福祉と教育が関連した資格はある?

今や私たちの生活になくてはない福祉サービス。皆様は、今の日本にどのような福祉サービスがあるのかご存知でしょうか?
実際にサービスを受けた方ならばなんとなくわかる方も多いとは思いますが、まだ不明確なことも多いと思います。
では、この福祉に関係する教育、また資格などはあるのでしょうか?
今回は、この福祉と教育についてご紹介していきたいと思います。

 

福祉と教育の仕事の違い

では、この福祉と教育の仕事の違いとはどのようなものなのでしょうか?
まず、皆様は福祉の仕事と言われたら何の職業を思いつくでしょうか。介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャーなどがあります。
これらの仕事は、利用者の方の日常生活をサポートすることが主な仕事内容になります。高齢者の方に介護を提供することや、日常生活動作のお手伝い、また福祉サービスの斡旋や本人や家族へのサービスの助言などが主な仕事内容です。これら全ての目的は、生活を送ることに不自由さを感じている方や、福祉サービスを必要としている方のサポートをすることが目的なのです。もちろん、介護などはプロの方を借りなくても、家族などで協力することも可能です。しかし、家族の方の中には、介護の経験や知識がなかったり、やり方すらもわからない方も多いかと思います。間違った介護をしてしまうと、高齢者の方や自分自身の体を傷つけてしまうこともあるのです。そこで、介護福祉士にお願いすると、安心な介護をお願いでき、また家族の方も相談や助言を受けることが出来るのです。
つまり、介護される側、そしてその家族も、福祉のサポートを受けることが出来るということです。では、教育の仕事とはどういうものなのでしょうか?
介護の仕方やサポートの仕方を指導し、介護職員などを育成する講師も教育分野の仕事のひとつです。介護福祉士になりたい、社会福祉士になりたい方に、専門的な知識の指導をするのです。そのため、講師は現役の介護職員や、過去に長い間福祉の仕事に関わってきた方が多いです。
目的としては、福祉の仕事ができる方を増やすということでしょう。そのほか、児童指導員という仕事も教育の分野です。この場合の教育の対象は、児童になります。
何らかの事情で福祉施設にいる子どもたちのサポートをすることが、仕事になるのです。

 

 

study_night_girl

 

 

福祉と教育の関連した資格一覧

では、福祉と教育が関連した資格はどんなものがあるのでしょうか。ここでは、その一部を紹介していきたいと思います。

① 児童指導員

児童相談員とは、どのような職業なのでしょうか。この児童相談員は、上記でも少しお話しさせていただきましたが、何らかの事情があり、家族の元にいられない子どもたちを保護し、教育を行うという職業のことを指します。この職業を目指すためには、児童指導員任用資格が必要になります。専門学校や、大学などで勉強をすることができます。

② 臨床心理士

この職業は、何らかの悩みを抱えている方の相談を受けたり、援助をする仕事になります。就職場所は様々です。医療分野や保健分野の就職場所もありますし、また福祉分野でも活躍の場があるのです。病院や福祉施設で、認知症やうつ病に悩む高齢者の方とお話しをし、ケアをすることも仕事内容の一つです。日本臨床心理士資格認定協会の試験に合格する必要があります。

③ 特別支援学校教諭

自身の身体に何らかの障がいがあって、普通の学校に入れない子どもたちの教育をすることが、主な仕事内容になります。教員免許とは別に、特別支援学校教諭免許状が必要になります。

④ 福祉系高等学校の教員

福祉科の教員をやるための仕事です。教員免許はもちろんのことですが、実務経験が必要になります。介護福祉士を目指す高校生のため、一般の勉強の他に専門的な知識を教えることが仕事内容になります。最終的には、卒業後に介護福祉士の資格を取得することが目的となります。福祉の現場は、常に人材不足になっています。
しかし、少子高齢化が進んでいますので、高齢者の方の人数は多くなっていきます。これから先、介護福祉士や福祉系の仕事のニーズは増え続けているのです。

以上が福祉な関係する仕事になります。
もちろん上記以外にも福祉教育に関係する仕事はたくさんあります。
これらの仕事の資格のほとんどは、国家資格になるのが特徴でしょう。もし、福祉教育の分野の仕事をしてみたいと思う方は、最終的に国家試験を受けなければならないということを覚えておく必要があるでしょう。
福祉の仕事のほとんどは、ニーズが高いにも関わらず人手不足なのです。
これからの未来に、福祉系の仕事の環境が改善され、給与が見直されれば、なり手は増えていくのではないでしょうか。そうなれば、福祉の教育分野のニーズも増えていくでしょう。

 

 

school_class_seifuku

 

 

福祉と教育の連携

福祉と教育の分野は、関わりが強いところもあります。
上記でご紹介させていただきました職業は、就職先として福祉施設なども選択ができます。そのため、専門的な勉強プラスアルファ、福祉の勉強をしなければならないことが多いです。
福祉の分野にはどのような歴史があるのか、どんな職業があるのか、またこれから先、福祉サービスはどうなっていくのかなどの勉強をします。福祉と言われると、介護の分野しか知らない方も多いようですが、実はそれだけではありません。福祉は様々な分野と関わり合いがある職業なのです。
この教育の分野もそうですが、医療分野もそうです。医療を通して、福祉サービスが必要になるからです。福祉とは、誰かを幸せにすることを指します。つまり、誰かを幸せにするためには、ひとりの力ではできないということでしょう。それは、幸せになるための目的や内容が人によって異なるからです。日常生活が困難な高齢者の方や障がいのある方にとっては、ただ普通に生活を送れることが、幸せなのです。そのために、介護者やサポートする職員がいるのです。
自分の家庭に入れず勉強ができない子どもたちにとっては、母親がわりの人間がいることが幸せです。心にモヤがある方、悩みがある方、傷がある方にとっては、誰かに悩みを聞いてもらえることが幸せなのです。
それぞれの悩みやできないことを補うために、福祉の仕事が存在しています。目には見えないところでも、福祉活動というものはたくさんあるのです。

私たちも、今はわからなくても、今は必要がないと思っていたとしても、いずれ福祉サービスとかかわる日が来るでしょう。その時に、どんなサービスがあるのか、どんなことをしている職業の人がいるのか、いずれ来る日にたくさんの選択肢から選べるように、今からでも知っておく必要があるのではないでしょうか。今は、インターネット上や書籍などで自分で調べることもできます。
また、わからないことがある時は、近くの福祉施設で相談をすることも可能です。福祉は、気がつかないだけで地域と深く関わりがあります。よかったら探してみてください。

 

 

150731090253

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記でもお話しさせていただいたよう、福祉系の教育の仕事や資格はたくさんあります。そのどれもが、今の日本にはなくてはならない仕事です。福祉とは、私たちが生活する上で必ず関わらなくてはならないものです。これを機会に、福祉や教育の仕事に目を向けてみてください。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

関連記事

精神保健福祉士は通信教育で取得できるの?メリット、デメリットは?

精神保健福祉士の短期養成施設ってなに?役割は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら