ライフサイクルってどんな意味?

人が誕生してからこの世を去るまで、どこのような人生を歩きながらということもたくさんの壁や時期を過ぎています。人は一生にはさまざまな時期を乗り越えて成長しています。自分も今まで生きてきたプロセス、今後のプロセスについて考えたことはありますか?今回は「ライフサイクル」についてご紹介していますか。誰でも一生で乗り越えるべき過程があるのです。

 

ライフステージとライフサイクル

ライフステージとは、人生の誕生からこの世を去るまでの「ライフサイクル」をステージに分割してそのステージをもっと人生を歩きにに、自分自身での過程を見る目的で区別されていますます。

ライフサイクルとは

人の一生である「生まれてから死ぬまで」の流れをサークル状に描き説明したものを「ライフサークル」と言う、精神分析家で発達心理学者のエリク・H・エリクソンが上げてから広く一般的エリクソン
は人生を8つのステージに分けて、それれらのステージで解決すべき課題があるということ。現在のステージの課題をクリアするということ、次のステージ、基礎となる。その為、ライフサイクルはピラミッドで表されることもあります。

ライフサイクルのステージ

エリクソンは人生を人生を8ステージに分け、各ステージでの解決すべき課題があるとしました
。①乳児期
②幼児期初期
③幼児期
④学童期

青年期⑥成人期
⑦成人期後期
⑧老年期

人間の発達を加齢による衰退のみを基礎としてしたものではなく、誕生してからこの世を去るまでの発達を含めてに見ていくことを「生涯発達」という、この生涯発達という視点を明確にに示したライフサイクルという概念を示しました。

 

kaigo_tesuri

 

ライフステージと高齢者

高齢者にもライフステージは人生のプロセスとなり、高齢者だからといって課題が無いとは言い切れません。今、生きていると課題が出てきます。今のうちの人生を振り返る個性的な人生を受け入れるということ。 、今までの人生を実証的に受け入れて統合されればなりません。

高齢者のステージ

高齢者でのライフサイクルは「老年期」と、「統合vs絶望」が課題となることでしょう。老年期となると、自分の人生を完結する重要な時期となります。完結へ近づいているからこそ今までの人生を合法的に受け入れて統合出来たとき、心理面の安定が得られるのではなく、人間的にも円熟で平安な境地を迎えることができるのです。

自分の人生を合理的に受け付ける

高齢者は人生の完結が近いことから、心の病気になる人があまりありません。「心の病気になり、今までの人生を証明するどこか、全く否定してしまうこともあります。「早く死にたい」。全身の筋力が衰退していく様を感じているということでしょう。そのために心の病気へと繋がっていくのかもしれません。
否定してください。今までの人生を宣告することが出来なくなれば心も安定することが出来ません。良かった分も悪かった別も全てを公証することで、絶望から立ち上がる平安な境地を得られることができるようになるのです。

 

イフステージの高齢者期でのポイント

目の前に迫ってくる死と向き合いが生えていないならばまりません。そのため、心の病気にかかってしまってます。 「自分の人生を統合すること」それは難しい課題だと思います。今まで、本当に全部が幸せだったのでしょうか?つらいこともたくさんあったと思います。統合するときはどうしたら良かったです。うか。

人生を統合する

自分の人生を統合するためには、「今までの課題は何かだったのだろうか」、「自分の人生での悲しみや喜び」をすべて見て、過去の自分を受け付ける必要があります。自分が生まれる。てきた過程が「全部よかった」と言って切れる人は少ないでしょう。ししさ、人生を統合するためには過去の自分も否定せずにすることで見かけてくることもあります。否定して自分だけですして受けることによって、人生を統合するようになるのです。

統合したその先には

自分の人生を統合したその先には幸せが訪れるとは限りません。
えば、好きだった人と戦争によって引き離された人もいるでしょう。その人を想い出したとき、現在の単純を否定しましょう、今の家族として幸せではなかったのですか。そうではなく1つだけでも「幸せの瞬間」があったと思います。その結果、「この家族と言って良かったです。それは「人生の統合」と言うと思います。「好きだった人ではないけど、結果、この人生で良かったな」と思うようになります。 、「結婚」「出産」での課題は正当な事が出来たのです。統合
したその先には幸せを見つめることが出来たため、心が安定しているのです。心が安定していると、不思議と身体も回復傾向へ 導き出してくれてるようになるのです。

 

ライフサイクルと福祉

人は、老化や何かの障害によって介護や支援が必要になった時、ライフサイクルにおいて福祉や医療に依存しなくてはならない場所が訪れます。ライフサイクルと福祉についてみています。

■利用者のライフスタイルを理解する

介護職や支援者は、利用者のライフサイクルを理解し、その人の価値観を知る必要があります。利用者の価値観は多種多様で、支援に応じては「個人」として接続することが大切ですから介護や支援が必要になっても、人権を尊重しその人らしい生き方や暮らしが実現するように周囲が支えることが求められます。

■ライフサイクルと社会保障や福祉サービス

自助努力の限界が来たとき、生涯を通じてライフサイクルの中で出逢う、社会保障制度や福祉サービスにはどれのようなものがあるでしょうか。介護や障害に対するサービスについて以下にまとめて。

①介護が必要になった時

・介護保険制度
介護に関わる助成、慰労金
・高齢者世帯への市町村によるサービス(寝具乾燥、安否確認、ゴミ出しなど)

②障害が生じたとき

・補装具費の支給
・日常生活用具の給与や貸与
(聴覚障害がある者用屋内信号装置・入浴補助用具・電気式たん吸引器・ストーマ用装具等)
手話通訳派遣

自分のライフサイクルの中で支援が必要になった時、福祉サービスの内容を理解して必要な支援を受けることが望まれる暮らしを続けることができるようになります。にしましょう。

 

注意点

ライフサイクルは強制的に行うものではなく、自然の流れで誰もがライフサイクルのものと成長しているのです。それは「意識しすぎないこと」です。なぜ、意識しすぎてはいけないのでしょうか。

なぜ、意識しすぎてはいけないのか

ライフステージを考えることは、とても切りですが、なぜ意識しすぎてはいけないのでしょうか。
ライフステージを意識してすぎてしまおうということで、人生でたくさんのこと落ち着きましょう。失敗や結婚の失敗など、本当にたくさんあげられると思います。しかし、失敗がいけないわけではありません。失敗してもいいのです。自分の人生は自分でしか切り開くことは出来ません
ライフステージでの重要な点は、遠い未来を描くのではなく「現在のステージでの課題」です。それは老年期である高齢者も同じことが言える。過去の自分たちを受け入れているということで、間違った視点で次のステージへと結びつけることが出来るようになるのです
最初は難しいかもしれませんが、出来ないことではありませ 最初は意識してもいいかもしれません。例ば「長生きたいから健康に気を付ける」、それでいいのです。食事をする、睡眠をとる。それでもで課題を見立てていくことになる。
意識ですしすぎないことで、自然と自分の課題が見つけられていくのではないでしょうか。

free-illustration-kaigo-11

 

まとめ

今のところライフステージと一緒にライフサイクルについてご紹介されています。自分の人生をすべて受け入れています。これは老若男女問わずにやることだと思います。受け付けることがまず課題になるかもしれません。しましょう、ライフサイクルは日々進んでいます。いつでも満足できますを得ない時が来るのではありませんか。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めて【【介護離職】そんな
人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼いで、スキルや資格を活かすサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

Jojoschatbanner

 
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

ライフステージの変化について教えて!種類は?介護では?

ノーマライゼションってどんなことするの?介護では?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら