臨床心理士の求人ってどんなのがあるの?

therapy-session-min

臨床心理士の資格を持っていると、多岐にわたって仕事をすることができます。
心理カウンセラー、心理相談員などの名前で呼ばれる人もいますが資格は有していません。
日本臨床心理士協会が認定している臨床心理士の資格を有していることは就職するときに有利です。

臨床心理士の仕事内容とは

臨床心理士の業務は多岐にわたりますが、4つの点が業務内容とされています。

①臨床心理査定(心理アセスメント)

相談者と面接をして観察することによって、その人の状況を把握して心理テストも行います。そして、相談者の問題点を明確にして自身で問題解決が出来るように援助をします。

②臨床心理面接(心理カウンセリング)

アセスメントをもとに臨床的に面接をして心理療法を行います。心理療法には行動療法や精神分析療法などがあります。

③臨床心理的地域援助

相談者は生活している環境で問題をかかえていることがあります。その場合は、学校や職場家族など回りの環境にも働きかけ、改善できるようにサポートします。

④臨床心理に関する調査・研究

より臨床心理士としての技術や資質を磨くために心理臨床について調査し、研究を行い、自己研鑽に励みます。

 

free-illustration-syorui-morau-woman-irasutoya

 

臨床心理士はどんな職場で勤めているの

臨床心理士は多岐にわたった職場で勤めていますが最も多い場所が教育関係と医療関係です。教育関係が約30%、医療関係が約45%で8割近くがそちらで就業してます。臨床心理士は一般に非常勤で勤めることが多く、常勤で採用される場合は半数以下となっています。

●教育関係自治体などの公務員

自治体の公務員採用では、全国で110人~130人ほどで非常に少ない採用数です。現在、勤めている人がやめて欠員が出ない限り、採用枠がありません。そのため、倍率も非常に高くなっています。自治体では欠員が出た場合は途中での募集もあります。

教育関係はスクールカウンセラーや発達障害児などの療育相談などがあります。スクールカウンセラーは、学校で起きているいじめや非行、ひきこもりなどの問題解決に向けての働きかけをします。働きかけは、本人だけでなく、教師や家族にも働きかけ、本人を取り巻く環境改善につとめます。

公立学校のスクールカウンセラーは非常勤ですが、時給は3,000円以上と高い条件なのでなりたい人が多いです。熟練した臨床心理士になると、複数の学校をかけもちで仕事をしている人もいます。

●病院の精神科や心療内科での仕事

医療分野では心理検査や面接をして相手の問題を明確にし、心の問題を自分で解決できるように働きかけます。医療関係での募集は、一度採用されると常勤として勤められますが、病院での募集は精神保健福祉士の方が需要は多いため、臨床心理士としての採用が少ないのが現状です。

●保健・福祉関係の仕事

保健所や老人保健施設などでの仕事では地域の人の相談やDV女性問題、高齢者の問題などの相談業務についています。震災の後は、心のケアが必要な人が多く、臨床心理士の働きを求められました。

●大学や研究所などでの仕事

大学や研究機関で心理学臨床の研究を続けている臨床心理士がいます。臨床の現場での経験をもとに著書を書く人やサイトにのせている人もいます。大学や研究所では臨床の事例を学会で発表し、今後の臨床現場の臨床心理士が携わるためのプラスとなっています。

●司法や法務の現場でのカウンセラー

家庭裁判所や少年院、刑務所や保護観察施設などで、保護観察の人や受刑者と向き合い、再犯防止についての臨床や心理検査などを行います。

●産業・労働領域でのカウンセラー

企業内の健康相談室やEAP機関などで、心の問題を抱える人のカウンセリングを行います。企業の健康相談室では職場不適応の人やハラスメントがある場合の職場でのカウンセリングや心理検査などを行います。

 

臨床心理士の求人を探すには

臨床心理士の求人を探す方法として多いのは次の方法です。

ハローワーク

転職者の求人ハローワークで探す場合が一番多いようです。住んでいる地域の管轄のハローワーク(公共職業安定所)に行き登録すると、ハローワークのスタッフが希望を聞いてそれにマッチした求人を紹介してもらえます。履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方などのセミナーも行っています。
希望条件の合った企業が見つかると、企業への面接日程の調整を行ったうえで紹介状を発行します。面接時は求人先へ紹介状を持っていきます。

心理系の求人サイト

多数の求人サイトがインターネットで探すことができます。サイトの中ではキャリアサポートがいて、手厚いサポートが受けられるところもあり、求人探しから面接、求人先との給料などの交渉などもしてもらえます。

募集広告

新聞のチラシやコンビニなどで置いてある求人冊子に募集が出ていることがあります。チラシでの募集は少ないです。

大学院の募集や知人の紹介

大学院のゼミに入っている場合は、先生の知り合いに紹介もらうとか、同じ大学出身の卒業生が仕事を辞めるときに紹介してもらえます。

 

stress_woman

 

臨床心理士の求人を探せるサイト

臨床心理士の求人が多く乗っているサイトを紹介します。

求人のindeed

Indeedのサイトでは、キーワードに臨床心理士といれて希望の勤務地を入力すれば、すぐに求人を探すことができます。特に医療系、福祉系に強いサイトです。各国のメディアや求人サイトから求人情報だけを収集しているので求人の掲載数が多いです。

ジョブメドレー

日本最大級の医療介護従事者経験者が運営する求人サイトです。臨床心理士の求人が多数掲載されています。会員登録をすると無料でキャリアサポートをうけられ、求人探しのサポートをしています。そして就職すると祝い金がでます。

ハローワークインターネットサービス

ハローワークではインターネットサービスも行っています。全国の求人がハローワークインターネットサービスでみることができます。中には、非公開の求人もあります。

MEDI臨床心理ポータルサイト

心理職に特化した求人で件数は少ないですが、医療関係、教育関係の求人が多いです。求人以外に心理職の色々な情報が掲載されています。

求人PSYlabo

全国の求人が掲載されていて医療関係や教育関係の募集が多くあります。他に心理職関係の学会や研修会情報も載せられています。

臨床心理士の求人を探す上での注意

ハローワークやジョブメドレーでは、様々な就職サポートを行っていますが、心理職専門のサイトでは求人募集を見て、就職相手とのやり取りを自分で行わなくてはなりません。履歴書、職務経歴書の書き方などのサポートをうけたい場合は、ハローワークやジョブメドレーのような求人サイトに登録しておくといいでしょう。

個人で求人先とやり取りする場合は、電話対応や面接対応をきちっとしなくてはなりません。履歴書や職務経歴書では自分が臨床心理士として売り込める点を考えてプラスになるように作成します。

 medical_houmon_iryou_woman

 

まとめ

今のところ、臨床心理士の求人数は少ないですが、厚生労働省ではストレスチェックが義務付けられたので、今後、臨床現場での雇用が少しずつ増えていく可能性があります。

臨床心理士の場合は、経験が豊富で即戦力のある人を望まれるので、初めは非常勤ですが経験を積み重ね、自己研鑽をしていく期間と考えるといいでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

臨床心理士とはどんな仕事?年収、給与は?

臨床心理士の就職はどんなところがあるの?種類は?就職状況は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら