介護甲子園だけじゃない!中高生によるアプリ甲子園で介護サポートアプリが優勝!

介護業界で甲子園といえば有名な介護甲子園
介護職による介護職のための事業所の取り組みや思いを発表し日本一の介護事業所を決める大会です。

 

介護甲子園とは

「介護甲子園」とは、介護から日本を元気にしたいという想いを持つ全国の同志により開催される、介護業界に働く人が最高に輝ける場を提供するイベントです。
そんな中、中・高生によるスマートフォンアプリ開発のコンテスト、

「アプリ甲子園」が開催されてました。

 

アプリ甲子園で介護サポートアプリが優勝!!

10/23に全国から応募2000から選ばれた決勝大会が開催され優勝者は「Find Family」の大渕 雄生さんが選ばれました!
「FindFamily」は認知症の方をターゲットとした介護サポートIoTツールで靴には、GPSで位置情報を調べる仕組みが入っていて徘徊が判明した場合には周囲の人から見つかりやすいようにアプリから靴を光らせることができるサービスです。
アプリのマップ上では位置情報を表示して、最後に靴を履いたのはいつかを確認できようになっています。

 

まとめ

現在の中・高生が介護に興味を持ってくれるだけではなく優勝することによってさらに介護の認知が広がることが期待できます。
彼のこれからに期待したいところです。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

高齢者を疑似体験して介護に活かす!メリット、デメリットは?

介護サービスってどれだけあるの?種類は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら