お墓って何?種類は?引き継ぐってどうゆうこと?

皆さんの中にお墓を知らない人はいないと思いますが、ではご家族が亡くなられた場合、仏壇やお墓について「何故必要か」と聞かれて、即答できる人はなかなかいなようです。日本には『冠婚葬祭』という行事がありその中で葬儀関連は色々な決め事や作法があります。今回はそんな時に困らないための「知って得する事」を紹介させて頂きます。

 

お墓とは

墓(はか)は遺体または遺骨を収めて故人を弔う構造物です。
墳墓(ふんぼ)、墳塋(ふんえい)ともいいます。一般に墓石・墓碑などの目印を置き、これを墓標(ぼひょう)とも言います。また、この墓石・墓碑を指して墓ということもあります。
墓は、墓石、納骨棺(カロート)、境界石、外柵などから構成されており。死者の霊を祀ったり慰めるための施設として廟(びょう)、神社、慰霊碑などが建設されることもあります。
江戸時代くらいまでは、一般人が亡くなった場合は死者を土葬で埋葬する形でした。お墓というものを建てることができたのは、「富と権力」の持ち主に限られており、その代表的なお墓は世界中で多くありますが中でもエジプトのピラミットや日本の仁徳皇陵等も代表的なお墓の一つです。皆さんはお墓は宗教的に関連性が強いものと、思われているかと思いますが、どちらかというと、宗教的なものよりも民俗的な考え方、あるいは慣習に基づくものといえます。

日本では一般的に、お墓に埋葬し供養することによって、故人の魂が浄化され成仏するというふうに考えられてきました。近年は撒骨といった新しい葬送のスタイルも現れてきていますが、民俗としての伝統的な考え方は、現在でも受け継がれているようです。お墓の歴史を振り返ると、現代のような碑石を建てるお墓が建てられ始めたのは、江戸中期の頃からだと言われています。といっても、その頃からすべての庶民がお墓を建てられたわけではありません。それは、権力や富を持つ経済的に豊かな一部の層を中心にした話で、一般の庶民にとってはまだまだ縁遠いものでした今日のように誰もがお墓を自由に建てられるようになったのは、古いことではありません。

昭和30年代の日本の高度経済成長時代を経て、日本の国が豊かになり、また霊園といった形態の墓地が定着し、なおかつ先祖を思いやる精神的なゆとりが生まれるという、そうした様々な時代背景の変化の中で建墓が促進され、一般化されてきたといえます。元来、お墓というものは一族のシンボルであり、一族で守るという意識が根強くありました。
ところが、戦後、新民法によって家族制度は大きく変化し、一族の墓というよりも、一家の墓という形に、さらに一代の墓、個人の墓へと変貌してきていました。

ohaka (1)

 

お墓の種類

お盆や命日の時にお墓参りに行った時、思いませんか?広い墓地の中に色々なお墓があり、形やデザイン文字いれ等決まった 物があるのか疑問に思い、いつか自分でやるようになったらどうしたらいいか?、その疑問にお答えします。

①お墓の種類

種類は一般的には4種類あります。

②特徴

都道府県や市町村が運営している所
寺院の檀家が条件
永代供養が可能

お墓の種類別特徴

<表の挿入>

その他の墓所

納骨といえばお墓というイメージがありますが、最近の葬式事情では変わりつつあります。お寺で永代供養をしていただけるところもあり、骨壷に入れた遺骨を安置しておく納骨堂、墓石を必要とせず自然環境に優しい「樹木葬」
等もあります。

 

お墓の値段は

最近歳と共に思うことが色々とありますが、中でも亡くなった時何処の墓に入るか等皆さんは考えた事はありませんか?先祖代々の墓はどこにあり、遠方にある実家なのか、それとも両親が近くに墓を建立するか等よくききます。

もし新規にお墓を建立するとした場合いくらくらいかかるか想像できますか、では実際どのくらいかかるか検証してみましょう。

新規にお墓を購入する時のポイント

まず認識して頂きたいことは、お墓を建立する事は「家を建てる」のと同じと思ってください。お墓も家と同様にベースとなる土地がないと建物はできません、土地が決まり建物が決まると内装や色々な物を付けていって家が完成します。お墓も同じ考え方で間違いないと思います。お墓新規に建立する場合の基本的価格構成は墓地の広さ、使う石材、墓石の大きさ、形やデザイン、地盤で大きく変化いたします。ただ認識はされていると思いますが、お墓の価値は値段で決まるわけではありません。高いお墓が供養になるわけでも、安いお墓が失礼ということもありません。大切なことは、お墓を立てた後に、お参りに行って、お墓を掃除して、手を合わせること。それを繰り返すことで「故人に何かをしてあげたい」という想いが徐々に達成されていきます。お墓の価格の目安としては、一般的には70万円~200万円くらいが相場となります。ただし、お墓を建てる場所がどのような広さなのか、石はどれを選ぶのか、墓石以外の部材をつけるかつけないか、などで価格は大きく変化します。

費用のポイント

【お墓の値段の基準となるのは、第一に広さ】
お墓の広さというのは、墓石の大きさではなく、墓所(個人で持っているお墓の敷地)の広さのことです。なぜ広さよって変わるかというと、お墓にも基礎工事が必要だからです。お墓は、単に敷地に墓石が置いてあるわけではありません。お骨を納めるための納骨室の設置も必要ですし、大切なお墓を守るための地盤もきちんとつくらなければなりません。家を建てるときには基礎を打ちますよね。それと同様です。また、外柵を設置する場合も、広さによって価格が変わります。

【石材の質】

お墓を作る原料である石材の価格が違えば、当然お墓の価格は変わります。石選びは非常に難しいのですが、気をつけなければいけないのは、「高い石が必ずしも良い石ではない」ということです一般的に良い石は、経年の少ない石だといわれています。特徴としては、水を吸わない、硬いということです。けれど、それだけで価格が決まるわけではありません。

【墓石以外の墓具の有無と大きさ】

お墓には、墓石以外にも、外柵や墓誌、卒塔婆立て、灯篭などを設置する場合があります。これらを「墓具(はかぐ)」と呼んでいます。墓具があるかないかはもちろん、その大きさによっても、お墓の総額は変わってきます。
墓具はどうしても必要というものではありません。墓地の大きさや雰囲気、またご家族の意向に沿って、故人様やご先祖様にふさわしい墓具をご検討されるといいでしょう。

【墓石の装飾・加工費】

細かい手の込んだ細工が入っているかどうか蓮の花の台座(上下蓮華)の加工が入っていたり、花立てや香立の形が複雑(加工が多い)ため、加工費が追加され、高価になります。

モデルケースお墓価格

[条 件] ・土地面積  3m2
・墓石     和風墓石(8寸角名古屋型)
・石材:    中国産
・墓具:    なし

目に見える墓石などだけで費用を考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、忘れてはいけないのが、お墓の基礎工事や墓石の設置作業にかかる費用です。 また、お墓の大きさや仕様、墓石に使用する石材によっても価格は異なります。=あくまでモデルケースとして、ご参考にしてください。

⬛価格内訳

◉石材費    500,000 総額800,00円
◉文字彫刻 40,000
◉基礎工事j 80,000    ※サンプル図の1~10迄揃えると約146万円かかります
◉墓石工事 90,000    ※お墓は既製品のようでオーダーメイドに近く組み合わせや材料により
◉耐震加工費 30,000      大幅に金額がことなってきます
◉免震ゲル 30,000
◉金具 30,000

 

お墓を引き継ぐとは

お墓はご先祖や身内の方が祀られていると誰かがお墓を管理する事になります。その管理者が亡くなったりしてお墓を管理する人が変わる事を引き継ぐと言われています。ではお墓を引き継ぐとどのような事をしなければいけないかという点を説明します。
大きな目的はご先祖の供養や法要の営みと墓地・墓石の管理維持がおもです。引き継いだときに、行わなくてはいけないことが次の事です。
・墓所に対して名義変更は必要です
・檀家であれば檀家を引き継ぐことになります

いづれも法的な義務ではありません、お墓を受け継ぐことを承継と言い、承継した人を承継者と呼びます。

[承継とは]

承継とはお墓などの祭祀財産を受け継ぐことをいいます。祭祀財産というのはご先祖様を祀るための財産になります。これは民法で定められています。

[承継者としての義務]

先祖の法要を営むのは承継者であるのが一般的です。また、墓地と墓石の管理と維持が求められます。具体的には墓地の管理料の支払いになります

・法要や墓地の管理

[名義変更の手続きについて]

これはお墓の管理人に対して行うものです。よって、墓所によって必要な書類は異なります。また、旧名義人と新名義人の続柄などによっても変わってきます。

・檀家を引き継ぐ
・承継のトラブル
・承継者になる子供がいません
・子供が嫁いだので承継者がいません
・承継者になる人が誰もいません

[お墓を返還する]

改葬などで既存のお墓が必要なくなる場合があります。この場合は、遺骨を取り出して墓地を所有者に返すことになります。返還する際には墓石を撤去して更地に戻すことが一般的です。
永代使用料などが返還されることはありません。規定によっては一部返ってくる場合もあります。

 

free-illustration-osoushiki-ohaka-irasutoya

 

まとめ

お墓はご先祖から永遠続いて必ず、年間何度か墓参りいっていますが、今の若者今の祖父母の皆さんがいなくなって来たとき今の若者達は「先祖」「お盆」「お墓」「墓参り」等の行事は行えるのでしょうかLINEやイースタグラム等終わってしまうように思う事が現実におこらない事を願います。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

お墓を英語で言うと?うまく伝えるためには?

お墓参り代行ってどんなことしてくれるの?役割は?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら