介護サービスってどれだけあるの?種類は?

スクリーンショット 2018-01-09 15.14.57

両親や回りで介護サービスを受けるような状態になった時、介護サービスについてどのくらい内容を理解されていますか?
介護サービスを受ける為の「認定」「サービスの利用額」「介護サービスの種類」等様々な疑問や問題点がある事だと思います。
今回は広範囲な介護サービスについてわかりやすく紹介させていただきます。

 

Contents

介護サービスとは

介護サービスを理解してもらう前に、そのもととなる介護保険について少し勉強してみましょう。介護保険について理解を深めれば介護サービスもよりわかりやすくなります。

介護保険の成り立ち

1960年代にまだ高齢化率が5%代の時、1963年老人福祉法が制定され、又特別養護老人ホームやホームヘルパーの制度の整備も行われ、1970年代には高齢化率は7%代に増え、1973年には「老人医療の無料化」が実施されてきました。
1990年代に入ると高齢化も加速して政府も更なる高齢化が予測される為「新・高齢者十ヶ年戦略」を制定させて、高齢者対策を打ち出しましたが、それまでの老人医療の無料化等により、医療費が莫大な負担になり危機的状態におちいり、その打開策として1997年に介護保険法が成立、2000年に施工されました。この介護保険制度が誕生する、背景にはそれまでの「老人福祉」や「老人医療」で次のような様々問題が発生したことも要因として挙げられます。

■老人福祉

①市町村がサービスの種類、提供機関を決めるため、利用者がサービスの選択をすることができない。
②所得調査が必要なため、利用にとっては心理的抵抗感が伴う。
③市町村が直接あるいは委託により提供するサービスが基本であるため、競争原理が働かず、サービス内容が画一的となりがちになっていた。
④本人と扶養義務者の収入に応じた利用者負担(応能負担)となるため、中高所得層に負担が多くなっていた。

■老人医療

①中高所得者層にとって利用者負担が福祉サービスより低く、また、福祉サービスの基盤整備が不十分であったため、介護を理由とする一般病院への長期入院の問題が発生していた。
②特別養護老人ホームや老人保健施設に比べてコストが高く、医療費が増加していた。
③治療を目的とする病院では、スタッフや生活環境の面で、介護を要する者が長期に療養する場としての体制が不十分(居室面積が狭い、食堂や風呂がない等)であった。
このように老人医療、福祉の面で従来の体制では現状の問題の改善にはならない経緯があり、それらの問題の打開策として「介護保険」が施工されました。

介護保険の意義

前の項で介護保険誕生の経緯について紹介しましたが、では介護保険の制定の意義は何かと言うと「介護保険で高齢者の介護を社会全体で支え合う」事を主旨として制定され、介護保険は次の3つの柱の考えが中心とされています。
①自立支援・・・単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするということを超えて、高齢者の自立を支援することを理念としていく。
②利用者本位・・・利用者の選択により、利用者主体で保健医療サービス、福祉サービスを総合的に受けられる制度.
③社会保険方式・・・給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用

高齢者を社会全体支える仕組みが介護保険の理念となり、2000年の介護保険施工から2013年迄の介護保険の加入者数は増加してきて、高齢化社会への足掛かりとなっていきました。

介護保険加入者数

[第1号被保険者] [第2号被保険者] ・対象者      65才以上 40歳から64歳迄の医療保険加入者
・人数       3,202万人          4,247万人
・受給要件     要介護状態           特定疾病患者
要支援状態
このように介護保険は増加してくる高齢化社会に対して利用者となる高齢者が安心して介護受けれるような体制を整備していく事が目的とされています。

介護サービス

加齢や病気で在宅介護が必要になったり、在宅での介護が不可能な認知症の状態等で施設介護が必要になった時に介護保険を利用して利用者が自立できるように、リハビリ、日々の生活面での支援等のサービスの提供を受けて、自立できるように支援していく事が介護サービスの基本とされています。その為には様々な手続きを行っていかなければ、サービスを受けることはできません。

介護サービスを受ける迄の流れ

介護サービスは在宅から施設、介護予防等様々なサービスがあり、それを受ける条件としては介護保険の「要介護認定」が前提となり要介護認定区分によって受けれる介護サービスも異なってきます。介護サービスを受ける為の条件を説明させてもらいます。

⬛介護サービス利用までの流れ
109

 

引用先:公的介護保険制度の現状と今後の役割平成27年度厚生労働省 老健局

 

keirou_couple-1

 

介護サービスの種類

介護認定を正式に認可されると「介護保険被保険者証」に認定区分が銘記されて送られてきます。認定区分によって介護サービスの適用範囲や毎月の上限額が決められて、その範囲内にてサービスを受ける事ができます。

介護サービスには大きく分けて要介護1~5の利用者が対象の「介護給付を行うサービス」と要支援の利用者が対象の「予防給付サービス」に分けられます。ここでは「介護給付を行うサービス」について詳しく説明させて頂きます。

「介護給付を行うサービスに」は次のようなサービスがあります。

① 居宅介護サービス

【訪問サービス】

◉訪問介護(ホームヘルパーサービス)
◉訪問入浴介護
◉訪問看護
◉訪問リハビリテーション

【通所サービス】

◉通所介護(デイサービス) ◉通所リハビリテーション

【短期入所サービス】

◉短期入所生活介護(ショートステイ)
◉短期入所療養介護

②施設サービス

【福祉・保健施設サービス】

◉介護老人福祉施設
◉介護老人保健施設
◉介護療養型医療施設

③ 居宅介護支援

④ その他サービス

◉特定施設入居者生活介護
◉福祉用具貸与
以上のサービスは都道府県、政令市が指定・監督を行うサービスです。

⑤ 地域密着型サービス

◉ 定期巡回・随時対応型訪問看護・訪問介護
◉ 夜間対応型訪問介護
◉ 認知症対応型通所介護
◉ 小規模多機能型居宅介護
◉ 看護小規模多機能型居宅介護
◉ 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
◉ 地域密着型特定施設入居者生活介護
◉ 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
◉ 複合型サービス

地域密着型介護サービスは市町村が指定・監督を行うサービスです

10901

引用先:公的介護保険制度の現状と今後の役割平成27年度厚生労働省 老健局

要介護者が対象者となる介護サービスを紹介させていただきました。次に気になることは実際にサービスを受ける為にはどうのようにすると受ける事ができるかが挙げられます。そこで受ける迄の手順を紹介させていただきます。

介護サービスを受ける手順

スクリーンショット 2018-01-09 14.47.35

ケアマネジャーの作成するケアプランに基づい居宅サービスや施設サービス等を受ける事ができるようになりますが、そこで最も気になるのがサービスを受けた時の費用やどの範囲迄サービスを受ける事ができるかという金額面が心配になってくるものです。
サービスの種類は既に理解して頂いた事だと思います。
そのサービスに対して介護保険を適用する場合は各認定区分毎に月の上限額と言うもの決められており、その上限額枠以内であれば自己負担1割~2割程度ですみますが上限額を超えてサービスを受けた場合は超た分は、全額自己負担になりますので自分の上限額や保険料等の料金面を知っておくこともをサービスを利用する際に必要だと思います。

介護保険認定別上限額・保険料

認定区分     上限額(単位)    上限額(金額:10円/1単位第7当地レート)
要支援1                 5,030                          50,300 ※換算レートは全国で7つの地域に分けられた単価で換算します
要支援2                 10,473                        104,730
要介護1                 16,632                        166,320
要介護2                 19,616                        196,160
要介護3                 26,931                         269,310
要介護4                 30,860                         308,060
要介護5                 36,650                         360,650

■介護保険料推移[全国平均]

スクリーンショット 2018-01-09 14.53.48

 

引用先:公的介護保険制度の現状と今後の役割平成27年度厚生労働省 老健局
先の認定区分別上限額内でケアマネジャーはケアプランを作成して該当の事業所と利用者が個別契約を行ってサービスが開始されます。

 

サービスの特徴

先に説明させていただきました、要介護者対象の3つのサービスの特徴を具体的に紹介させていただきます。

施設介護サービス

施設サービスには大きく分けて 民間型と公共型があります。当然入所時の費用も違ってきます。ここでは公共型
施設介護サービスについて紹介します。

施設名

①介護老人福祉施設

特別養護老人ホームに利用者を長期間受け入れ、食事や排せつの介護、リハビリやレクリエーションなどを提供します

②介護老人保健施設

介護老人保健施設に利用者を一定期間受け入れ、医療処置と食事や排せつの介護などを提供します

③介護療養型医療施設

介護療養型医療施設に利用者を受け入れ、医学管理下におけるリハビリと食事や排せつの介護などを提供します

施設特徴

①介護老人福祉施設

65歳以上の人であって、身体上又は、精神上著しい障害があるために常に介護を必要とし、かつ居宅において介護を受けることが困難な人が入所し、養護することを目的とする施設

②介護老人保健施設

要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び、機能訓練その他必要な医療、並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設

③介護療養型医療施設

療養病床などを有する病院又は、診療所であって、当該療養病床などに入院するよう介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他必要な医療を行うことを目的とする施設

上記の「介護保険3施設」は公的施設の意味合いが強いので、施設を運営する母体は、地方公共団体や社会福祉法人、医療法人などに限られています。

施設建設に補助金が出たり、運営する法人が法人税などの優遇を受けられるため、入所者の費用も有料老人ホームと比べて低く抑えられます。

居宅介護サービス

居宅サービスは介護福祉士やホームヘルパーに自宅に訪問してもらい、食事や入浴、排泄、衣類の着脱といった日常生活の介助や、料理や洗濯などの生活援助が受けられるサービスです。

①訪問介護サービス

ホームヘルパーなど資格を取得したプロを自宅に招き、各種サービスを受ける事ができます。介護というと食事や入浴・排泄がメインのように感じますが、それらのケアはもちろんのこと、料理や洗濯・買い物を頼むことができます。

高齢になり難しくなってきた日常生活をサポートしてくれる独居の高齢者にとって最も頼れる存在です。尚訪問介護サービスには次のようなサービスがあります。

■身体介護サービス
身体介護サービスとは、利用者の体に直接触れて行われるサービスです。
・トイレのお手伝いをしてほしい
・食事中の見守りをしてほしい
・自宅のお風呂に入れてあげたい
・おむつを替えて欲しい
・車の乗り降りの介助をしてほしい
・体位交換を手伝ってほしい

■生活援助サービス
利用者の日常生活を支援するサービス
・洗濯をしてほしい
・食事の用意をしてほしい
・シーツの交換をしてほしい
・買い物をしてほしい
・薬の受け取りをしてほしい

②訪問看護サービス

訪問看護とは、病気や障害を抱えながらご自宅で療養中の方に、看護師などのケアスタッフが訪問して療養生活のお世話や診療の補助を行なうサービスです。訪問看護のスタッフは、街中の訪問看護ステーションや医療機関(病院・クリニック)、自費の訪問看護事業者などに所属しており、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を持っています。訪問看護のスタッフは、主治医の指示(訪問看護指示書)や他の介護事業者と連携しながら、自宅で療養中の患者を訪問して療養上のお世話や必要な診療の補助を行なっています。

③訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは、主治医が「訪問リハビリテーションサービスの利用が必要」と認めた方を対象とし
たサービスで看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせて専門家がご自宅を訪問し療養上のお世話や診療の補助を行います。訪問リハビリテーションサービスを提供するのは以下の資格をもった医療従事者です。
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

主治医の指示にもとづいて、それぞれに合った専門家がご自宅を訪問して以下のようなサービス(訓練)を行います。
・食事、着替え、トイレなどの訓練
・部屋の中、家の周りを歩く訓練
・家事動作の訓練
・介護者への介助方法指導

④居宅療養管理指導

環境や身体的要因により通院することが困難な人を対象に、医師や看護師などの専門家が自宅を訪問し、健康管理や指導を行う往診介護サービスです。

●利用対象者
居宅療養管理指導を受けられるのは、要介護1~5に認定されている65歳以上の高齢者です。要支援1~2を受けている人は、介護予防居宅療養管理指導が適用されます。

また、65歳未満でサービスの利用対象に含まれるのは、介護保険に加入している40歳~64歳で、パーキンソン病や関節リウマチ、末期がんなどを含む全部で16種類の特定疾病のいずれかにより要介護認定を受けた人のみです。

通所介護サービス

通所介護(デイサービス)とは、日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。施設で他の利用者と接することで引きこもりや孤立を防ぎ、また介護をする家族にとっても負担を軽減することができます。利用者がこんな状態の場合利用すると効果的と言われています。

・被介護者が閉じこもりがちなので、他人とコミュニケーションできる場で介護してほしい
・仕事や育児、自分の時間を作るために、半日被介護者を預かってもらいたい
・ひとり暮らしまたは老々介護なので、自宅での入浴が難しい

短期入所サービス

■短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、 短期的に(数日~最大30日)施設へ入所し、日常生活の介護や機能訓練などの介護を受けながら施設での生活を送ることのできるサービスです。
例えば、「数日家を空けなければならない」「介護者が体調を崩してしまった」など、自宅での介護が一時的に困難とされる場合でも、安心して介護が必要な方を施設に預けることができます。また、家族の介護の負担軽減も目的のひとつです。

■短期入所療養型医療施設

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは、短期的に(連続して30日間まで)施設へ入所し、医学管理の下で日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスです。
「数日家を空けなければならない」「介護者が体調を崩してしまった」など、一時的に自宅での介護が困難とされる場合でも、安心して介護が必要な方を施設に預けることができます。また、介護をしている家族の負担軽減も目的のひとつです。

地域密着型介護サービス

2006年から、高齢者が認知症や要介護状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けられるように介護サービスのひとつとして「地域密着型サービス」が始まりました。
原則として、利用は要介護(要支援)認定を受けた市区町村の住民に限定され、小規模な施設で顔なじみの職員から介護や看護を受けたり、自宅で頻繁にサービスを受けたりするのが特徴です。
地域密着型サービスが受けられる施設としては、身の回りのことができる認知症の人が少人数で家族のように暮らせる「グループホーム」、認知症の人を中心に通所、宿泊、自宅での介護が受けられる「小規模多機能型居宅介護」対応施設などがあります。

また、自宅で受けられるサービスには、24時間対応で1日に短時間、複数回訪問介護・看護を受けられるサービスである「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」などがあります。

この地域密着型介護サービス以外は都道府県や中央行政が所轄、監督しますが、この地域密着型介護サービスについては各市区町村の所轄、管理化にあり、地域住民との密接な関連にあることがわかります。

 

各種類のメリット・デメリット

居宅介護サービスも施設サービスも利用の方法によってメリットやデメリットがありますので、それれらについて説明させていただきます。
まず介護サービスを受けるためには介護保険の認可を取得することは既に説明してきました。先に紹介しました介護サービスは要介護の認可者であれば、殆どが受けることができます。
但し特別養護老人ホーム等の施設サービスを受けるには要介護者の中でも「要介護3」以上の利用者が対象になりますので、利用する前にケアマネジャーから情報を入手することも必要です。

各介護サービスのメリット・デメリット

項目メリットデメリット  
《居宅介護サービス》
⦅メリット⦆
■利用者が安心
⬛自由度高い

 ⦅デメリット⦆
⬛家族の負担が大きい
一番のメリットは、やはり本人が安心して過ごすことができる点です。ご家族やホームヘルパー等の手助けを借りながらでも、本人は住み慣れた家で過ごす事ができます。施設だと集団生活になってしまいますので、生活スタイルの変化や人間関係などでさまざまなストレスがかかってくる事もあります。その点在宅介護では、精神的に安定して過ごせる場合が多いのです。
又ご家族のニーズに応えることができます。ホームヘルパーやデイサービス利用して、ご家族の思うような介護ができるかもしれません。
在宅介護サービスを利用したとしても、それは時間が決まっているサービス。24時間介護をしてくれるわけではありません。介護士がいないときは、ご家族が対応しなければならないですし、それが夜中になると、ご家族の睡眠時間を削られることになり負担も大きくなります。また、ショートステイを利用する以外にはまとまった休みの日がとれません。ご家族は終わりの見えない状況に、精神的にも肉体的にも疲れやすくなります。
《施設介護サービス》
⦅メリット⦆
■専門のスタッフが見守ってくれる
⬛本人の気持ちが楽になる

 ⦅デメリット⦆
⬛費用が高い
介護施設には介護士や看護師といった各専門家達がいるので、入居すれば適切な医療行為や介護対応を常に受けることができます。 老人ホームで生活をしていれば、急に様態が変化してしまった場合でも安心です
介護施設に入居をすると、それまで介護をしていた家族はもちろんのこと、入居した本人も「これで家族に負担をかけずに済む」と思って気持ちが楽になることがあります。
老人ホームなどの介護施設では常に介護体制が整っていますが、代わりにどうしても費用が在宅介護や居宅サービスを利用した場合に比べて高くなってしまいます。

せっかく入居したにも関わらず、本人が「やっぱり自分に合わないから」と退去をしてしまった場合、利用者もその家族も大変な労力を消費してしまうことになります。
《地域密着型サービス》
⦅メリット⦆
■利用者が住み慣れた地域のサービスを受けれる
⬛本人の気持ちが楽になる

 ⦅デメリット⦆
⬛費用が高い
⬛結局退去してしまう
居宅サービスは、都道府県が介護事業者の指定をしますが、地域密着型サービスは、市区町村が介護事業者を指定します。サービスの基準や介護報酬なども地域の実情に合わせて市区町村が設定しますので、時間や回数などに柔軟に対応できるのがメリットと言えます。また、顔なじみの人から介護サービスを受けられることもメリットです。地域密着型サービスの一つである、小規模多機能型居宅介護を利用すれば、訪問、泊まり、通いともに同じ事業所の職員が対応します利用料が定額なので、随時対応や随時訪問のサービスの利用が少ない人や、まったく利用しない人にとっては割高になってしまう。
・サービス提供者に対して利用者が多すぎると、緊急性の高い場合の対応が遅れてしまう可能性がある。

注意点

介護サービスを受ける時の 注意点で最も重要な点は 介護サービス事業者との契約時とその事業所を選ぶ内容です。ケアマネジャーからの情報がほとんどですが最終的には ご自身の判断ですので、自分で選ばれた事業所に体験なり見学に行くことを第一に考えてみたほうがいいと思いますここで介護サービスのいくつかの注意点を挙げてみます

① 訪問系サービスについ

・時間について(きちんと時間を守れるかどうか、など)
・プライバシーについて(プライバシー保持の確認)
・ヘルパーについて
(対応してくれるヘルパーは複数名にわたるのか など)

② 通所系サービスについて

※できるだけ見学に行きましょう
・送迎について(かかる時間、送迎の範囲など)
・施設の雰囲気について(バリアフリー設備や衛生管理が行き届いているか など)
・食事について(おかゆやきざみ食などにも対応可能か など)

③ 施設系サービスについて

※できるだけ見学に行きましょう
・立地条件について(家に近い、近くにスーパーがある など)
・施設の雰囲気について(バリアフリー設備や衛生管理が行き届いているか など)
・食事について(おかゆやきざみ食などにも対応可能か など)
・退去要件について(介護度が重度化したら退去しなければならないのか など)

その他、事業者の担当者の雰囲気や、周囲の評判(口コミ)なども参考にしながら 要望に合ったサービスを提供してくれそうな事業者を探しましょう。最終的には利用者が快適にサービスを受ける事で、利用者がいい方向に向かうことができるかを判断してあげる事が最も注意すべきてんではないでしょうか。

kurumaisuojiisan

 

まとめ

日本ではこれから10年後を見据えた場合、高齢化は更に深刻な問題になります。その時には今以上に介護サービスの利用は高まってくることだと思います。
現実は利用者の増加に比べ サービスを提供するホームヘルパー介護福祉士と言った、介護のプロはかなりを不足している状態は決して見逃せない状況だと思います。

これからの高齢化に対して介護をする人材をいかに育成していくかがこれからの介護業界の大きな課題ではないでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護サービスの種類を教えて!内容は?注意点は?

介護サービスの基本を学ぶ!種類は?内容は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら