茎の青蓮華(しょうれんげ)というお花を買ってご供養した、というお話がお経にあります。
これが、お花をお供えするはじまりだといわれています。
また、仏様に美しいお花をお供えして仏様をお飾りするという意味の他に、お供えする人の心を穏やかにして仏道に励む心を養うという意味もあるようです。
更に、美しい花が時間の経過とともに枯れていく様子から無常観や命のはかなさを知るためにお墓に花を供えるとも言われています。
これらのことから、お墓に花を供えるということは、仏さまに花をお供えするだけでなく、
仏花・供花※によって供養をする人の心をも清め、命について考えるという意味があるので供える花は、お参りする人の方に正面を向けて生けるようになったのです。

※供花(きょうか、くげ)

お墓や式場、祭壇を飾るために供える花のこと。お悔みの気持ちを伝えるためのもの

 

ohaka

 

お墓の花の種類

供花としてふさわしい種類などあるのでしょうか。あるとしたらどのような種類が良いのかを見ていきましょう。
ふさわしい花として菊が選ばれますがそれを参考に見ていきましょう。

■菊がよく選ばれる理由

供花として菊が好まれることはみなさんご存知でしょう。その理由はいくつかあり、菊は枯れた時に散らかりにくく、日持ちが良いためなどです。

■菊の他に好まれる花

菊の他には、カーネーションやリンドウ、ユリなどもよく供花として利用されます。これらの花は、匂いが強すぎないこと、そしてバラのように棘がないために好まれるようです。
また、個人が好きだった花が供えられることもありますね。

■具体的な種類

供花に関して、これでなければならないという種類はありません。先に上げたように散らかりにくい花で、匂いが強い、棘がある、毒を含んでいるなどでなければ特にこだわらずお供えしても良いでしょう。
故人がバラを好んでいた場合は棘を処理してお供えしましょう。
以上のことを目安にして具体的な供花は以下のようにものになります。

【供花として用いられる主な花の種類】

・菊の種類の花・・・小菊、大輪菊、洋菊

仏壇やお墓に供える生花の基本は菊です。菊は供花としてメインにもサブにもなることができます。
一輪菊や中菊や小菊、スプレー菊などの組み合わせで主な骨格を形成していきます。気品あふれる姿が古くから日本人に愛されてきた菊は日本で生産量、販売数が一番多いとされています。

・カーネーション赤かピンク色のカーネーションを入れることで供花全体のバランスが引き締まった印象になります。

・ストック

・リンドウ

・アイリス

・グラジオラス

・ユリ

(花粉をのぞくなどした方が良いかもしれません、匂いがきつい場合もあります)
ちなみに、今回紹介しているのはお墓にお供えする供花(きょうか)のことですが、葬儀などを含む仏事関係では供花の他に以下のようなことで花が用いられますので参考までに紹介します。

■献花(けんか)

参列者が祭壇に供える花のことを献花(けんか)といいます。
キリスト教の葬儀ではお焼香の代用になるものです。1人1本ずつ花をとって、順番に祭壇の上に置いていくやり方でお供えします。
花はあらかじめ用意されているものを使用します。

■枕花(まくらばな)

血縁者や故人と特別親しかった人が、故人の枕元にお供えする花のことを枕花(まくらばな)といいます。小籠に白い生花が入ったものを供えるのが一般的です。

 

お墓の花を選ぶポイント

では、お墓の花を選ぶポイントを改めてまとめていきましょう。

■お墓の花を選ぶポイント

・枯れたときに散らかりにくい
・匂いがきつすぎない
・花粉が飛びすぎない
・棘や毒がない
・全体のバランスをみて配色を決める
・明るい色を選ぶ(白・赤・黄色・紫・ピンクの五食が主流です)

~造花やプリザードフラワーについて~

近年、特に暑い地域では花が痛み易いという理由から造花やプリザードフラワーを仏壇やお墓にお供えするという例が聞かれるようになってきました。
しかし、しきたりを気にする人や地域性、宗教などによって考え方が異なるので注意が必要です。
本来、生花を飾る意味として命の儚さを表すという意味合いがあるので造花などはタブーとされることがやはり多いかもしれません。

 

お墓の花のマナー

最後に、お墓に備える花のマナーについて見ていきましょう。

■お供えの花のマナー~準備~

・基本的には1対、備えたときに左右対称になるように作る。
・花の本数は3、5、7本など奇数になるように選ぶ。

■お供えする形

形は神棚に供える榊(さかき)のように、菱形に整えるのが一般的とされています。
色は故人が亡くなって四十九日を過ぎるまでは白い花を、それ以上経過していたら白、赤、黄、紫、ピンクなど明るい色にしましょう。

■片付けのマナー

基本的にお花は定期的に片付けるのがマナーです。しかし、一年に一度しかお墓参りできないという場合はお参りするときにだけお供えしてお参りが終わったら持ち帰るという方法を取ることがベストでしょう。

■お墓参りですでにお花が飾られていた時

お盆やお彼岸の時期になると、お墓参りに行ける日が重なってしまい、お花が既にたくさんお供えされていて、持ってきたお花が飾れないということがあるかもしれません。
お供えしてくれたお花を無下に扱うわけもいかず困ってしまいますね。
このようなときは、一番多いケースでは、既にお供えされているお花の内、傷んでいる物だけを交換する方法です。
傷んだものを交換してもまだお花が余ったときや、全部がまだ真新しいときは、管理事務所の仏前や無縁仏さまにお供えするのがよいです。
まだお墓にお供えしていないお花であれば、自宅に持って帰り飾るのも一つの方法です。

 

free-illustration-flower-ohigan-obon-kiku-irasutoya

 

まとめ

供花は、弔意を示すことができる方法としてよく利用されます。今では供花の手配をインターネットで全国で即日お花を配達できるサービスもあります。
時代が変わって供花の入所方法や形は変わってくるかもしれませんが、故人を偲んでお花を供える気持ちを受け継いでいくことが大切ですね。お墓参りの際は子世代にも供花の意味や知識を伝えるようにできたらいいですね。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

お墓参りの花ってどんなのがいいの?種類?マナーは?

お墓って何?種類は?引き継ぐってどうゆうこと?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら