介護でのお風呂ってどうすればいいの?入れ方のポイントは?

Aide  Domicile

日々の入浴。利用者にとって大きな楽しみです。自力でそれが出来ないとなると、余計に清潔さへの要求が湧いてくるものです。デイサービス通いの要介護者である筆者も、風呂の時間を知らされると大いに気が休まります。
一方、介護者にとって入浴介助は重労働で危険も伴う業務。今回は入浴介助で使われる物や業務について解説します。

 

介護のお風呂とは

ADLの低い利用者による入浴という危険な行為を、どう手助けするか。様々な工夫のなされた浴槽の紹介とその機能解説です。

機械浴槽

浴槽に昇降機を取り付けて、出入りできるようにした物です。様々な形状の物があります。

仰臥位浴槽(別名:「介護浴槽」「特浴」)

全座位や立位が取れず臥床のみの利用者向け。
入浴用のベッド(ストレッチャー)を浴槽に取り付け、利用者の身体を移乗。昇降機で入出浴します。

チェアインバス

椅子上での座位を取れる利用者用。
シャワーキャリー(入浴用の車椅子)を使用。それを連結できる昇降機が浴槽内に設置されているタイプです。
(※シャワーキャリーにも、リクライニングタイプでベッドに近い形状に変形出来るタイプあり。浴槽もそれに合わせて、仰臥位浴槽としても使える物もあります)

リフト浴

内部では無く浴槽横にクレーン型の昇降機を設置。
シャワーキャリーもしくはブランコ状の吊り具に座った利用者本人の身体を吊るし、入出浴するタイプ。
機械が浴槽とは独立しているため、部屋自体の改造を行わずに機械浴槽にする事が可能。
電動ではなく人力で操作出来るタイプもある事や、またレンタル代が介護保険適用対象となる事から、一般家庭向きと言えます。

一般浴

機械的な補助具が無いタイプ。補助具が付けられた浴槽です。

手すり・スロープ付き浴槽

自立または手引きで歩行可能な利用者向け。
一般の浴槽と異なり、身体を支える事が出来たり、段差が無いためつまづくおそれが少なかったりするため安全性が高まります。
大規模施設ではシャワーキャリーをスロープで浴槽へ乗り入れられる様にした物もあります。

ポータブル浴槽

板状に分解出来るタイプ。訪問介護で用いられます。
利用者の元へヒーターと搬送して組み立て、現場の水道に繋いで湯を満たします。

洋式浴槽

ADLの高い利用者向け。
本来は介護用品では無く一般に用いられているタイプ。
和式と異なり水深が浅いうえ身体を伸ばして入る事が出来るため、出入りし易く介護に向いています。

 

 

kaigo_ofuro

 

 

介護のお風呂の役割

入浴は利用者にとってどのような意味を持つかを解説します。

清潔保持

快適な日常は清潔さあってこそ。ADLの低い利用者は自力での清潔保持がし辛いため、身体が汚れやすくなり、不潔になりがちです。
逆に清潔さは、感染症や褥瘡の予防になります。
垢や肌に付いた諸々の汚物は菌が繁殖するため、病気、特に感染症を誘発します。
特にADLの低い利用者は自力での更衣や手足洗浄を行いにくいため、この状態になりがちです。入浴により、菌の温床となる汚れを取り払う事が求められます。
また血行を良くするため、褥瘡を防ぐのにも有効です。

新陳代謝活発化

血流の活性化により、新陳代謝を良くします。

日常生活の活発化

安眠・食欲増進

疲労を適度に感じるため、食欲・眠気を感じる様になり、結果、今後の活力につながります。

気分転換

肉体・精神の休息感を感じられる様になります。
例)
筆者がパーキンソン病で入院していた際、3~4日ですが、入浴もせず病衣を交換もせず過ごす事がありました。
結果、服の悪臭や足指の白癬菌が、ひどく気に掛かる様になったものです。
その後、入浴し病衣を交換すると、ずいぶん気が落ち着いたものです。難病への不安感や身体機能低下の苛立ちが、不潔さへの過敏性に転じたのかも知れません。

社会参加への意欲

他人とのコミュニケーションを取ろうとする意欲が、入浴による疲労回復や清潔にする行為を通じ湧いてくる。

 

介護のお風呂の入れ方のポイント

利用者の安全を守り、不快感を与えず、業務をスムーズに進めるにはどうすべきかの解説です。

下準備

浴室へ入るまでの留意点です。

湯の温度設定

浴槽に湯を張る時から、利用者が入る時まで、湯の温度には注意します。
湯は温度によって、風呂の呼び名や用途が変わります。
以下、温度の高い順に、呼び名と身体への影響を列挙します。

(1)高温浴  42度以上→血圧上昇(※交感神経の緊張による影響)
(2)温浴  38~42度
(3)微温浴 37~38度→腸の蠕動運動が活発化(※副交感神経が働く)
(4)不感温浴34~37度
(5)低温浴 24~34度
(6)冷水浴  24度以下

浴室内の準備

(1)室温や湯温の調整(室温22度前後。湯温40度前後)
(2)脱衣室の床には滑り止めマットを設置
(3)立位の取れる利用者なら、脱衣室に椅子を設置
(4)利用者の体調および入浴の意思の確認
(5)シャワーキャリーの確認(車輪のストッパーは掛かり易くなっているか、等)
(6)脱衣室と浴室の間に段差は無いか確認(段差あるなら迂回したり埋め合わせたりで対処)

脱衣・洗体

脱衣時

(1)脱衣介助の際、片麻痺なら健康な側から脱衣(いわゆる「脱健着患」。着衣時は患側)
(2)利用者の皮膚状態や外傷・内出血の有無を確認

洗体時

(1)洗髪時、頭が揺れない様に片手で頭頂部を支え、もう片手で洗髪
(2)洗体時は、手先・足先など末端から身体の中心部にかけて洗う
(3)麻痺や拘縮で動かしにくい四肢は、一旦入浴して温まる方が洗いやすくなる
(拘縮で上腕が身体に張り付いたような状態になると、腋下に垢が溜まり易い)
(4)耳の後ろや耳穴周囲も洗う(耳穴周りは水が入る恐れあるため、洗髪後に乾いたタオルで撫でる様にして、表面の垢を取る)

出浴時

身体を拭く

(1)浴室内でバスタオルを使い大まかに拭く(水滴を更衣所に落とさないようにするため)
(2) 更衣所で柔らかいタオルを使い丁寧に拭く
(3)着衣は手早く(服を着る前に身体を冷やす恐れあるため)
(4)足拭きマットはひとりひとり交換。使いまわさない(白癬菌など皮膚感染症予防のため)
(5)爪切り・耳掃除を行う(熱と水分で柔らかくなっているため対処しやすい)

 

souji_ofuro

 

 

注意点

死亡事故にも繋がるレベルの危険性を解説します。

入浴前の注意点

バイタルチェック

個人差もあり、どの値が危険範囲とは一概に言えませんが、高温浴には注意が必要です。

入浴拒否

利用者が直前で入浴拒否し始める事は度々あります。その後は受け入れられる様になっても、入浴する段になって不穏さが再発しかねません。
これは利用者本人にとっても危険で、バランス崩して転倒する恐れがあります。

擦過傷

気付かないうちに擦過傷が出来る事があります。
特にシャワーキャリーの固定ベルトで切れてしまいます。乾燥した布地のベルトは特に危険です。

ヒートショック

気温差のある空間を出入りした際に起きる心臓ショック。浴室、脱衣所、廊下の気温設定は同程度にしましょう。

移乗時の転落

利用者をシャワーキャリーへ移乗する際に起き得ます。
普段の移乗ではお互い服を着込んでいるのに対し、入浴前後ではお互い肌が露出していて、服が滑り止めになる事がありません。よって手を滑らせてしまうおそれがあります。

浴室内の注意点

水没の危険

機械浴槽で起きる事故。
えん背のある利用者は特に注意が必要です。椅子に座った際、顔が下を向いたり、身体が横に倒れたりします。特にシャワーキャリーは一般の車いすと異なり、身体が沈み込む構造になっていないので、これが起きやすくなります。
昇降機を降ろしている最中、微妙な振動で利用者の身体の向きが変わります。結果、顔が水面に浸かってしまい、溺れてしまいます
昇降機のスイッチを入れ過ぎて、利用者の身体を水没させてしまう事も有り得ます。
特に、操作盤とシャワーキャリーを設置する位置が離れていると、事故が起きた時に対応が遅れてしまいます。

転倒

浴室は一般の居室やフロア以上に、床や壁が硬く、機械やドアノブ等の固くとがった物が多くあります。
更には広さも無いため、よろめいただけで、それらに身体を打ち付ける恐れがあります。

掴んだ物を放せない

認知症またはパーキンソン病患者に度々ある事態。手すりを使い立ち上がる時などに起きます。
一度掴んだ手すりを、次に離す事が出来なくなり、どうにか離した際に、勢いよく後方へ転倒してしまいます。

シャワーの急な高温

シャワー温度を適温に設定したつもりが、急に温度上昇する事があります。
利用者に浴びてもらう時は、まず足先から。また、介護者は常にシャワーヘッドに指を添えて水流にかざし、温度を感じ続けられるようにします。

羞恥心による急な動き

認知症のある利用者に度々見られます。
脱衣や洗体中、急に自分の身体を隠したり介護者を払いのけたりする動きを取ります。
結果、転倒の危険が高まります。

 

 

heat_shock_roujin

 

 

まとめ

介護者にとっては、狭い浴室で集中して重労働に対応しなければならない業務です。
移乗技術、会話力、安全見守りへの集中力、安全かつ早く業務を運ぶ効率性、皮膚変化に気付く観察力など、まさに介護者としての能力が問われるのです。
それらに対応しつつ、利用者へ楽しいひと時を提供出来るよう、務めて下さい。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護のデイサービスってどんなサービス?1日の流れは?

老人ホーム、介護施設について教えて!種類は?特徴は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら