医療費控除はおむつは対象?入院時のおむつは?

スクリーンショット 2017-12-20 16.53.36

皆さまは、医療費控除という言葉をご存知でしょうか?
医療費控除とは、1年間に自分自身、または家族にかかった医療費が税金から控除されるというものです。しかし、これには条件があります。では、どんなものが医療費控除の対象となり、どんなものが医療費控除にはならないのでしょうか?
今回は、小さい子どもならば必ず必要となる、おむつの場合は医療費控除の対象になるのかどうかを中心に見ていきたいと思います。

 

医療費控除でおむつは対象?

では、実際にどのようなものが医療控除の対象となるのでしょうか?
今回は、わかりやすく医療費用を二つに分けていきたいと思います。まず、私たちが病院にいく時は、病気や怪我を治すための(治療)と、病気や怪我にならないようにする(予防)とで分けることが出来ると思います。
この医療費控除もそうです。病気や怪我を治すための治療であれば、この医療控除の対象になります。金額としては、この医療費用が年間10万円を超える場合が適用です。
また、自分の病気を治すための医薬品も対象となりますし、治療費、医療機関や病院に通うための交通費などが含まれます。

予防は対象外

反対に、医療費控除とはならない項目としては、予防の範囲の費用です。例えば、自分に病気や怪我がないかを検査してもらうための健康診断の費用や、流行性ウイルスなどを防ぐための予防接種は、医療費控除には含まれません。また、治療目的ではなく、美容目的の治療や、疲労回復のための医薬品の購入費用なども控除にはなりませんので、注意が必要になります。そのほか、入院中に対しても、寝具の費用や自分自身の希望での差額のベッド費用は含まれません。
では、今回のテーマであるおむつの費用はどうなるのでしょうか?国税庁によりますと、医師によって治療を受ける中でおむつが必要だと認められている場合においては、医療費控除の対象になります。病気や怪我などによって、6ヶ月以上にわたって寝たきりの状態である場合は、治療に必要なものだと認識がされますので、医療費控除になるのです。しかし、ここで注意していただきたいのが、あくまで治療目的のオムツ使用が対象となるということですので、生まれたばかりの赤ちゃんのオムツなどには適用されません。もちろん、ミルク代金なども医療費控除にはなりません。これらは、治療を行うということとは関係していないからです。くれぐれも間違えないようにしておいてください。

 

 

omutsu

 

 

医療費控除のおむつ使用証明書

以上、上記の条件のもとであればおむつの費用も医療費控除となるとご説明させていただきました。
しかし、この医療費控除を適用するためには、おむつ使用証明書が必要となってきます。簡単に言わせていただければ、条件にかなった状態で適切におむつを利用していますということを、国に説明しなければならないのです。では、この証明書は誰に発行して貰えば良いのでしょうか?
発行は、今現在治療を行なってもらっている医療機関が交付することとなっています。この証明書の書式などにつきましては、厚生労働省から通知がされています。該当の患者様の基本情報や病気や怪我についての記載、またその治療状況、証明書を交付した医療機関の情報などが記載されています。また、このおむつ代金の項目について、医療控除を受けるのが2年目であれば、主治医意見書の写しなどでも可能になります。
申告の際には、この医師から記入してもらったおむつ証明書と、実際におむつを購入した際に書いてもらう、おむつの領収書、印鑑、申請する者の身分証明書などが必要になりますので、忘れないようにしましょう。おむつ証明書は、インターネット上からダウンロードすることが可能です。

 

医療費控除のおむつは入院時は

では、入院時におむつが必要となった場合は、この医療控除の対象となるのでしょうか?答えはイエスです。
ただし、上記でもお話しさせていただきましたが、おむつ証明書が必要となりますので必ず医師に記入してもらってください。また、入院中に必要なものが、全て医療費控除となるということではありません。もちろん、入院中の診察費用、検査費用、手術費用につきましては、治療に必要なことですので、対象になります。

また、入院中の食事についても通常なものであれば対象になります。しかしこれが、病院食以外の食事代金や、患者以外の食事代金は医療費控除にはなりません。また、おむつ代金は医療費控除適用となりますが、そのほかの病衣の費用、下着などの洋服代金、髭剃りや洗面道具などは治療とは直接関係ありませんので適用外になります。病院で見るテレビの代金、冷蔵庫などの使用料金についても適用外になります。
また、病院へ向かう際の交通費につきましても医療費控除の対象とはなりますが、公共交通機関を使用した場合に限られます。自家用車を使用した際の燃料代や、タクシーを利用した際のタクシー最近は適用にはなりませんので、注意してください。ただしタクシー代金に対しては、公共交通機関を利用できないやむを得ない理由がある場合においては、対象となる場合があります。

 

注意点

おむつの代金を申請するにあたって忘れてはいけないことは、上記でもお話しさせていただきましたが、おむつ使用証明書を記入してもらうことを忘れないでください。
せっかく医療費控除の対象になるにも関わらず、この使用証明書を用意することができなければ、意味がありません。申請の際には、おむつ使用証明書とおむつ代金の領収書がきちんと揃っているかを必ず確認するようにしましょう。
また、医療費控除とはあまり関係がありませんが、もし家族のもむつを選ぶ際は本人の状態に見合ったものを選択してください。大人用おむつにも、色々な種類や大きさがあります。体格の大きいかたのはLかLLサイズを、小さい方にはMサイズ、またはSサイズを選ぶと良いでしょう。サイズの合わないおむつをはき続けることほど、患者様にとって不快なことはありません。大きすぎる場合は、尿もれや便もれの原因になってしまう場合もありますし、小さすぎる場合は体が締め付けられてしまいます。
もしわからない時は、看護師や医師、介護福祉士に相談をしてください。また、おむつの間には、尿取りパッドをはさんでおけば、排尿時の交換が簡単にすむことができますし、患者様の負担も軽くてすみます。まずは、患者様の体のことを一番に考えて選択をすると良いでしょう。

これは、医療費控除にはならない場合もそうです。自分の家族におむつが必要になった場合は、家族の状態をよく見てあげてください。自立ができている患者様には、テープ式のおむつは適切ではありません。そういう場合は、一人でも排泄しやすいリハビリパンツを選択すると良いでしょう。自立している患者様に、介護をする側の都合だけでおむつを選択してしまうと、患者様はますます自立心がなくなってしまいますし、介護者への信頼もなくなってしまいます。まずは、患者様とコミュニケーションをとることを忘れないでください。

 

 

女性 イラスト2

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
もし、自分の家族や知人が医療費控除の対象になる場合は、国税庁のホームページに詳しいことが記載されていますので、確定申告の際にあわてなくて良いよう、事前に確認しておくと良いと思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護保険は医療費控除になるの?対象になるサービスは?

介護保険は医療費控除になるの?種類は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら