介護離職が高い介護施設を分析する

最近の社会的問題に取り上げられている介護離職と言う問題は、新聞の三面記事の片隅を埋める程度の問題ではないと思います。これからの高齢者社会に伴う家族の介入が増えると予想されるなかで介護離職という問題は当事者としては生活面を大きく変化させる激しいで問題です。それら介護離職の問題はどこにあるか等を検証してみたいと思います。

 

介護の離職率とは

これからは、より高齢化社会及び認知症や難病の患者が増えていることは事実として、逃げる事ができない状況になってきます。そんな環境下でも最も心配される問題が、「介護者」ホームヘルパーを始めとする介護職の業界それが、長年に渡って人材不足が現実、今のサービスでも十分で満足できるサービスの提供ができているか、、明解な解答が出ているということです。 。

家族への介護の負担

現在の国の介護に対する基本的な方針はCS5年完成を目指している「地域包含支援システム」による「住み慣れた町で介護を」という施設に在宅介護から推進しています。平成24年度総務省「就業構造基本調査」によると
■勤務先で介護をしている営業員は
①239万9千人というような結果になると、様々な問題が浮上していく事は明らかです。(女性は137万2千人、男性は102万7千人)、
②全雇用者数に占める配分は女性5.5%、男性3.3%である
。③年齢別では、男女とも最も多いのが「55〜59歳」
■介護離職者の介護内容
①介護の為に離職した人でほぼ毎日生活支援(そうじ掃除、洗濯、買物等)や身体介護(入浴等)を行っている人57 0.1パーセント
②就労しながら介護をしている人、「ほぼ毎日」が3 0.5パーセントので、「週に2〜4日」22.7%が
就労働しながなら、ほぼ毎日、もしくは週に2〜4日ほど介護をしている人の割合が58.2パーセントと多いことから、気にかかるのが離職者数です。家族の介護や看護を理由とした転職、離職者数は1年間(2011年10月〜2012年9月)101100人ありましたで。
■年間離職者状況
①男女別離職者数
[ 女性] 41,200人(80.3%)[ 男性] 19,900人(19.7%)
ごとにやや違いはあるもの、おおむね8〜10 万この数値はこれからの国の社会(福祉)保障問題の進め方次第により、さらに増加することの企業の生産人が介護・看護を理由に退職し、その8割が女性であることがわかります。性の面への影響も懸念されます。

家族から見た介護離職とは

両親のいかがを利用者本人の意向や財政的な理由で在宅介護を選択した場合、介護をする人は配偶者および子供ということになりますが、通常、配偶者は要介護高齢者と同世代大家族で、皆さんに要介護高齢者と同居しているような場合、同居している、同居しているということも同居しています……可能性が高く、子どもが介護を担うことも少なくありません。介護負担は全て自分一人にのしかっているようなケースの場合、時間的・金銭的・精神的な介護負担はかなり大きいものとなってきます。その上親の介護の為に勤務先を辞める事となる「介護離職者」になっています。

gogatsubyou_man

 

介護施設の離職率とは

施設には色々な種類があります。利用者の状態や周辺環境も当然間違ってきますが、共通している在宅介護は介護施設の職員を取り巻く環境はまだお世辞にも決まっていいとは言えません。違いが次のような事が考えられます
①利用者数が大きく違いひとえい一人で受持つ人数がかなり違う
②夜勤やっ残ら業が多く自作分の予定食がかたてるならくれない
③②を頑張っ張ってやっても月の給与は低い
④施設での職場環境、人間関係が上手くとれない。⑤利用
者や家族から問題や文句を毎日のように聞かされる
一般的に施設での離職率が高い理由そして上の項目のような原因がありますが、これは一概になるほどだと思う点が少ないかと思います。介護という仕事の「目的」や「意義」をそうと理解する事で介護の重要性と言うものが、わかりやすい仕事に意 職場での人間関係による退職は施設だけではなく同じ家の介護事業所でも同じような理由で入社後一年以内で退職している状況は、以前から問題視されています。この点と給与の水準が他の企業の水準より低い事で、求人率が悪く、離職率が高くなっています。その具体的な要因には次のような点も更に考えられます
①一緒に生活できるだけの賃金が貰えていない
②想像していた仕事よりも
きつかっ③体力勝負なことがあるのに女性が7割以上を占める
④経営者などの運営側に不満がある
⑤こうなりたい理想像が職場にない
これからの先の人生に夢が持てない(給料など)
というようなことも先に挙げました離職の要因以上に当事者は深刻に思っているようです。確かに賃金が低いということも離職率が高い理由になりますが、それではないです。ている中で利用者さんと上手くコミュニケーションが取れなくて精神的に落ち込んでいます、
ミスを一緒にしてへこんでいるということもあります。それで、ひとりになっています。くる負担が大きく後輩を指導できる人がいない、まつり人を育てる環境が整備されていないということもあります。そして、夜勤やサービス残業など頑張った結果、1月の評価としてお迎えになるでしょう貰えない。
これでは給料が安く、右左も分からない新人職員が定着しないのが現在の施設介護の離職率が高くなる要因だと 施設での介護職員の離職については上にあげました原因とは、別に親の介護を理由に、施設での夜勤や残業等がある勤務体系での働き方が続かなくなった「介護休暇」 』をする人が多くになっています。

一般企業の介護離職

厚労省が実施している調査では働きながらの介護をしている30代から50代の人が増え続けており、普通はまだ企業の中軸として働く年代ですが、親の紹介護を続けてるとか
いうことは、つい、働きながらの介護を強くされているケースが一般的になってきます。
■男女別就職なら介護をしている年代厚生労働省「就業構造基本
調査年齢〜29歳30代40代50代60代全体
総数0.9%1.7%3.8%10.1%9.0 4.8%
男性0.7%1.3%2.7%7.2%7.7%3.7%
女性1.1%2.2%5.3%14.2%11.1%6.2%
ずれても介護施設もこの課題はいち企業やいち介護事業所で解決できる問題ではなく、これは国や都道府県が現在の現場の状況に対応した対応は企業でも「介護離職」という問題は存続に関わるくらい大きな課題です。対策を講じていないと、これからも益々介護 職者の増加を防ぐことができないのではないでしょか

 

14年

 

 

離職率の高い施設の見極めポイント

一般的に会社でも店舗でも離職率が高いということは、ここでは従業員が確定できないもののどれかの問題があるからではないでしょうか。さらに離職率の高さが多い職場に就職してからは、「こんなはずじゃなかった…」とならないよう、求人を探す段階から、離職率が高い職場を見分ける「目」を持つことがポイントでもあります。では、介護施設の場合はどう見てみましょう

介護施設の介護離職の見極め方

離職率の高いか、低いかは中々外見や一部の資料では判断がつくものではないと思いますが「、色々な調査報告をもって集約すると次のようなポイントが見極まる要因になっています。ようです。
■求人時
①職員数に対してる採用人数が多すぎないか
例えおば現在の職員が50人の介護施設・事業所が、10人の職員を採用予定にしている場合など。一定数の退職者が出ることを予想して、大量採用をしている可能性があります。ただし、新規上昇メンバーの募集等、正当な理由があってかなり採用をしている場合も。転職支援サービスに登録している場合は、募集背景を担当コンサルタントから確認してもらうと安心です
。②絶対求人募集を出していないかハロウィーク
や求人サイト等で求人を探す時、「この求人、よく見えるな…」 「この間掲載終結」中には採用基準が厳しく、人材を厳選している可能性もありますが、待遇の悪さ人間関係の悪さ、離職率があったのに、またまた再開する」と思ったことはありませんか?
③周辺の事業所と比べて、給与が高すぎない
近所事業所の同じ職種の求人と比べて、給与が高すぎる場合も注意が高い、採用活動に苦戦している場合が多いです。残業時間の多さや人間関係の悪さなどから、こちらも予定退職者が出ることを見越して、高給与を提示して人をまとめている可能性もあります
。④年間休暇数が
少しないか週や月の休日数に比べてイメージしたいですが、年間休日数この休日の多くを知る重要な基準。厚生労働省の調査では、医療・福祉分野の年間休日数の平均は109.2介護職の求人を探す時は、年 休日110日を1つの目安にすると良いでしょう。(「年間休日」は一般的に有給休暇を含みませありません
■対面・見学の時
①職員間の笑顔・コミュニケーションは活発か利用
者さんやご家族、見学者などの「お客さまなどに明るい声掛けをしていても、職員間ではどうですか? 、慌ただしく走り回り、職員間だけでなく利用者さんにもキッチ口調で話している…このような職場は、人手不足が多くで余裕がなく、職員も利用者も大事にしたくない・きれいな環境かもしれないません
②面接が短時間で終わりすぎすぎない簡単
な質問を2、3点したらだけで内定。「いつから来るか?」と聞かれたことはありませんか?とにかく人手が欲しい状態で、労働条件や福利厚生の説明が全くなったら、質問しても曖昧にされる場合も注意してください。そうした接続ではミスマが十分に吟味していない(する余裕がない)可能性も。チが起きやすく、離職率がさらに高まる悪循環も起きそうです
③清潔感の無さ・汚物臭が気になならないか
玄関にスリッパが散乱してるいてる、詰め所が物で雑然としている、廊下にゴミが落ちている、オムツや排泄物の臭いが充実している等。そうした状況を置いているということは、人手不足で気にならない状態・見てフリぬが常態化しているということ。管理が乱雑だ、ヒヤリハットや事故になる恐れがあるため、特に注意が必要
④施設長・管理者・リーダーが信頼できそうな
見学やフェイス接続は、自然と施設長やリーダーとするため、、、になる見学者や利用者に対して丁寧に接していても、職員に対する言葉遣いや態度はどうでしょうか。役員が助けを求めても事務所に引き込められていますか たり、職員によって態度を変えていたりしないか、注意深く観察を。
以上のような点を最低限見極めて、判断することが重要ではないと思います、介護施設に限る勤務職場は快適に働く事ができるように正当な評価のもとで頑張って働いています。

 

 

画像12

 

こんな施設は離職率が低い

人手不足の職場では、利用者に行き届いたケアを提供してくれてもできません。そうした現状にジレンマを抱える介護職の方はとてもたくさんはずです。離職率が低い職場は、人間関係が良好で、職員も利用者も大切にし、頑張った分を正当に評価してもえる職場です。そうした介護施設も確かに実際にあります。ではどういう施設が離職率が低い施設か紹介します。

離職率の低くなる施設造りとは

■あえて難しい仕事も積極的にやらせ、自分で
考えさせてみる介護の現場は、原理原則が同じであっても、それれの施設で細かいまとまりとがあります。早く仕事を感じてほしいと扱い簡単教えて、簡単に対応できる利用者ばっかりを担当させていただきましてませんか?これは簡単な仕事だけに慣れてしまえ、何かトラブルがあったときにすぐに辞めてしまいます。。。あえて対応が難しい利用者のケの担当について、どうすればいいのか自分だけ
で考えさせようとしましょう。また、この会社は耐えられず辞めるなら、その会社は遅れて早いということだというわけでまとめましょう。早期離職を防ぐためにあえて社員を逆境におきます。そうすることにより、自分で問題を解決する能力が身について、多少の このはり方を介護現場に応用することで長期的に働く優秀な人材を育てることではないのでしょうか。
■外へ募集をするより、パートナー職員を活用した介護
施設で多いのが、一人辞めたらすぐに一人の求人をかけるということ。しし、給った一人を教えるために何人の人が割り切れ、その教え込んだ親切にする、また新たに一人称ったところで同じことを繰り返すとなれば、時間と労力の無駄になります。ここで、パート職員へ目を向けていてはどうでしょう。本人の希望を取りつける、社員へのキャリアを提示すると、モチベーションもあり、長期的に働いてくれる可能性がぐんと高く なるでしょう。

 

 

20160215154827-00569

 

 

介護業界の今後の離職率の動向

厚生労働省が発表している「雇用動向調査(平成27年)」を見てみると、医療・福祉関連の離職率は14.7パーセント。全産業の平均離職率は15パーセント、もっと離別率の高い宿業・飲食サービス業が28.6センターですからそれほど高くないように思います。介護事業所に対して、毎年行われている、公益財団法人介護労働安定センターの「介護労働実態調査(平成27年度)」参照平成20年以降20パーセントを下向き、全産業比率とそれほど変化はありません。
■介護職種別動向介護
職と一言で言っても、正規・非正規と言った方同じ「介護労働実態調査(平成27年度)」では、職種・雇用形態別の離職率も調査されており、のほかや訪問介護か施設介護かいた職種の違いがあります。職業率が高いのは非正規の介護職員で21.7パーセント。次で正規の訪問介護職員で15.8パーセントとなっていました。雇用形態別にみると、非正規職員の方が離職率が高い傾向にあります、ここで、注目したいのが1年以内に辞退しているのです。あるのに対して、訪問介護員の離職率は14.1パーセント。離職者のうちで1年以内に辞めていく人が一番多いのは職種は介護職員(41.6パーセント)、雇用形態では非正規職員のうち常勤スタッフ(46.2パーセント)がたくさんなっています。 「1年以上」「1年以上3年以内」を合計すると74.8パーセントの人が3以内に辞めていることがわかります。また、1年以上3年未満の離職者は離職者全体の34.6パーセント。こうした現状は、介 仕事を始めてみて 「理想やイメージと違った」と早々に仕事を辞める人が多いことが予想されます

 

まとめ

長年勤めてきた会社を突然親の為に離職しなくてならない状況になった時に、自分の生活をすべて犠牲にするような事になることもあり得ます。現在の国の対応策として介護休暇や介護休日などの制度を設けましたが、このような制度では解決できない為、苦渋の決断で離職する結果になってきているようです。現在の日本のトップが3本の柱の方針として「介護離職者0」はどういうことだったのでしょうか。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めて【【介護離職】そんな
人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼いで、スキルや資格を活かすサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

Jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護離職ゼロを大解剖!

介護離職ゼロは夢のまた夢!?大介護離職時代を知る!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら