シャワー浴ってどうやったいいの?手順は?注意点は?

その心臓に悪い人や体調の悪い人、術後の人は、エネルギーを使い疲れやすい入力浴ができません。その時にシャワー浴をしますが、自宅で寒い時のシャワー浴は風邪をひくになりそうです。シャワー浴の効果は身体を清潔にするだけではありません。では、シャワー浴について詳しく説明します。

 

シャワー浴とは

シャワー浴とは入浴できない人にシャワーで保清を行うことです。シャワー浴は浴室にシャワー椅子をおいて、適温のシャワーをかけて身体を清潔にしているので、暖かいです。刺激によって体が反応し、爽快感があります。ただ、座位保持が一定の時間できない人はシャワー浴をできません。また、適性、気化熱に耐えられる人でない行けません。

シャワー浴介助は、術後や体力低下した人や自力でシャワー浴ができない人などに行っています。体力の低下した人は主治医の同意をえておきましょう。シャワー浴をするということで、入浴できない人もお風呂に入っている
リラックスし気分を味わえます。足浴をしながらなるシャワー浴は、入浴した時と同じ効果があると言われています。足は血行が悪くなりますので、足浴をすることですそれは足だけでなく体全体を温めます。その上、足の角質や垢を浮かべるので汚れを取りやすくなります。

 

 

ryouri_metabo_furo_68

 

 

シャワー浴の効果

シャワー浴はシャワーからでるお湯が身体に適度な刺激になり、様々な効果があります。

9つの効果

身体を清潔にすることにより、細菌の数を減少させ、感染症のリスクを減らす、
気持ちをリラクサスさせ、爽快感を与える
血行を良くし、代謝を高めるので、内部機能を活発にする
体力消耗が少ない
シャワー浴は褥瘡を予防し、シャワーの適正な刺激でマッサージ効果がある
リラックス効果があるのでより眠れる
×への刺激を与える、おいしいを促進するなどの効果がある
筋肉の緊張を解きほぐす
爽快感がえられるので活動意欲が高まる

帯状疱疹などの皮膚疾患などの保清は、その部分を石鹸を使用しないでお湯だけのシャワー浴できれいからから外用薬を塗ります。便秘の場合は、シャワーをお腹にあると刺激になります便通が促進されます。

 

シャワー浴のやり方

シャワー浴のやり方は次のような手順になります。

準備するもの

着替える衣類、(必要であればオムツや紙パンツ、尿取りパッチなど)置く椅子、足ふきマット

手順

体調の確認し、バイタルチェックを行う(血圧測定、体温測定)体調が安定しているなら、タイヤ誘導をする
シャワー浴の準備をする
声掛けをしてシャワー浴をすることを促す
汗が出て脱水にならないように水分をとめる
寒い時期はシャワーを浴室全体やシャワーチェアに掛かって浴室やチェアを温める(夏場はシャワー室をお湯で流す程度で良い)浴室内の温度調整があれば、それを22〜26℃に調節する。
脱衣場まで移動すてる
脱衣和室に置きいかた椅子に座ってる上半身を脱衣すてる。下半身はつかまり立ちで脱衣する。(麻痺側から脱ぐ)脱衣が終わったら、椅子にバスタオルまたんはタオルをかっけてるシャワー浴後ろに座ったん時に椅子が濡れくれないようにすてる
浴室に移動してるシャワーチカフェアーに座てる。(プライバシーを考え、タオルを陰 や肩に掛けると良い
湯温あやシャワーの伊勢いを手で確認スイッチをすてる。湯温39〜40℃はが望ましい
滑ならない桶などにお湯を入くれてる足湯をすてる(寒い時期でも足湯をすることで、身体が温まる)
首筋かなら背中にかっけてるお湯を流しす
洗い髪をすてる
・ブラッシングをして、頭皮の汚れを取り、頭皮を刺激して血行をよくする
・シャワーで髪全体を流す
・シャンプーをする(自分で洗える部分は洗ってもらう)
・目や耳にシャワーの湯が入っていないようにお湯で流す。
・リンスやトリートメントでしてからシャワー
で流す。水分をふきお取てる
洗顔をすてる。(自分で洗える人は洗顔せっけんを出して手に乗せる
シャワーで顔を流しす
身体を洗いう
・上半身を洗いう
石鹸をタオルにつっけてる末梢かなら心臓に向っけてる洗いう(指の間、耳の後ろ、脇などをしっかり洗う
お腹や胸を本人が洗える場合は、タオルを渡して洗ってもらう
・下半身を洗いう
足先日かならご覧ください上に向かうように洗いう
足元をシャワーですべならないように
流す・陰部を洗うとき立ち上がってもらい
たい、陰部を男性は垢がたまりやすい部分なので気を付けて洗い、女性は前へへと洗う
⑯シャワーで体全体をきれい いに流す
絞ったタオルであら拭きをする
脱衣室に移動して、バスターオールのかけた椅子に座る
もう一枚のバスターオールで体全体の水分をとる(高齢者の場合、皮膚が薄いのでこすらないように気を付けて拭く
衣類を着てる
・上半身の患側から着衣する
・下半身のパンツ、ズボンは膝まで履いてからつかまり立ちをし、腰まで代引きご覧ください上げてる
ドライヤーの温度を確認スイッチをしてる髪を乾かす
を読む部屋まで移動してる、座ってるかもならい水分補給をすてる
体調確認スイッチををすています
浴室の後片付けをして掃除をする

 

 

シャワー男子

 

 

車椅子でのシャワー浴

適切なシャワーチェアを選ぶ

車椅子の方がシャワー浴を行う場合は浴室で専用のシャワーチェアに乗り換えます。車椅子ということは歩行が不安定、歩いていない、です。毎日で使っている車椅子のシャワーは浴びることは通常ありません。いまはその方がどのような身体的状態なのかを確認して適切な
シャワーチェアを選びます。座位が不安定:座位が安定している方ですば背もたれがあるシャワーチェアで十分ですが不安定感が少しでもあるのであれば横に倒れないようにアームレストがついたものが適しています
立つことができない:立つことができない方の場合は移乗を考慮してアームレストが跳ね上がる、下がるなど可動式のほうが使いやすいようになります。歩けない方はタイヤのついた車椅子型のシャ ーチェアもありますのでそれぞれ体の状態に合わせて選びます

車椅子の方のシャワー浴

姿勢を自力で整えられない人、円背や拘禁のある人は姿勢に気をつけます。シャワーチェアから落ちてして倒れてしてしまっていないように注意して行きます。立てない方はお尻シャワーチェアによってお尻の下に穴があってて介助者の手が入っているものがありますが、認知症があると意志疎通が難しくなります。清潔を保持するためにはお尻を洗う時でもで抱きしめてもらいなさいとお約束を洗う旨の2名で開いていないと洗えません。2つの座面に接続している唄部は洗えません。の対応が望みです。

 

シャワー浴の注意点

シャワー浴の場合、体力の弱っている人なので、体調には十分気を付けます。
シャワー浴は、冬場は湯船に入らないので、浴室の温度調節がない場合は身体が冷たいように浴室をタオルで背中にかけて冷えないようにすることも大事です。冬場は脱衣室を温めることも忘れないようにしましょう。

また、夏場はシャワーの蒸気が充実して体調が悪くなる場合があります。換気を途中であるなどの工夫が必要です。脱水になる場合もあるので、水分補給が必要です。

入浴時の転倒はヒヤリヤットで多い事故です。移動する時やつまりまり立ちするときは十分に注意して転倒しないように気を付けます。石鹸が足や浴室に床についている、、滑りやすいです。シャワーできれいに落としてからつい立てをしてもらうようにします。

高齢者は皮膚が弱いので、ごしごし洗い、水分をとるときにこすりすると皮がむける場合があります。ボディシャンプーで洗うときは、柔軟な浴用タオルがきれいになります。 。

シャワーは、機種によって知らないうちにシャワーの湯温度が変わっている時があるので、時々確実に流れています。洗うときに、どこに傷がないのか、何の傷がないのか、何のためになるのかなど。観察して、傷や肌の状態が悪い部分があればそれは湯を流す程度として、家の人やケアマネージャやサービス提供責任者に状態を伝えます。
シャワー浴をして、温まると皮膚の血管がひろがるので、胃腸の血管は縮まります。食事、事後や空腹時はシャワー浴を控えましょう。
シャワー浴でも入浴の場合でも本人の残存機能を使って、できるなら自分でできるとはそれだけで、利用者のADLを維持し、認知機能も高いことになります。自分だけでもらいたい、洗い残しがある場合やできない箇所を介助します。

 

 

温泉おじいさん

 

 

まとめ

シャワー浴は入浴できない体力が低下している人に行きますが、体力消耗が少ないように清潔を保ち、血行を促進し、リラックして、脳への刺激や国内機能を高めるなどの効果が足浴と一緒にすることによって、入浴をしている時のように身体がぽかぽかになり筋肉の緊張もほぐれます。

シャワー浴をする手順を詳しくまとめていますので参照にしてください。

 

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めて【【介護離職】そんな
人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼いで、スキルや資格を活かすサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

Jojoschatbanner

 

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

関連記事

機械浴って何?種類は?メリット、デメリットは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら