医療費控除で予防接種は含まれるの?種類は?

homepagePhotoFRLrev

冬になると、風邪で病院にかかる方一気に増えます。普通の風邪ならばまだ治りは早い方ですが、これがインフルエンザなどの流行性にあるものになると、完治するのに時間がかかり、私生活や仕事に制限がかかってしまいます。
それを防ぐために、予防接種をする方も多いのではないでしょうか?では、この予防接種は医療控除の項目に含まれているのでしょうか?
今回は、この医療費控除にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

 

医療費控除の予防接種は対象?

まず、この医療費控除についてご紹介していきたいと思います。
医療費控除とは、その年に病院にかかるなどをして、医療費が多くかかった場合、自分自身や親族にかかった分の医療費の一部を税金から控除できるものです。国税庁によりますと、医師はまたは歯科医師による診療費用が控除の対象になります。
ただし、注意事項として健康診断の費用は医療控除に含まれません。また、治療にかかる薬の代金も医療費に含むことができます。しかし、ビタミン剤などは医療費にははいりませんので注意が必要になります。この他、医療機関や病院に通うための交通費、公共交通機関での移動が困難な方なためのタクシー代金、妊娠中の検診や出産費用なども対象です。要するに、治療を受けるための費用や、怪我や病気を治療するための費用が対象になるということです。
では、反対に対象とならないものはどのようなことなのでしょうか?例えば上記でもお話させていただいたように、健康診断などの予防の範囲での受診、美容目的に施術などは医療費にはあたりませんので事前に確認した方が良いでしょう。

では、今回のテーマにもある予防接種は医療控除に当てはまるのでしょうか?結論から言うと、予防接種の費用は医療費控除の対象にはなりません。なぜなら、予防接種はその名前の通り予防することが目的であり、病気にならないために行うものだからです。医療費控除となるものは、治療の際にかかる費用のことを指しますので、残念ながらこの予防接種は該当しないのです。しかし、予防接種にも様々な種類があり、医師からの指示、またはすすめであれば一部対応になる場合もありますので、こちらについては後ほど詳しくご紹介していきたいと思います。インフルエンザなど、毎年流行するウイルスの予防接種は少々高額にはなりますが、医療機関または病院によって予防接種の費用は異なります。

自宅から通える範囲で、できるだけ少額ですむ病院を探すのがベストでしょう。また、高齢者の方の場合は住んでいる地域によって助成してもらえる場合がありますので、確認しておくと良いでしょう。

 

couple_setsumei

 

医療費控除の予防接種の種類

上記で、予防接種の費用については医療費控除にはならないということをお話しさせていただきました。しかし、一部例外がある場合もあります。

⑴B型肝炎ワクチン

こちらの予防接種の費用も、もちろん医療費控除の対象にはなりません。しかし、一部例外があります。それは、家族の誰かがB型肝炎に感染している場合です。このような事例の場合で、もし自分自身までもが感染してしまった場合、命の危険がある、持病などが悪化してしまうと考えられる場合は、医師の判断により予防接種が医療費控除の対象になる場合があります。しかし、覚えておいていただきたいのは、こちらも基本的には医療費控除には含まれない、ということです。

⑵セルフメディケーション税制

皆さまは、このセリフメディケーション税制というのをご存知でしょうか?これ
は、健康の保持増進、および疾病の予防として一定の取り組みを行っている方に対して、平成29年1月1日以降に自身や配偶者などのために支払った、特定一般用医薬品などの購入費の控除を受けることができるということです。
しかし、注意事項として、このセルフメディケーション税制は医療費控除の特例であるため、この特例を受けたい場合は、通常の医療費控除は受けることができなくなります。そのため、通常の医療費控除を受けるか、このセルフメディケーション税制を受けるかを選択しなければならないのです。また、一度選択した後は変更することはできなくなります。

この適用対象者は、健康保持や疾病予防の取り組みとして健康調査や予防接種、がん検診、特定保険指導などを行っている方が対象になります。また、特定医薬品については、対象の商品にセルフメディケーション対象のマークがついています。また、厚生労働省のホームページに記載がされていますので、確認することができます。確定申告の際に、明細書などが必要になりますので忘れないようにしましょう。

また、わからないことは国税庁の電話相談などで質問、相談をすることができます。

 

注意点

注意点として、基本的に予防接種は医療費控除の対象にはなりませんが、だからと言って予防接種をしないという選択肢は取らない方が良いでしょう。
特に毎年必ず流行するインフルエンザについては、早めに注射をしておかなければワクチンが足りずに、予防接種をしたくてもできなくなってしまう場合もあるのです。もしかかってしまった場合は、治療に時間がかかってしまいますし、その間仕事をすることもできなくなってしまいます。事前にこのようなリスクをなくすためのも、予防接種をしておくことをおすすめします。病院によっては、比較的安価で提供しているところもありますので、まずは自分の近くの医療機関や病院を調べてみてください。また、免疫力の低い高齢者や小さな赤ちゃんの予防接種費用も、残念ながら控除にはなりません。しかし、特に赤ちゃんはできるだけ早めにしておかなければ、様々な病気に感染していまい、死亡してしまうリスクもとても高いのです。早めに計画を立てて、必ず受けるようにしてください。
また、医療費控除の注意事項としては1年間にどれだけの医療費がかかったのかが重要になります。そのため、病院にかかった際の領収書やレシートなどはきちんと保管しておくことが大切になります。

また、上記で医療費控除の対象になるもの、ならないもののお話しもさせていただきました。治療の範囲での費用は大丈夫だとは思いますが、事前に自分のかかっている医療費は対象なのかどうかを確認しておくことも大切でしょう。国税庁のホームページなどのも詳しく記載がせれていますので、不安な方は一度見ておくといいと思います。
予防接種は、任意の行為です。強制ではありませんので、受けるか受けないかは本人の意思になります。
しかし、予防をしなければ後に重大な病気につながってしまう危険性があることを、忘れてはいけません。
特に、赤ちゃんや小さな子どもを守ることができるのは、私たち大人しかいません。子どもの命を守るためにも、また、もちろん自分自身の命を守るためにも、できるだけ予防接種は受けるようにしましょう。また、予防接種以外の予防方法もたくさんあります。まずは病気にならないことが大切なので、普段からきちんと健康管理をしておくことも忘れないようにしましょう。

 

 

medical_seishinka_woman

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?医療費控除の件については、細かく対象が決められています。確定申告の際に自分が困ることのないように事前に確認しておくことや、必要書類を準備しておくことも大切でしょう。

 

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について教えて!

介護保険は医療費控除になるの?対象になるサービスは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら