臨床心理士になるにはどうしたらいいの?向いてる人は?

臨床心理士は高度な専門職です。社会問題が多くある中で、臨床心理士の資格を持つ人は多岐にわたり必要とされています。今いじめに苦しんでいる子供たちや職場での悩みを持っている人、自治体で地域の人の悩みを持っている人など、多くの人が心の問題を抱えています。臨床心理士の資格をある人は、その人たちの相談援助をして問題解決に導きます。

 

臨床心理士とは

臨床心理士は心に問題を抱えた人に専門的技術でカウンセリングを行い、問題が解決されるようにサポートする人です。臨床心理士は、次の4つのことを行います。

①臨床心理査定(心理アセスメント)

色々な心理テストをおこない、相談者の状態を把握して問題点を明確にして援助を行います。
②臨床心理面接(カウンセリング)
アセスメントに対して適切な対応を行い、処理していきます。

③臨床心理的地域援助

個人だけでなく、時には回りの環境を整備して、相談者が居心地よく生活できるようにサポートすることもあります。

④臨床心理に関する調査・研究

援助する技術や心理査定をする技法などの心理臨床について研究し、調査して臨床心理士としての資質の向上をはかります。

臨床心理士以外にも心理カウンセラーや心理相談員などがいますが、それは資格がないですが、心理カウンセラーは公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認めた国家資格でこころの専門職です。企業、学校など色々な場所で必要とされています。

学校現場では子供のいじめ問題や不登校の問題、学校不適応などの問題に対して本人だけでなく、教師や親と向き合ってコンサルテーションなどを実施します。虐待問題、非行や障害者問題、DV女性問題、高齢者の問題なども臨床心理の立場からサポートします。

また、企業内で職場での悩みや不適応の問題などのコンサルテーションを行っています。時には、未成年の社会適応に向けて、また保護観察下での人や受刑者の再犯防止のための臨床心理面接などを行います。

そのように様々な心の問題を抱えた人の相談援助をする臨床心理士の仕事は、社会が複雑になっている現在、非常に必要とされる資格です。

 

couple_setsumei

 

臨床心理士になるには

臨床心理士になるには、公益社団法人日本臨床心理協会の資格審査(資格試験のこと)に合格しなくてはなりません。

臨床心理資格審査の概要

実施月日 年に1回、10月~12月
場所   東京

2次審査 口述面接試験
試験内容 臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助及び研究調査等に関する問題
受験資格 第1種指定大学院を終了した者
第2種大学院を修了し、修了後1年以上の実務経験を有する者

臨床心理資格審査の合格者

平成26年 受験者数2,664人、合格数者1,610人、合格率60,4%
平成27年 受験者数2,590人、合格者数1,601人、合格率61.8%
平成28年 受験者数2,582人、合格者数1,613人、合格率62.9%

毎年、2,500人ほどの人が受験し60%以上の人が合格しています。

 

臨床心理士に向いてる人、求められる能力

臨床心理士は相談者の心に入り込むので、心の問題の回復には何が必要かを考える専門的な知識や技術だけでなく人間性が高く、倫理観も必要です。

人を観察して見極める力

臨床心理士はアセスメントやカウンセリングを行っている中で、相談者の気持ちを良くくみ取り相手の問題を見極めます。顔に出る表情やしぐさなどで相談者がどのような心理状態にあるかを観察できることがポイントです。

コミュニケーションを取る力

相手の想いを察知し、傾聴しながらうまく相手の想いをくみ取るコミュニケーション力が必要です。心に悩みを抱えている人から本音を聞き出すことは難しい場合があります。

特にいじめられている子供にとってはますますいじめられる状況になり本当のことを話せない場合があります。心を開くことができるように粘り強い対応が必要になってきます。

強い精神力が必要

心に問題にある人の相談にあまり感情移入しすぎて、相手の問題に巻き込まれてしまうことがあります。つまり、自分の感情が悲しみや怒りなど相手の思いに入り込みすぎて、揺れ動いて客観的に物事を見られなくなることがあります。揺れ動かないような精神力の強さが必要になってきます。

自分の価値観を押し付けず、誠実な対応をする

臨床心理士は、相手の話にじっくりと傾聴して価値観を押し付けないことが大事です。つい、自分の価値観を押し付けてしまいがちですが、そうなると相談者はわかってくれないと感じるかもしれません。

まず、一人一人の相談者と良い信頼関係を築き、話しやすい相談相手になると心を開いてくれて悩みを打ち明けてくれるようになります。相手に誠実に向き合うことが大切です。

 

臨床心理士の取得ルート

臨床心理士になるためには資格審査をうけなくてはいけませんが、資格審査を受けるための受験資格は第1種指定大学院を終了した者と第2種大学院を修了し、修了後1年以上の実務経験を有する者です。

臨床心理士になるための資格ルート

①指定大学院1種を修了した者

指定大学院は全国に155校あり、そこを卒業すると、臨床心理士資格審査の受験をすることができます。

②指定大学院2種を修了し、1年の実務経験を経た者

10校ある指定大学院2種を修了してから実務経験が1年必要です。実務経験は、教育相談機関、病院等の医療施設、心理相談機関等において相談員やカウンセラーなどの心理臨床に関する従事者として1年間以上の経験が必要です。週3日以上は常勤とみなし、週2日以下の勤務の場合は常勤の5割計算の経験となります。

③臨床心理士養成のための専門職大学院を修了した者

6校ある専門職大学院の臨床心理士になるための専門職学位課程を修了すると、臨床心理士資格審査の受験資格を得られます。

④諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、日本国内で心理臨床経験2年以上を有するもの

諸外国で上記のような大学院を出て経験が2年以上ある人

⑤医師免許を取得していて、心理臨床経験を2年以上有するもの

医師は心理臨床経験があれば、臨床心理士資格審査の受験資格を得ることができます。

 

臨床心理士のこれから

臨床心理士は学校や病院、企業、自治体など心の問題をかかえている人が増えている現代社会では、資格を持った臨床心理士は必要とされています。その反面、国家資格ではない臨床心理士の就職はいいとは言えません。

臨床心理士は臨床経験を積んでいる人ほど、カウンセラーとしてしっかりとした対応ができるようになるので、経験が浅い時は非常勤としての勤務が多いです。就職が難しいことが現状ですが、企業と契約してカウンセリングを行うEPAや発達障害などの障害を持つ子供の療育を行う施設や親子支援教室など活動の場は広がってきています。

経験を積んで行くに従って、給料が上がり常勤採用の可能性もひろがります。現状は公務員採用や病院、企業の常勤採用の場合を除いて常勤で20万円ほどの給料なので、賃金が低めです。それは、臨床心理士が国家資格では泣く、地位が確立されていないこともあるのです。

今は、臨床心理士は国家資格ではないですが、今後、もう少し臨床心理士の地位が確立されると国家資格になるかもしれません。社会が複雑化すればするほど、心の問題を抱える人は増えていくので、今後もっと臨床心理士のように資格を持ったカウンセラーが必要とされてくるでしょう。

 

study_night_girl

 

まとめ

公益社団法人日本臨床心理協会の資格審査に合格すると、臨床心理士の資格を取得できます。毎年、1,600人ほどの人が臨床心理士の資格審査に合格しています。臨床心理士は心の悩みを持つ人相手なので、技術だけでなく、高い人間性も求められる仕事です。このような高度な資格なので、今後、地位が確立され国家資格になる可能性があります。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

臨床心理士は通信でも取得できる?通信がある大学は?

臨床心理士会ってどんなところ?役割は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら