言葉が似てる「介護」「介助」の説明をご紹介!

nyuyokukaijyo

介護を学ぶときに介護をそもそもなんだろと思う時がありますよね。
さらに「介助」で出てきて、「うーむ、何が違うんだろう。。」と疑問に思ったことがありますよね。
今回は基本的なことですが「介護」と「介助」の違いについてご説明したいと思います。

 

介護ってそもそもいつから使ってるの?

1988年に「介護」の定義が出されていまして、日本社会事業学校連盟・全国社会福祉協議会施設協議会連合会により「老齢者や心身の障害者など日常生活を営む上で困難な状態にある個人を対象に、専門的な対人援助を基盤に身体的・精神的・社会的に健康な生活の確保と成長、発達を目指し、利用者が満足できる生活の自立をはかること」となされています。
「介護」はとても広い意味があり、食事や排泄など身の回りの世話からケアプランの作成、本人や家族との相談など介護にまつわる行動が含まれるのです。

 

では「介助」は?

「介助」の持つ意味は付き添い、介添え、サポート等でケアプランに基づき、実際に利用者の食事や排泄、入浴などを助ける行動そのものを示します。
要するに「介護」をするための手段だといえます。
また大きな違いとして、介護は「自立」を促すことを目的としていることに対し、介助はただ日常生活を助けるだけという意味合いがあります。

「介護」と「介助」に大きな違いはない

介護に関わっていると様々な場面で「介護」と「介助」という言葉を耳にする機会がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。
一般的にはこの2つはほとんど同じ意味で用いられていますが、介護業界では少々ニュアンスが異なります。
簡単に言えば、「介護」はその人を助けるための行動全般、「介助」はそのための行動のひとつです。
「介護」の中に「介助」があると考えても良いでしょう。
介護に携わる者には、ただ介助するだけでなくしっかりと介護することが求められるでしょう。

 

介護と介助の違いは?

日常生活においては「介護」と「介助」を区別せず使用することもありますが、介護の現場では明確に使い分けています。
では介護と介助をどうして使い分けるのか、言葉の意味や介助の分類についてもご紹介します。

「介護」は自立支援の援助全般で「介助」は具体的な手助け
1974(昭和49)年発刊の『社会福祉辞典』 によると「食事、排便、寝起きなど、起居動作の手助けを『介助』といい、疾病や障害などで日常生活に支障がある場合、介助や身の回りの世話(炊事、買い物、洗濯、掃除などを含む)をすることを『介護』という。」と定義されています。

「介護」の中には「介助」も含まれ、「介護」=「介助」+「家事などの生活支援」になります。

介護の現場で「介助」という言葉を使うとき、何らかの具体的な手助けが必要な状態を指します。

例えば食事介助であれば、自分ひとりでご飯を食べられない人のお手伝いや見守り、入浴介助であれば、浴槽までの移動や洗髪などのお手伝いをします。

「介助」はその時々の行動を補助することが目的であり、一つの行動が終わると目的達成です。
一方「介護」は介助や生活支援を通して「自立した生活への回復または現状維持」を目標とします。

このため、それぞれの細かなお手伝いに関し「食事介護」「入浴介護」という表現は使わないことに注目しましょう。

 

まとめ

「介護」は比較的新しい言葉です。1963年の老人福祉法で使用されてから一般に広く浸透してきました。
現状は様々な意味でこの言葉が使われています。
例でいうと最近では訪問介護の場合にたんの吸引を介護職員がしたり、老人ホームで栄養管理を行ったりもしています。
単に身の回りの世話をするというだけではなく、医療の一部に関与することも多くなっているのです。
今後も介護職員には様々なスキルが求められるようになり、「介護」「介助」もが持つ意味の幅もさらに広がっていくかもしれません。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護保険の給付について教えて !サービスは?注意点は?

介護老人保健施設の費用について知りたい!種類は?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら