介護事務の求人ってどんなのがあるの?探せるサイトは?

home-office-work

介護保険制度に基づいて運営している事業所では、介護報酬を得るために様々な様式の書類の作成業務が煩雑です。
介護給付の算定に係る書類の他に実費で請求するための書類などもあり、介護保険制度の理解も求められます。
介護保険制度の施行と介護事業の拡大、浸透によって、介護分野の事務を専門的に行うための資格や職種も誕生してきました。介護事務について詳しくみていきましょう。

 

介護事務の仕事内容

介護事務の資格取得者は、福祉社会の担い手として貴重な存在になっています。その仕事内容は多岐にわたりますが主に以下のような業務内容になります。

■窓口業務

サービス提供事業所との連絡業務、利用者様とご家族へのサービス案内や入所手続きなどを行います。

■サポート業務

介護施設・事業所運営のサポートを行います。保険者に対して必要な申請書類の作成や、利用者、家族宛の書類や文書作成のサポートなどを行います。

■請求業務

介護サービス費用のうち、1割を利用者様に、それ以外の9割を地方自治体に請求します。そのために必要な書類の作成やパソコンでの作業を行います。

また、介護事務の活躍の場と介護事務の知識の必要性についてまとめてみましょう。

主な活躍の場

介護施設、グループホーム、デイサービスセンター、訪問看護ステーション、療養型医療機関、などの介護事業所各種

介護事務と知識

介護事務を目指す人の中には、介護に携わるきっかけや介護に対する興味から「介護保険や利用料について知りたい、知って人に伝えたい」、「事務業務へ仕事の幅を広げ活躍の場を増やしたい」、「介護福祉業界で事業を立ち上げたい」などの想いから介護事務の知識を広げたいと考える人もいます。介護事務は自身の知識の習得のみならず介護の現場で活躍されている方々の様々なニーズに応えることができます。
医療と介護の連携が進む中で、医療機関でも介護保険の知識や算定のスキルが必要とされ、介護事務の知識を生かす場はますます広がっています。

 

business_ol_woman

 

介護事務の求人を探すには

介護事務は、2000年に介護保険制度が導入され、介護サービスの費用は国と自治体が9割を負担し、残り1割を利用者が支払うシステムになったことで、介護事業の運営に不可欠な「介護報酬請求業務」を中心に行う介護の現場を支える仕事として浸透してきました。
当初は介護請求事務を専門知識として持ち合わせているスタッフが最初からいたわけではなく介護報酬請求事務担当の事務職員として配置されたという人がほとんどだったでしょう。
しかし、介護保険制度の理解や、制度改正を経てより専門的な知識と運営に関わる技術や提案ができる事務職は貴重な人材として捉える事業所も増えてきました。そのため雇い入れる側も単に事務職員としてではなく「介護事務」として経験や知識が豊富な人材を求人として探すことも多くなっています。
介護事務としてより待遇の良い事業所への転職希望をする人も多くなっている一つの職種として成り立ちつつあります。
介護事務の求人を探すにはどのような方法があるのでしょうか。
ハローワークを利用する以外の方法をみていきましょう。今回は、インターネットを活用した方法をまとめました。

■求人サイトに登録する

・地域や資格、条件に応じて企業が必要とする求人を検索することができます。
・定期的に、企業が必要とする求人にマッチした人の情報をメールやFAXで送ってもらうサービスもあります。
・医療、介護に特化した求人サイトには資格を保持していても働いていない人が多く登録していることがあります。

このように、インターネットの活用が当たり前になった現代では、求人サイトの検索や登録によってより、必要とする人材にあった人を探すことが可能になっています。

 

介護事務の求人を探せるサイト

介護事務の求人を探せる主なサイト名を具体的に挙げておきます。
・マイナビ転職
・カイゴジョブ
・e介護転職
・タウンワーク
・医療事務求人ドットコム
・リクナビ派遣
・介護求人ナビ など

介護関連の求人サイトは他にも多くありますが、介護事務に関しては介護職員に比較するとどのサイトでも求人そのものが断然少ない傾向にあります。
求人サイトに掲載するためには、費用や手数料などが発生するのでこうした掲載をしない事業所もあります。
事務職は人気職種でもあるので介護事務においても「広告を出さなくても集まる」などの理由で、求人サイトには出さないというケースもたくさんあるようです。
ハローワークや各施設に自分で問い合わせてみると意外に見つかる可能性もあります。
介護事務の案件を探すには、求人サイトを活用しながら自力や口コミで探す方法がよいかもしれません。沢山の施設をピックアップして、ひとつひとつ確認していくと、「介護保険に詳しい事務職が居てもいいな」と感じてくれる事業所もあるかもしれません。
HPの採用情報は更新されていない場合も多くあるので、実際に電話をしてみる方がよいでしょう。電話をしてみたら募集していたという場合もあります。

 

介護事務の求人を探す上での注意

介護事務の求人を探す上での注意点を見てみましょう。

注意点1:介護職との兼務である可能性がある

介護事務の求人を探す上での注意点をいくつか見ていきましょう。
先に紹介したように、様々な求人サイトがありあますが、介護事務という求人においては「ヘルパー兼務」や「相談業務も兼ねる」など、介護事務専従ではない場合もおおくあります。その要因としては、やはり人気の職業ということが大きいようです。介護業界全体でみると離職率はかなり高いですが、介護事務に至っては離職率が低く、募集自体がかかりにくい状況です。
介護事務の求人を見つけてすぐに飛びついても実際の業務としては介護の現場である割合が多いという可能性もあります。そのため、業務内容の確認や就業時間の確認をしっかりすることが大切です。
但し、介護職を兼ねることで事業所によっては国から支給される「処遇改善加算」を賃金として得ることができる可能性もあるので、考え方によっては介護事務と介護職を兼ねる方がメリットが高いという人もいるでしょう。
夜勤までは出来ないけれど日勤帯であれば介護業務も可能という条件で求人を探している人にとっては兼務もあり得るかもしれませんね。

注意点2:利用者の送迎をする可能性がある

また、求人の条件の中で注意したい点としては採用条件の中に「運転免許取得」とある場合、事務職が利用者の送迎などをする可能性があります。

 

job_jimu_woman

 

まとめ

介護保険制度は、利用者の介護度や利用する地域によって受けられる介護サービスの内容や限度額が異なるため複雑です。また、介護保険の内容は度々改定されるため、常に学び、最新の知識を得ていくことが求められます。
介護事務に広い知識があれば、加算が算定できる可能性に気が付き事業所の収入や運営に対して直接的にプラスの影響を及ぼすことになります。
経験者や介護保険のスキルが高いと介護事務の存在は介護施設にとっては、収入に結びつく重要な業務といえるでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護事務の給料について教えて!賞与は?

デイサービスの求人ってどんなのがあるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら