介護での腰痛を撃退!原因、対策を教えて!

介護の業務をするうえで腰痛は誰もが抱える悩みであると同時に、それが原因で仕事を離職してる方がたくさんさんらっしゃる現状があり一つの社会問題になっています。にできるのは自分だけだと言うことも無理をしなければならないときがありますよね。

今回は腰痛と上手に付き合うコツをご紹介していこうと思います。

 

介護での腰痛とは

介護は間違っていない肉体労働で、あとから腰が強くない方法としては悲鳴を上げてしている職業だと思っています。もっと【物】でした運搬時は休んでいるから仕事であれば、人の行動を【サポート】もちくは【介助】をする仕事ですので、抱える状況も普通の仕事よりたくさんなので、腰へのダメージも蓄積されるです。

また日中は職員も人がいるため助けることができるのですが夜勤だと一人で何でもしなければいけない状況も発生していますのは残りメーターです。

そして先ほども上げましたが介護職の退職理由で最も多いのは腰痛です。腰を痛めているということは業務に支障をきたしているのではなくその職員に迷惑をかけるということです。。。また日に日に痛みが増してしまうと、「このまだ仕事を続けているのだろうか。」と精神的にも追いかけてしまえばということから終結という選択をしましょう。ことからも介護の離職率が高いことかもしれません。

介護技術も進歩しているので、腰を痛めない方法も研修で指導しているようになりました。ただスキルが浸透していないということも研修と終わってしまっているため、現場で活動しましたていないという問題点も見え隠れています。

 

 

PIC-20140521063646

 

 

介護の腰痛原因

腰痛の原因はどこからくるのでしょうか。。ここではいくつか事例をあげたいが記載しています。

①中腰の姿勢が多い

排泄介助で24時間行うおむつ交換は、要介護者が寝ている状態で対応するのがほとんどどうですかから、中腰の姿勢でなくてはいけません。また尿失禁や便失禁などの発生時と余暇にがかり長引けば長引くほど腰にダメージが蓄積されています。

また身長の高い人としては中腰姿勢を長時間続けるのは辛いです。

②要介護者を抱える状況が多い

すると完全に抱いた姿勢になり、腰に負担を与える結果になり、怪我の原因になってしまってし
ましょうまあ支度程度でよかった。例えば、自力で体動することが出来ない方を介護するとします。介護者が、足に力が入っていないので手伝いして抱きしめ、転びそうになる人を助け、予想に反することができたらということが起きて助けようとして腰をやってしまったという話も聞けます。
では実際に訪問をお仕事にされている介護職員と施設で働いている介護職員ではどちらもが腰痛で苦しんでいるのができるかどうか。

訪問介護の職員は、それでおむつ交換や、抱えてるすることが継続的にありませんので、慢性的に腰に負担を与えることがないです。それは施設で働いている介護職員が圧倒的に多いです。のです。

慢性的に腰にダメージを与えてしまうとヘルニアなどの怪我についてきているので注意が必要です。

 

 

youtsu_man

 

介護の腰痛対処

では、腰痛の対処法はないのでしょうか。こちらもたくさんの対処法を記載したいと思います。

①要介護者の方を運ぶような介助が必要な場合は2人で行う

状況によりは自分より大きい方を介さないならばならないがあります、、無茶をして怪我をしている要介護者も怪我をすることについておりませんね。切です。もう一人ですときは、腰を痛いように、コルセットを巻いてなど予防に求めましょう。

②前緊張姿勢をとるべく避ける

どうしてばその姿勢を避けることができるのでしょうか。
例としてあげるなら、おむつ介助をする際にはベッドの高さを上げて腰を曲げないようにする。車いす、車いすからベッドに移乗する際にはベッドの高さを車いすの高さより低くします。

またベッドから車いすに移乗する際にはベッドの高さを車いす以上の高さに設定することで、持ち上げる必要性がなくなり負担を減らすことができます。

③万が一腰痛になったら病院に行く

なぜなら腰痛は早くの対処が肝心なです。ある程度痛みが慢性化すると治りますしくしくなります、悪くなったらどうなりますか。も高くなります。

休みの日はのんびりしたいかもしれませんが、そういう時にこそ受診をオススメします。

 

thumb____RRR

 

介護の腰痛予防

ここまでで腰痛になった場合の対処法を示してきましたが、腰痛にはなりたくないと思っている人はたくさんさんがいると思います。もっと予防するということは、介護においては重要なことだと思いますます。

予防方法

1つ目は先ほども上げましたが、コルセットを巻くことです。

コルセットとは、【腰部固定帯】と呼ばれて、身体を支える筋肉や腹筋の働きを助けることで前傾姿勢など痛みが出やすいようにカバーをしているものです。は治めるわけではありませんが、予防においては重要な役割をしてくれます
。2つ目はしっくり準備体操をすることです。

ストレッチをせずに急激に激しい運動をすることで大きくがしてしまったという方がありましたらかもしれません。ストレッチをするということで、怪我を詳しくなりましょうで、体操はきれいになっているのです。はあります
。3つ目はボディメカニックです。

ボディメカニックスとは、人間の運動機能である骨、関節、筋肉などの相互関係の一般的で、力学的相互関係を活用した技術です。簡単な説明しおおと、人間の体の効率的に使うことで介護職員にとっても要介護者としても安全かつ安価な介助をするための技法と言われています。もっとわかりやすくなっているというテクノロジーの原理を勉強したと思います、、、のボディケアを活用できれば、介護負担も少なくなります。を介護しましょうという話です。

 

介護の腰痛労災

業務上で怪我をした際に、労災を受けられるという話がよく聞かれますが、介護でも腰痛になってしまった場合労災が受けられるのでしょうか。
いまだ一般的に、腰痛が労災したとされるには、災害性の要因、あまりは非災害性の要因のいづれが必要です。

労災のポイント

災害性の要因

無理な体勢で物を持ち上げようとしたら腰を痛めてしまった。持ち上げたものが予想より重くて腰が砕けてしまった、などの場合に該当します。つまり、普通の荷物や人を持ち上げるようとして起きた怪我なら認定基準にはならないということです。

非災害性の要因

常に重量物を中腰姿勢で扱うような仕事を何年も続けている港湾労働者などが当てるが、実際に災害が多い事例は少ないとのことです。
このことからも、介護現場で特に腰痛に関して労災はなかなかおりにくいという現状があります
ではなぜ難しいのでしょうか。腰は人間の最大の弱点であり、ヘルニアなど潜在的に存在するもの、もしくは持病として腰に爆弾を抱えている方などは、特にささいなことで腰痛を悪化させやすい状況なのでそれだけを事業者に補償責任を負ってもらうということはかなり大きな変です。

また、外傷とは違って、いつ怪我をしたかわかりにくいので施設も判断するのが難しいという現状があります。

 

youtsu_nouka

 

まとめ

腰は体【にづき、月】の要求と書いて腰と書くのですが、体を支えるのに重要な箇所です。しっくり準備運動をして、業務中でもできる限り2人対応をする、負担を減らすことに努めましょう。

また、職場の人と話し合いやすいがらどのようにして負担を減らして業務を行うか話し合うことも重要だと思います。

今後も腰のけががは課題となりますのはっきり休みを取り入れながら業務をこなしてほしいです。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めて【【介護離職】そんな
人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼いで、スキルや資格を活かすサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

Jojoschatbanner

 

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護職は身体が疲れる。。疲れない介護ができる方法を大紹介!

介護は辛い?とならないための方法5つ紹介!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら