社会福祉士の合格率について教えて!合格基準は?

Case-Worker

社会福祉士という職業を普段耳にすることは、あまりないことだと思いますが、ケースワーカーやソーシャルワーカというと聞かれた事はあると思います。社会福祉士は地域住民の生活、福祉に関しての相談窓口として福祉のエキスパート的立場の職業です。
今回はその社会福祉士になるための国家試験について解説させて頂きます。

 

社会福祉士の合格率

社会福祉士は、病気や障害、生活面で様々な理由によって、日常生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。
社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」による国家資格となります。社会福祉士が受ける相談内容は、「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など福祉分野すべてが対象です。
・介護保険制度
・障害者自立支援給付などの補助金制度
・福祉施設の入居
・介護士の派遣
など、相談内容は多岐に渡ります。
社会福祉士は、さまざまな問題を抱える相談者の悩みを聞き、その人に適した公的支援や地域のサービスを結び付け、解決法を提案していきます。福祉には3大国家試験があり、介護福祉士・精神保健福祉士・社会福祉士があります、この中で最も難関と言われています。

社会福祉士の国家試験まで

社会福祉士の国家試験を受けるためには次のような方法が一般的に考えられます。
1. 福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する
2. 福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験する
3. 一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する
4. 一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、さらに一般養成施設に1年以上通学する

【国家試験までの流れ】

スクリーンショット 2018-01-09 17.16.43

その他の受験方法

福祉系大学、短大以外の一般の大学、専門学校からも受験資格は取ることはできますが履修課程を終えた後の実務研修や養成施設での研修期間が異なってきます。

社会福祉士の国家試験対策

社会福祉士の国家試験は他の国家試験同様に年1回のチャンスしかありません。そのためには福祉系大学の最終年度で試験日程に合わせた勉強方法が必要だと思います。
試験は通常毎年2月に行われ3月に合格発表が行われる為に4月で就職先決定に間に合わないこともあります。この点を考慮して試験を受けることも考える必要があります。

 

2015年11月24日カウンセラー

 

 

社会福祉士 合格率と受験者数

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回
(平成元年) (2年) (3年) (4年) (5年) ( 6年) (7年) (8年)
受験者数(人) 1,033 1,617 2,565 3,309 3,886 4,698 5,887 7,633
合格者数(人) 180 378 528 874 924 1,049 1,560 2,291
合格率(%) 17.4 23.4 20.6 26.4 23.8 22.3 26.5 30.0

第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回
(9年) (10年) (11年) (12年) (13年) (14年) (15年) (16年)
受験者数(人) 9,649 12,535 16,206 19,812 22,962 28,329 33,452 37,657
合格者数(人) 2,832 3,460 4,774 5,749 6,074 8,343 10,501 10,733
合格率(%) 29.4 27.6 29.5 29.0 26.5 29.5 31.4 28.5

第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回
(17年) (18年) (19年) (20年) (21年) (22年) (23年) (24年)
受験者数(人) 41,044 43,701 45,022 45,324 46,099 43,631 43,568 42,282
合格者数(人) 12,241 12,222 12,345 13,865 13,436 11,989 12,255 11,282
合格率(%) 28.5 28.0 27.4 30.6 29.1 27.5 28.1 26.3

第25回 第26回 第27回 第28回 第29回
(25年) (26年) (27年) (28年)  (29年)
受験者数(人) 42,841 45,578 45,187 44,764 45,849
合格者数(人) 8,058 12,540 12,181 11,735 11,828
合格率(%) 18.8 27.5 27.0 26.2 25.8
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000153658.html

受験資格別合格者数

年度        福祉系大学卒業     養成施設卒業
平成28年度     6,853人         4,882人
平成27年度      7,257人 4,924人
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000153658.html

第1回の国家試験から約30年間の試験結果で合格率が3割をこえた年は僅か2回しかありません。
それだけ社会福祉士の国家試験は難関と言われる事が理解出来ます。次の介護関連の最近の国家試験結果からも合格率の難しさはかなりの高さだと判断できます。
資格別でもやはり福祉系大学を卒業して受験する方が合格率は高い事は4年間の勉強が生かされて事がわかります。

平成29年介護関連国家試験合格率

[資格名]     [受験者数]    [合格者数]   [合格率] 理学療法士    13,719人      12,388人 90.3%
作業療法士 5,988人 5,007人 83.7%
言語聴覚士 2,571人 1,951人 75.9%
介護福祉士 76,323人 55,031人 72.1%
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000156191.html

 

社会福祉士国家試験の概要

社会福祉士の国家試験のハードルの高さについては理解していただいたと思います。普段の勉強を怠らず続けることによってそのハードルを超えることは過去の実績から判断できます。
年に一度の受験のチャンスを活かすために次の第30回の国家試験の概要について紹介いたします。

尚、第30回(平成29年度)社会福祉士国家試験の受験申し込み受付期間は、平成29年10月6日(金曜日)に終了しております。

第30回社会福祉士国家試験概要

1)試験期日

ア 筆記試験  平成30年1月28日(日曜日)
イ 実技試験  平成30年3月 4 日(日曜日)

(2)試験地

ア 筆記試験
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、
千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、
京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、
香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、
鹿児島県、沖縄県
イ 実技試験
北海道、東京都、大阪府、 福岡県

(3)試験科目

ア 筆記試験
領域:人間と社会
人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーション、社会の理解
領域:介護
介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術、介護過程
領域:こころとからだのしくみ
発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ
領域:医療的ケア
医療的ケア
総合問題(上の4領域の知識・技術について横断的に問う問題を、事例形式で出題)
イ 実技試験 介護等に関する専門的技能

(4)受験資格

•4年制大学で指定科目を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含みます。)
•2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方(平成30年3月31日までに従事する見込みの方を含みます。)
•社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方(平成30年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。)
•社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方(平成30年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。

(5)合格基準(試験科目)

次の2つの条件を満たした者を合格者になります。
1.問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
2 1を満たした者のうち、以下の18科目群(ただし、(注意2)に該当する者にあっては7科目群。)すべてにおいて得点があった者。
[1] 人体の構造と機能及び疾病[2] 心理学理論と心理的支援[3] 社会理論と社会システム
[4] 現代社会と福祉[5] 地域福祉の理論と方法[6] 福祉行財政と福祉計画
[7] 社会保障[8] 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
[9] 低所得者に対する支援と生活保護制度[10] 保健医療サービス
[11] 権利擁護と成年後見制度[12] 社会調査の基礎[13] 相談援助の基盤と専門職
[14] 相談援助の理論と方法[15] 福祉サービスの組織と経営
[16] 高齢者に対する支援と介護保険制度[17] 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度[18] 就労支援サービス、更生保護制度

(注意1) 配点は、1問1点の150点満点である。
(注意2) 社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第5条の2の規定による試験科目の一部免除を受けた受験者にあっては、配点は、1問1点の67点満点であ

(6)受験料金

社会福祉士のみ受験する場合: 15,440円
社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合: 28,140円( 社会13,980円 精神14,160円)
社会福祉士の共通科目免除により受験する場合: 13,020円

(7)合格発表

平成30年3月15日(木曜日)

(8)第31回国家試験予定

・試験日:平成31年2月
・申し込み受付日:平成30年9月下旬から10月上旬

 

社会福祉士 合格率のこれから

社会福祉士はこれから更に、加速していく事になる超高齢化に対して総合的に利用者やその家族から問題や疑問を受ける最前線の立場になっていく事は避けることは出来ません。
その為には社会福祉士になる人材をいかに増やしていくかという大きな問題があります。
しかし、現在の国家試験の結果からみても合格率の高い壁が決して原因だとは言えませが社会福祉士として介護、福祉の現場で活躍できる人は現在の様々な問題、例えば児童虐待、独居老人の孤独死等生活における需要増加に対してかなりの人材不足が明確に表れています。このような状況から、社会福祉士協会等色々な方面から、今後の社会福祉士国家試験の在り方について論議が始まり中心となる点は現在の国家試験の問題が実際の現場での実務に即していないと言うことが大きな課題の一つでもあります。

更に介護保険の制度が始まってからまだ10余年。産業としてはまだ未成熟であるといえますが。急激な高齢化によって、介護保険の在り方も変化が著しく、たびたび法の改正を余儀なくされている状況で、社会福祉士の権限や範囲などが介護保険改正にうまくリンクしていない面も課題の一つでもあります。
それは、社会福祉士の業務にも大きく影響し、今後も社会福祉士を必要とする場が広がることが予想されます。
そのため、一言で「社会福祉士」といっても、職場や仕事の内容にバリエーションが増え、より専門的、単一的な業務が増えてくると考えられます。

 

sinnjinnrepoH29.9.8-271x300

 

まとめ

社会福祉全般の相談支援を担う社会福祉士の役割は増てきます。とくに近年ではDVや児童虐待などの卑劣な事件が続発しており、被害を未然に防ぐための婦人相談所、児童相談所の相談支援体制の強化が急がれます。また、今後迎える超高齢化社会における高齢者への支援強化も求められています。

様々な社会問題に取り組む社会福祉士は、これからさらに高い専門性と知識が必要とされますが現在の状況では社会福祉士の支援決定権は限られており、迅速な対応が必要なケースに対応しきれないジレンマがあるのも事実です。

 

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士の過去問で合格率アップ!勉強方法は?有効性は?

社会福祉士の難易度ってどうなの?合格率、合格人数の推移は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら